2016年5月19日 更新

豪快Tボーンステーキを全力でワシワシと!「オステリア・イル・カント・デル・マッジョ」

堺町通蛸薬師のフィレンツェ料理が楽しめるイタリアン「オステリア・イル・カント・デル・マッジョ」のご紹介。

 (31967)

堺町通蛸薬師のこのお店、席数は4人掛けテーブルが1、あとは全部2人掛けで12、というこじんまりした感じ。

一押しメニューがビステッカ・アッラ・フィオレンティーナなる肉料理。フィレンツェ風赤身肉のTボーンステーキだ。

500gから頂けるのだが、糖質と脂質は控えめ、タンパク質をしっかり採りたい我々にはぴったりなメニュー!最近、赤味熟成肉を出すお店が増えているが、ここはそんなには熟成させていないと思う。
 (31968)

ワインにぴったりな自家製ハム

自家製ハムの盛り合わせで¥1720なり。肉厚のパテはもちろん、ロースハム、それにサラミまで全部自家製。なんだか超~飲める感じですな。
 (31969)

肉!なので当然赤ワインをチョイス。
 (31970)

ちゃんと2皿に分けてくれます。ペラペラ広麺のパッパルデッレは、鴨のスーゴ(ソース)で。甘口の優しい味わいのソースで、パッパルデッレに絡む絡む。実は、あまり期待していなかったのだが、今は大阪に無き(松山に移転した)L'APIに匹敵する非常に口に合うソースだ。量は少ない目ですが、こりゃ凄味のあるお味。気に入りました。

で、肉が出てくるのをわくわくしつつ暫し待つのだ。(焼く前に、テーブル前に焼く肉を見せに持ってきてくれるサービスあり)

お待ちかねのTボーンステーキ

 (31971)

じゃじゃーんと登場ビステッカ。

これで最小量の500gなり。なんだか2人で十分以上。焼き目を見ると、塊で火を入れて切ってから更にさっと網焼きしているようですな。。

ちなみに、付け合せは定番のポテト、白いんげん豆、それにグリーンサラダ(どれも¥500)からチョイスできるのも糖質制限中の我々には非常に嬉しい。当然、サラダをチョイスなり。
 (31972)

焼き加減はこういう感じ。表面はしっかりの塩、粒胡椒でざくざくするほどで香ばしく、肉の香り濃厚。中はジューシーに焼けていて言うことありませんな。。とりあえず無言でわしわしと頂くのだ。最近スーパーでも厚み5cmぐらいの塊肉が簡単に手に入るので、自宅でもオーブンで色々作っているのだが、なかなかこういう色味には仕上がりませんな。。肉焼きは奥が深いかも。

こういう何を食べるかが超明確なお店は大好き。ビステッカ食わずにどのこの言うなど、ありえないお店ですな。いやー大満足なり、また来ます~。

 

オステリア・イル・カント・デル・マッジョへの口コミ

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イタリア式食堂「イルキャンティ 」が京都初出店!河原町三条にオープン!

イタリア式食堂「イルキャンティ 」が京都初出店!河原町三条にオープン!

イタリア式食堂「イルキャンティ 」京都初出店なり。河原町三条、ホテルリソルの地下にオープン。
外国人をかき分けぜひ来店してほしい「肉バル銀次郎」炎の魔術師による炙り肉寿司【 先斗町】

外国人をかき分けぜひ来店してほしい「肉バル銀次郎」炎の魔術師による炙り肉寿司【 先斗町】

四条から先斗町ちょっと上がって左手にある「肉バル 銀次郎 先斗町店」に行ってきました。
"平日限定" のサービスランチ★「パリ21区」【河原町カフェ】

"平日限定" のサービスランチ★「パリ21区」【河原町カフェ】

新京極の老舗カフェレストラン。夕方5時まで頂けるランチと肩肘張らないカジュアルな居心地。パスタの美味しさはさすが、ブラッスリー。
割烹に通じる京町屋イタリアン |ワインやチーズも秀逸「西陣の酒酪菜HANAMITSU(ハナミツ )」

割烹に通じる京町屋イタリアン |ワインやチーズも秀逸「西陣の酒酪菜HANAMITSU(ハナミツ )」

西陣にある京町屋イタリアン 「西陣の酒酪菜HANAMITSU(ハナミツ )」。旬の食材をあまりひねくり回さずに、良いところを全面に押し出す的な、どことなく割烹に相通じるところがある誠実なお料理という印象なり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。