2017年9月9日 更新

前代未聞の盛りジュース★インパクトは世界史レベルのクレイジーミックスジュース「ポポロヒロバ」【伏見】

前代未聞の生クリームパニック❗️これが飲料物であると誰がストレートに答えるだろうか? キャバ嬢も驚きの盛り‼️ ゲリラ的作品をご堪能あれ。

伏見のシンボリズムB級グルメ

 (87003)

生粋の伏見区民は御存知であろう一風変わった老舗カフェレストラン「ポポロヒロバ」
昨年夏にリニューアルされ、よりパワーアップ。
メルヘンチックなオレンジの壁が目印です。
 (89856)

公衆の面前で…的な羞恥心を掻き立てるショーケースも健在。海外の方にもわかりやすい、明快な主張はグローバル対応。

ちょっぴりムーディーな店内

 (87496)

入口には革張りのベンチシート、奥にはゆったりとレイアウトされたテーブル席とかなりのキャパをほこるスペイシーな店内。
まったりできるしぼった照明、
お好きな席を選ばせてくれるのもありがたポイント。

個性に満ち満ちたメニュー

メニュー表紙

メニュー表紙

表紙を飾る、マスコットキャラは藤森ヒロコさん。
青春の甘酸っぱさ。
しかしながら何かしらの違和感を感じるのはわたしだけでないはず。
スイーツメニュー

スイーツメニュー

一目瞭然でわかるイメージ写真付き。
 (89855)

表のショーケースのメニューのみならず中の冊子は更に面白いことに。
からふね屋に匹敵するであろうびっちりのパフェメニュー、一品毎に撮影向き、
ボリュームありなど、どんな用途に最適なのかという
アイコンつきでこれをみれば 一目瞭然というわけ。
ふざけているのか、親切なのか?楽しすぎる、謎多きメニューブックです。
 (87005)

噂のクレイジーミックスジュース

噂のクレイジーミックスジュース

キャバ嬢も驚きの盛り‼️

ファッションモンスター¥980

ファッションモンスター¥980

ミックスジュース
あめ
ゼリーグミ
ラムネマカロン
通常は綿菓子もあるようです。
クレイジーインラブ¥980

クレイジーインラブ¥980

キャラメルコーン
m&m
クッキー
下はミックスジュース

能書きは入らない、すぐ様食せよ‼️

 (87493)

今にも崩れ落ちそうな不安定さ。
すぐさま食せよと天からの指令が⁈しかしながら、駄菓子と多量のクリーム、ジュースにたどり着くまでがなかなか味わい深い(笑)
 (89854)

B面はまさかのサントリーモルツ、
なかなかにシュール。
 (87494)

途中で気づいた綿あめと書いていたのですが、忘れられていた様で少し残念、時すでにおそし!
美味しかったので、結果オーライですね★
 (87495)

 (94132)

ソフトドリンクバーもあり、長い必至のラフな居心地。
ゆっくり芸術的な作品の後の余韻に浸るもよし、友人と楽しく語らうのもよし。
妙な落ち着くこのポジション。

To Be Continue

訪れるほどに深まる謎。
この謎をさらに掘り下げにまた訪れます。

ポポロヒロバ 店舗情報

店名:ポポロヒロバ
住所:京都市伏見区深草飯食町839-4
電話番号:11:00~22:00 (21:15 L.O)
定休日:不定休 ※HPをご確認ください。
関連ページ: http://www.popolohiroba.net/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都のヴィジュアル形スイーツと言えば?★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

京都のヴィジュアル形スイーツと言えば?★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

ドリンク界に新旋風をもたらした「ヴィジュアル系スイーツ」今回ご紹介するコズミックファンタジーはルックスのみならずお味も爽やかファンタジーです。
とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

京都伏見の大箱エンタメカフェ。創業当時から変わらない本格派洋食メニューにはスケールの大きさを感じるネーミングがずらり。オムライスメニューのとろける牛タンとデミグラスソースのマリアージュ。絶世の美女も唸るグルメオムライス。
"京都おすすめカレー" 華麗なるボリュームカレー「喫茶 うずら」【伏見カフェ】

"京都おすすめカレー" 華麗なるボリュームカレー「喫茶 うずら」【伏見カフェ】

伏見の住宅街に現るスパイスの魔物。喫茶カレーの域を超えたスパイスマジック。じわじわとくるスパイス魅惑のコーヒーとカレーが奏でる無限大に広がる深い味わい。カレー専門店顔負けのカレーバリエーションです。
身体と環境に優しいオーガニックコーヒー*つむぎたされる珈琲時間*喫茶うずら【伏見カフェ】

身体と環境に優しいオーガニックコーヒー*つむぎたされる珈琲時間*喫茶うずら【伏見カフェ】

下町情緒とアカデミックな空気感が程よく調和した住宅街にしっぽりと存在する喫茶店。木の温もりと紡ぎだされる安らぎの時間、こだわりのオーガニックコーヒーとほっと落ち着ける伏見の隠れ家です。
祇園四条駅すぐ、出色の絶品抹茶パフェ☆茶房 華心【祇園四条】

祇園四条駅すぐ、出色の絶品抹茶パフェ☆茶房 華心【祇園四条】

観光客の多さで嫌えんしがちな祇園エリアのカフェ。出されるお品、高級感あるシックな設えの穴場的な居心地は 秘めておきたい上質空間。看板メニューのパフェはもっとメジャーになってもおかしく無い出色の味わいです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen