2018年3月29日 更新

京都のヘヴィ級グルメ★メガ盛りオム★☆「オムライスひとみ」【等持院 】

大学生の胃袋をささえるがつもり系喫茶店「オムライスひとみ」。おっちゃん、と慕われる人情味溢れるマスターが創り出すオム、選べるサイズでライトイーターさんもいらっしゃい。

愛情サク裂ヘビィ級オム

 (102379)

立命館大学のキャンパス近くの喫茶店。
やり食った風貌に一見すると場末のスナックのようではありますが、
外のお知らせポスターはきっちり学業を斡旋するザ学生街の飲食店的な立ち位置。
 (112061)

入店時八割型が男性学生の溜まり場とかした
男臭い店内。
やや気だるい雰囲気ですが、
バイト君は爽やかです。
鳩時計とボヘミアンが
シンクロ。
目眩く変わるBGM。
ロンリーチャップリン
壊れかけのレディオなど
ノンストップ哀愁。
 (108301)

奥の棚には沢山の読み込まれたコミック達が歴史を物語ります。
草臥れた味のある店内はひたすら、ノスタルジー。
 (108300)

キッチン奥で鳴り響く、黒電話。
「もしもし、ひとみです」
切ない、ホステスさん!?
「ひとみさーん!!!」
と思わず笑いが爆発してしまうほど僕の心をノックした、
そう、事態は壊れかけのレディオです。
それを含め楽しく、そして何故か落ち着ける摩訶不思議な店内。

メニューはボードでチェック

メニュー表

メニュー表

マジック手書き。
爆盛り喫茶店の方程式に則ったメニュー表。
書き損じだって黒ラインでざっくり塗りつぶしちゃう。
 (112082)

B級グルメloverの心をノックする
美味しさ保証のオムメニュー。
ピンクの画用紙にマジックとまるで学校の延長線上。

レギュラーでもこの存在感

 (102381)

オムライスは
レディース、レギュラー、セミ、ジャンボ。
ご飯の量が二合、三号と
ランクアップしていくそう。

ジャンボかセミがいけそうな気がしましたが、
女性はレディースで十分たりますよ
とご親切に
やんわり店員さんよりストッパーがかけられ
ましたが、結局真ん中の
レギュラーをチョイス。
ジャンボは枕の異名があるようですが
こちらは小枕。
お味噌汁&サラダ

お味噌汁&サラダ

まずはお味噌汁。
お豆腐、もやし、ワカメ、キャベツ、
と特にひねりはない素朴な美味しさ。
サラダはコーン、ヤングコーンにポテトサラダ。
さっぱりとしたドレッシングがかかっていますが、太く絞ったマヨもSTAY by オムライスside。
 (102380)

フォルムは楕円形ではなくUFOを彷彿とさせるプラネットタイプ。
ほどよい焼き色、照りがある薄焼き卵に奇抜なまでに赤々としたトマトケチャップ。
中はケチャップライス。
具は鶏肉、ベーコン、玉ねぎ割合的には97パーセントがライス、それもかなりねっとりしたケチャッピーなライス。
 (108304)

めくるめくケチャップの甘さ、フルーティさとケチャップが波のように押し寄せます。
ワンモアタイム。
かなりお腹が膨れますが、私は
難なく完食です。

隠し味はマヨベース米

平行目線で攻める

平行目線で攻める

学生たちは皆
おっちゃんと慕ってまるで親子のような関係。

そんなおっちゃんと帰りに少しトーク。
オムライスの隠し味は
ケチャップライスにはマヨネーズがまぜこまれているらしくあの独特のオイリーなねっとり
感がでるのだそう。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

学生さんご用達のヘビー級焼うどん!「オムライスひとみ」【衣笠】

学生さんご用達のヘビー級焼うどん!「オムライスひとみ」【衣笠】

立命館大サイドのオムライス推し喫茶店。オムライスのみならず、ヘビー級ボリュームの焼うどんは眼を見張る愛情盛りでした。
これぞ洋食店の味☆老舗の王道オムライス「ビラ」【西陣ランチ】

これぞ洋食店の味☆老舗の王道オムライス「ビラ」【西陣ランチ】

調味料まで手作りに拘った地域密着型のカフェレストラン。トラディショナルスタイルのオムライスは味もボリュームもはなまる印です。
存在感は規格外の横綱オムライス!京大生ご用達『カフェコレクション』【京都大学前】

存在感は規格外の横綱オムライス!京大生ご用達『カフェコレクション』【京都大学前】

ボリュームメニューが目白押しの京都の学生街エリアのカフェ事情。森見登美彦の作品にも登場するマニアには知られた通のカフェ。手書きメニューはさらりと涼しい顔。一輪挿しの薔薇を愛でつつ、メガサイズオムライスを食す昼下がり。
【京都モーニングめぐり】ドラマロケ地にもなる素敵すぎる昭和レトロ感!地元民の人気絶大☆「喫茶翡翠(ひすい)」

【京都モーニングめぐり】ドラマロケ地にもなる素敵すぎる昭和レトロ感!地元民の人気絶大☆「喫茶翡翠(ひすい)」

おおきに~豆はなどす☆今回は創業昭和38年のレトロな雰囲気が有名で、ドラマロケ地にもなる喫茶店。ご近所さんが営業開始とともにモーニングを求めて集う、飾らない雰囲気のお店。
京都の老舗純喫茶で心温まる懐かしのオムライス☆『フルール』【長岡天神】

京都の老舗純喫茶で心温まる懐かしのオムライス☆『フルール』【長岡天神】

長岡天神にある老舗純喫茶。王道メニューのみならず、ここにしかないラインナップ、大箱の店内は落ち着きすぎる喫茶空間。ゴージャスなレトロ感、阪急電車と交錯する憩いのワンシーンを堪能してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen