2019年3月18日 更新

学生さんご用達のヘビー級焼うどん!「オムライスひとみ」【衣笠】

立命館大サイドのオムライス推し喫茶店。オムライスのみならず、ヘビー級ボリュームの焼うどんは眼を見張る愛情盛りでした。

愛情盛り喫茶店

 (142266)

立命館大学 衣笠校サイドの知る人ぞ知るパワーフード系喫茶店「オムライスひとみ」
爆盛りグルメ本にも掲載されて、学生のみならずコアなファンも多く、そのオムライスの知名度はもはや全国的にも知られている模様。
 (142268)

外観同様に年季の入ったカフェスペース。
男子学生が多いようで、どこか男気を感じる店内模様。
メニューボード

メニューボード

定食を中心に昭和を彷彿とさせる
喫茶メニューがラインナップ。

画用紙にマジック、このシンプルさが堪らない。
 (142274)

外から見るよりゆったりした店内、奥の棚には少年漫画と週刊誌そしてお食事されている多くの若の衆。
BGMはバブリー&センチメンタル。

初めてのお客さんはオムライスを頼むのが常であるようですが、
あえてまだ情報が少ない未知の一皿に挑戦。
ということで私は焼きうどんをチョイス。

はみ出るボリュームワンプレート

 (84574)

座席から少し見えるキッチンカウンター、その先にはど迫力のお料理たち。

一段下がった隅っこの席につき、未練タラタラのマッキーの失恋ソングに耳を傾けながら、
さほど待たずにお皿が到着。
まさにオードブル?今からパーティ?というぐらいのボリューム感。

まずはお味噌汁、少し崩れた絹ごし豆腐にしなっと白菜、煮込みすぎて少しヘロっとなったワカメ、この不完全さがなんともいい塩梅、心と体に染みますね。
まるでパーティプレート

まるでパーティプレート

大きな平皿にはメインの焼きうどん、そして、コールスロー、揚げ餃子、唐揚げ、サラダ、もっさりフライドポテトのてんこ盛り。
おなかすいてるやろう~とおかずはサービスとのこと。
焼きうどん、家庭的な味付けで美味しいです。
しかしなかなか麺が減りません。

すこし苦いミディアムレアな玉ねぎも明らか麺を浸食してくるキャベツの千切りも全て愛として受け止めて。
 (142271)

次から次へと男子学生が来店し、皆がおっちゃんと慕われる壮年のマスターさん。
オムライスも良いですが、サイドメニューの美味しさにも一票!

早仕舞いされる事もあるようなので、ランチタイムに出向いた方がベター。
わざわざ行きたいパワーフード系の和み喫茶店でした。

クチコミでの評判

基本情報

店名:オムライス ひとみ
住所:京都市北区等持院北町24
電話番号:075-464-1745
営業時間:10:30~19:30(L.O.19:00) ※都合により早く閉店する場合あり
定休日:日曜日、不定休

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都のヘヴィ級グルメ★メガ盛りオム★☆「オムライスひとみ」【等持院 】

京都のヘヴィ級グルメ★メガ盛りオム★☆「オムライスひとみ」【等持院 】

大学生の胃袋をささえるがつもり系喫茶店「オムライスひとみ」。おっちゃん、と慕われる人情味溢れるマスターが創り出すオム、選べるサイズでライトイーターさんもいらっしゃい。
【京都カフェめぐり】賀茂川沿いの一軒家喫茶店!レトロ空間に懐かしむ京都人続出☆「ひめりんご」

【京都カフェめぐり】賀茂川沿いの一軒家喫茶店!レトロ空間に懐かしむ京都人続出☆「ひめりんご」

おおきに~豆はなどす☆今回は西賀茂エリアにある老夫婦が営む古い喫茶店。店内のレトロ感や使い込まれたインテリアなど、落ち着いた佇まい。昔からの京都人の中には懐かしむ人続出。
【昭和レトロ喫茶】オリジナリティ抜群のメガオムライス★翡翠(ひすい)【北大路堀川】

【昭和レトロ喫茶】オリジナリティ抜群のメガオムライス★翡翠(ひすい)【北大路堀川】

京都市民の胃袋をささえる、万能な老舗カフェレストラン。規格外グルメとして推奨したい、一押しオムライスはここでしか味わえない魅惑のオムライスです。
【京都モーニングめぐり】ドラマロケ地にもなる素敵すぎる昭和レトロ感!地元民の人気絶大☆「喫茶翡翠(ひすい)」

【京都モーニングめぐり】ドラマロケ地にもなる素敵すぎる昭和レトロ感!地元民の人気絶大☆「喫茶翡翠(ひすい)」

おおきに~豆はなどす☆今回は創業昭和38年のレトロな雰囲気が有名で、ドラマロケ地にもなる喫茶店。ご近所さんが営業開始とともにモーニングを求めて集う、飾らない雰囲気のお店です。
これぞ洋食店の味☆老舗の王道オムライス「ビラ」【西陣ランチ】

これぞ洋食店の味☆老舗の王道オムライス「ビラ」【西陣ランチ】

調味料まで手作りに拘った地域密着型のカフェレストラン。トラディショナルスタイルのオムライスは味もボリュームもはなまる印です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen