2018年5月15日 更新

存在感は規格外の横綱オムライス!京大生ご用達『カフェコレクション』【京都大学前】

ボリュームメニューが目白押しの京都の学生街エリアのカフェ事情。森見登美彦の作品にも登場するマニアには知られた通のカフェ。手書きメニューはさらりと涼しい顔。一輪挿しの薔薇を愛でつつ、メガサイズオムライスを食す昼下がり。

京大エリアのメガ盛りコレクション

 (111193)

京都大学前、今出川通りに位置する森見登美彦の小説にも登場する学生街のカフェ「カフェコレクション」
通りに出された二等辺三角形のオブジェが目印です。
 (111194)

店内はリニューアルし面積を拡大し、以前よりかなり広々した空間に。
入り口とミラーサイドにはなんともドラマテックな薔薇の一輪挿し。
 (111200)

学生街のアカデミックな雰囲気が充満した内装。
 (111195)

明るい木目調のインテリアに散らしたフェミニンテイストのラブリーアイテム。
大きく取られた窓からはたっぷりの陽光が降り注ぎます。
 (111199)

こちらはランチメニューやディナーなどはなく終日同じ価格と内容で通し営業をされています。

サイズ感にアメージング

オムライス L ¥680

オムライス L ¥680

噂に違わぬかなりの巨漢。
中のケチャップライスはひき肉、マッシュルーム、グリンピース、玉ねぎ、そしてもうリッチすぎるほどバターが聞いていてオイリー、そしてお味もかなり美味。
ベーコンやはむではなくひき肉という所が全体的な濃い味付けを程よく淡白にしています。
伝えきれないサイズ感

伝えきれないサイズ感

サイドのアングルから見れば小高い山の様なかなり高さ。
これはあの強豪、オムライスひとみに匹敵するボリューム感。
 (111198)

くるんだ卵は薄くとろっと半熟部分をのこし、表目をカバー。とにかくご飯の多さは爆盛り。
きっとお茶碗五杯分はありそう。
たっぷりの酸味のあるケチャップ、サイドの厚切りたくあんもなんだか和みます。
 (111196)

店内はメジャーなR&Bメドレー。
アルバイトのスタッフさんも学生さんのようですが丁寧な対応に好感を持ちました。
程よい活気に長いウエルカムな快適な店内。
京大エリアのカフェ事情、まだまだ掘り下げてゆきたいです。

カフェコレクション クチコミでの評判

カフェコレクション 店舗情報

店名:カフェコレクション (cafe collection)
住所:京都市左京区北白川追分町67
電話番号:075-722-0737
営業時間:11:00~22:00(LO)
定休日:無休
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都西陣で愛される洋食喫茶|デミソースのオムライス「フレスコ」【西陣】

京都西陣で愛される洋食喫茶|デミソースのオムライス「フレスコ」【西陣】

西陣で愛される洋食喫茶店。オリジナリティあるデミグラスソースと王道オムライスの二刀流は美味しさ指数まっくす、圧倒的説得力の傑作オムライス。
京都のヘヴィ級グルメ★メガ盛りオム★☆「オムライスひとみ」【等持院 】

京都のヘヴィ級グルメ★メガ盛りオム★☆「オムライスひとみ」【等持院 】

大学生の胃袋をささえるがつもり系喫茶店「オムライスひとみ」。おっちゃん、と慕われる人情味溢れるマスターが創り出すオム、選べるサイズでライトイーターさんもいらっしゃい。
”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

華々しくオープンした京都BAL地下2階のマルゼンカフェ。ハヤシライスの元祖とも言われる由緒のあるメニューが頂けるなんともプレミアムなカフェ。東京とこちら京都でしか食べれない商標登録されている【早矢仕ライス】をご賞味あれ。
素通りできぬディスプレイ★オムライスはお任せ★古き良き我らのSTAR(スター)★京都の老舗洋食店★グラタンオムライス【新京極】

素通りできぬディスプレイ★オムライスはお任せ★古き良き我らのSTAR(スター)★京都の老舗洋食店★グラタンオムライス【新京極】

新京極エリアの老舗洋食店。 空腹の貴方、思わず引き込まれてしまいそうな巨大オムに完成度の高いサンプルディスプレイ、きっと店側の策略にはまらずにはいられない★
【京都ランチめぐり】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

【京都ランチめぐり】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

京都烏丸御池の有名な老舗の喫茶店。昼時にはこの界隈で働くビジネスマンの強い味方。洋食メニューには特に定評があり、とくに弁当類が充実。ランチタイム過ぎた昼下がりに行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen