2021年5月14日 更新

【新店】京都駅ナカに3月オープン!京都屈指のブーランジェリー「ルプチメック」

おおきに~豆はなどす☆今回は下京区、京都の玄関口であるJR京都駅に3月オープンした全国的にも知られるブーランジェリー。

乗り換え時の購入に便利!京都屈指のブーランジェリー

 (205940)

下京区、京都の玄関口であるご存じ京都駅。そのJR京都駅構内西口改札内入ってすぐ北側。今年3月にオープンした、今では京都を代表する、といっても過言ではない全国的にも有名なブーランジェリー『ルプチメック』。京都の美味しいパン屋さんランキングでは常に上位を誇り、さらに黒を基調とした烏丸御池店・通称『黒メック』と赤を基調とした今出川店『赤メック』と区別して、パンマニアの間では語られるほど。それに倣うと、こちらは黒メックになるんですかね。
 (205941)

たまたまJR利用の乗り換え時に見かけ、店員さんに聞くと今年3月にオープンしたばかりとか。ルプチメックは他京都大丸店、OMAKE店などにもありますが、こうして移動途中や通勤の行き帰りに利用できる駅ナカにあるのはとても便利。
 (205942)

 (205944)

狭小の対面販売店舗ながら、その種類も豊富。
どうでしょう。デニッシュ類は少なめですかね。どちらかといえばハード系やベーグル、食パンやバゲット類など。わりと素朴でシンプルな生地のパンが中心。
 (205943)

持ち運びにも便利で通勤や移動中でも形状の劣化が少ないパンが目立ちます。あと他の副菜との相性もいい、ということも。
 (205945)

一部デニッシュやクロワッサンも。
 (205946)

食パンも各種。通勤帰りに翌日分の食パンをここで購入できるのは便利ですね。

 (205953)

おかずいらず、そのままで十分なサンド類も。
 (205955)

支払いはこちらのセルフレジで。最近京都のパン屋さんでもちょくちょく見かけるようになりました。
 (205947)

で、こちらは以前移動の乗り換え途中で購入した定番商品・パンオノアレザン560円。レーズンやクルミなどがたっぷり入っていて、さらに生地の熟成が効いた、噛みしめるごとに深い味わいのパン。これとドリンク類さえあればバランスもよく十分なくらいリッチな味わい。バランス栄養食。
 (205948)

そして、また別の日にはクロワッサン194円とクルミとモッツァレラチーズ280円。持参のマグボトルの具沢山スープとともに。
 (205949)

 (205950)

少し大きめでしっかりとした焼き色のクロワッサン。焼き上がりスグ品出しできる店舗と比較してどうかな?と思った表面のカリカリさはちゃんとキープ。そして、理想的な生地の層も。表面の焼いた香ばしさ、キャラメリゼ感がいい。発酵バターの深い味わい。
 (205951)

 (205952)

モッツァレラチーズは生地に練り込まれた状態。わりとしっとりとした質感とコク、もっちりとした生地、時折クルミの香ばしさと苦み。これも、これだけ単体で食べても十分ふくよかな味わい。

今だコロナ禍で観光客もまばらですが、JR利用で観光に来られる方にとっても利便性よくパンが買え、お土産としても最適。ぜひご利用ください。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:ルプチメック JR京都駅
場所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都駅構内 西口改札内
電話:075-343-0210
営業時間:8:00~21:00
定休日:無休
公式サイト:https://lepetitmec.com/
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事