2016年7月6日 更新

【浅田製瓦工場】マイ鍾馗さんを作ろう!京瓦を作り続ける、最後の窯元へ

京都のミニツアー「まいまい京都」の参加レポートです。浅田製瓦工場さんにて、マイ鍾馗さんを作り体験や工場見学してきました。

京都ではお馴染み、怖い表情ながらどこか愛嬌がある、町家の屋根に乗ったちいさな守り神「鍾馗さん」。

伝統的な京瓦を作り続ける最後の窯元「浅田製瓦工場」で、マイ鍾馗さん作りの体験レポートです。
鬼瓦を専門とし、自ら意匠を考えて型を作る三代目のレクチャー付きなので、楽しんでマイ鍾馗さんを作ることができました。

京都で唯一、瓦を製造している「浅田製瓦工場」

 (42027)

左側が鍾馗さんの出来上がり見本です。じっくりとプロの作った鍾馗さんを拝見します。
 (42028)

早速、鍾馗さんづくりに。
鍾馗さんの石膏型に、土を詰めて抜くだけ。簡単そうでしょう。
 (42029)

まずは、ガイドの浅田さんのお手本。土を均一に伸ばすのがコツとのこと。中は空洞になります。ふむふむ。
 (42031)

さすがプロの仕事。背中もツルツルです。
 (42032)

焼きあがると型より一回り小さくなります。

マイ鍾馗さん作りのスタート!

 (42033)

さぁ、皆さん土を型に入れてスタートです。
 (42034)

あちらこちらから、難しい!の声が。
 (42035)

型に土を伸ばして詰めたら表とウラを合体。
 (42036)

力を込めてギュッと合わせます。
 (42037)

型から抜きます。
 (42038)

お!出てきましたよ。
 (42039)

鼻がないだの。しわが寄っているなど。初めてなのでなかなか上手くいきません。2体作って、良い出来栄えの方を窯に入れます。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

伏見の住宅街に佇む穴場和食屋さん「出し巻と一品料理 宮」

伏見の住宅街に佇む穴場和食屋さん「出し巻と一品料理 宮」

伏見の丹波橋、住宅街に佇む穴場和食屋さん「出し巻と一品料理 宮」なり。祇園の有名鰻料理店で料理長を勤められたご主人が始められた本格派の和食店。
京都 伏見の住宅街に佇む、若い大将が営む"攻める"寿司屋「志げる鮨」

京都 伏見の住宅街に佇む、若い大将が営む"攻める"寿司屋「志げる鮨」

京阪丹波橋駅からすぐ住宅街の一角に佇む、お若い大将が営む評判の寿司屋「志げる鮨」。季節ごとに伺いたい寿司屋なり。
地元民ご用達の焼鳥店|伏見区丹波橋の「鳥房」まぐろも名物

地元民ご用達の焼鳥店|伏見区丹波橋の「鳥房」まぐろも名物

京阪丹波橋駅前、地元民ご用達の焼鳥店「鳥房」なり。
伏見・丹波橋駅周辺で貴重な居酒屋さん「囲酒家 赤おに」

伏見・丹波橋駅周辺で貴重な居酒屋さん「囲酒家 赤おに」

京阪丹波橋駅北口から徒歩1分圏内の居酒屋、赤おにのご紹介なり。特に駅前商店街など無い京阪丹波橋駅前で、数少ない晩御飯が食べられる一軒なのだ。
【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆普段は飲めない酒蔵の仕込水を開放「キンシ正宗」

【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆普段は飲めない酒蔵の仕込水を開放「キンシ正宗」

こちらも伏見を代表する大手酒造メーカー。普段は会員限定利用の日本酒の仕込水でもある名水「常盤井水」。このスタンプラリー期間中のみ参加者も飲用可。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都ミニツアー「まいまい京都」  京都ミニツアー「まいまい京都」