2022年3月19日 更新

京都市・ウクライナ首都キエフとの姉妹都市交流50年☆平和を祈り献花台や寄付金公募

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は中京区、河原町御池にある京都市役所本庁舎。その広場一角に京都市と姉妹都市交流を結ぶウクライナ、首都キエフの記念碑や献花台が。

ウクライナ首都キエフとの姉妹都市交流50年の京都市

 (220709)

中京区河原町御池にある、ご存じ京都市役所本庁舎。
「関西近代建築の父」と称される建築家・武田五一監修のもと、1927年(昭和2年)に完成した歴史的建造物。その本庁舎は、耐震性能の不足などの問題から長らく改修・増築工事が進められ、昨年ようやく完成したのが今の姿。
 (220710)

 (220711)

 (220712)

その本庁舎前。何やらたくさんの花束が置かれています。こちらは現在、ロシア侵攻により戦火に見舞われているウクライナの首都キエフに向けた献花台。連日の報道により、その凄惨極まりない被害の様子が日本にも伝わっています。
 (220715)

今回のロシアによるウクライナ侵攻により初めて知りましたが、京都市とキエフは古くから深いつながりがあり、姉妹都市として50年にも渡る交流のあるパートナーシティでもあります。

両市ともに1400年近い歴史を持つ観光都市であり、様々な共通点があることから、昭和46年(1971)より姉妹都市となり、バレエや音楽の公演を通じて互いの親交を深めてきました。そんなこともあり、キエフの中心部には日本庭園を構えた「京都公園」があるそうです。
 (220716)

 (220717)

献花台の傍らには、大理石でできた「キエフ友好記念碑」があります。姉妹都市交流30周年を迎えた平成13年(2001年)、京都市民を中心とした文化使節団がキエフを訪問した翌年、キエフより「ウクライナ民族音楽団」と京都市民による合同コンサートが開催。その時、キエフから贈られたのがこの記念碑。

石碑の全面に彫刻が施され、正面にキエフ市の市章になっている聖ミカエル、右面にはコウノトリ、左面には聖ソフィア寺院と鹿、裏面はウクライナの国旗、上にはウクライナの豊かな自然を象徴する栗の葉が描かれています。さらに石碑上には聖ミカエル寺院に飾られている黄金の聖ミカエル像ミニチュアも。
 (220713)

 (220714)

ロシア軍による侵攻で亡くなられたキエフ市民を悼み、献花台には多くの花束が贈られています。そして京都市は現在、市役所や区役所など73か所に募金箱を設置。この他、専用の口座も作り、ウクライナ支援の寄付金公募も実施中。募金箱や口座は2021年3月31日まで設置され、集まった寄付金はキエフに直接送られるとのこと。早期に事態が終息し、一般市民への被害がこれ以上及ばないことを祈り、今後姉妹都市としてのキエフ市、ウクライナ復興支援に協力したいですね。

スポット情報

京都市役所
住所:京都市中京区上本能寺前町488番地
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事