2015年12月24日 更新

九条山 廃墟マニア必見!傾斜にそびえ立つ「全和鳳美術館」【建物】【観光】

少し前に、テレビ大阪(東京)で「廃墟の休日」という番組をやっていましたが、ご存知でしょうか?じつは私、廃墟マニアでして今まで訪れた廃墟は数知れず。廃墟マニアの聖地、軍艦島は世界遺産登録される前から何度か訪れる始末。 そして、ここ京都にもいい廃墟あるんです(笑)ご紹介します。

九条山バス停あたりにそびえ立つ元美術館

 (1217)

九条山、ちょうど京阪バスのバス停あたり。この看板が目印になります。
 (1219)

ちょうど階段状になった路地沿いに。
 (1221)

こちらは20年くらいこんな状態で放置されてると記憶しています。昔は元美術館であったことが確認できる看板を、当時京阪電車が路面電車だったころ車窓から眺めたことを覚えています。目立つ建物でした。今となってはいつ崩れ落ちるかわからないような状態。
 (1223)

「全和鳳美術館」。 全和鳳(チョン・ファファン/ぜん・わこう)氏。1909年 (明治42年) 韓国に生まれ、1996年 (平成8年) 大津にて没。大津市役所坂本市民センター、京阪電鉄・坂本駅等に作品を残す方の美術館。
 (1225)

中には無断で入れないので割れたガラス窓からスマホをつっこんでの撮影。人の気配が全く感じられない状態です。

たまたま通りかかりの近所の方に聞いても、ずっとこの状態でどうにもならないとこのと。年々朽ち果てていってますね。基礎しか残らない状態になっていくのでしょうか。

全和凰美術館 への口コミ

名称
全和凰美術館
住所
京都府京都市山科区厨子奥花鳥町
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都建物探訪】築88年のモダニズム建築の先駆け住宅!2億円の売却物件となり注目☆「栗原邸」【京都山科】

【京都建物探訪】築88年のモダニズム建築の先駆け住宅!2億円の売却物件となり注目☆「栗原邸」【京都山科】

山科疏水沿いにある築88年の住宅。たまに一般公開される、建築ファンには垂涎のモダニズム建築先駆けの住宅。この程、この歴史的建物が売却物件となりニュースで取り上げられるほど話題に。
京都廃線跡めぐり!旧東海道線の遺構!!急勾配の引き上げ線トンネル跡「大塚信号所」【京都山科】

京都廃線跡めぐり!旧東海道線の遺構!!急勾配の引き上げ線トンネル跡「大塚信号所」【京都山科】

以前、京都から始まった日本高速道路の歴史紹介の時に併せて掲載していた「旧東海道線山科駅跡」。その先、大津へと続く旧東海道線の遺構が垣間見れる場所。
【京都珍百景】京の町に昔から伝わる鬼門思想!魔界『鬼門封じ』を探してぶらり☆【厳選4箇所】

【京都珍百景】京の町に昔から伝わる鬼門思想!魔界『鬼門封じ』を探してぶらり☆【厳選4箇所】

京都に昔から伝わる鬼門思想。京都の都市整備や一般住宅に至るまで、この鬼門思想をベースに建物も設計されていたり。そこで、今回はその発想から生まれた『鬼門封じ』となるスポットを集めてみました。
2018京都桜開花情報☆琵琶湖疏水通船も運航中!村上春樹お気に入りスポット「山科疏水」

2018京都桜開花情報☆琵琶湖疏水通船も運航中!村上春樹お気に入りスポット「山科疏水」

2018年3月26日時点の桜開花状況。山科にある桜の名所。疏水べりの桜並木は地元民御用達の身近な見物スポット。今年から琵琶湖疏水通船も開始。
【京都のキセキ】来春から本格乗船スタート!ふるさと納税者は乗船招待も☆琵琶湖疏水通船復活☆京都⇔大津【ニュース】

【京都のキセキ】来春から本格乗船スタート!ふるさと納税者は乗船招待も☆琵琶湖疏水通船復活☆京都⇔大津【ニュース】

来年で明治元年から節目の150年を迎えます。そんな年を記念するプロジェクトが動き出そうとしています。京都、大津間を琵琶湖疏水を船で行き来してみよう!というもの。来春からスタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな