2017年5月28日 更新

京都手芸女子なら知らない人はいない老舗店!生地も豊富なバリエーション☆「ノムラテーラー」【四条寺町】

私もかつてお世話になりました(笑)服飾、手芸用品のことならおまかせ。京都イチの老舗有名店。豊富な品ぞろえは今も健在。久々にお店をのぞいてみました。

四条通り沿いに今も変わらず

 (81736)

もうかれこれ何年ぶりでしょうか(笑)数十年ぶりくらいな。

四条通にある老舗店。手芸用品や生地買うならココ!と、恐らく地元の女子なら知らない人はいないかと。創業65年だそうです。
 (81737)

中学生の頃、ちょっとした小物や手芸品をつくるとなると必ずここに来ましたが、いつも生地を切ってもらうのに行列だったことを思い出します。

戦前、紳士服の仕立屋さんへの服地の卸売、そして戦後、現在の場所に婦人服地を小売する店を出し商売替え。社名は変えずにノムラテーラーとして残して。

所狭しと色とりどり、柄とりどりの生地

 (81738)

ほんとに久々にお店をのぞいてみましたが、昔のまんま(笑)所狭しとありとあらゆる柄の布、生地が並ぶ。
 (81740)

けっこう派手目なものあります(笑)
 (81739)

芯に巻かれた生地を会計で欲しい長さを伝えて裁断バサミで切ってもらう。その切り方が神業で、ずっと眺めていたことを思い出します。そのスタイルは今も変わってない様子。
 (81746)

最近では、マリメッコの生地も扱ってられるんですね。こんなインテリアとしての、ファブリックボード作りの提案も。こんなのが一つ部屋にあるだけで、部屋の雰囲気もガラリと変わりますね。
 (81741)

こちらのお店は3階建て。で、上階へ。
あぁ、こんな型紙買って服づくりに挑戦して断念!てことが昔あったな、と(笑)でも、また挑戦してみようかな、と思えるような最近のデザインのワンピーズやガウチョパンツ、カットソーの型紙も。
 (81742)

刺繍グッズいろいろ。この生地引っ張る輪っかのヤツ、久々に見ました(笑)
 (81743)

フェルト地も
 (81744)

ミシン糸もいろいろと。
 (81745)

ボタンも懐かしめのヤツから珍しい凝ったものまで。

最近既製品慣れしてて、手づくりする発想がなかったんですが、全て自分でアレンジしてつくるって、いいかもな、と。完全オリジナルで他の人が持ってないし、自分の好きなものだけで構成されてるから愛着も湧くし。

まずはハードル低くして、生地だけ買って作家さんにオーダーでもいいかも、と。いろんな可能性を感じました。

ノムラテーラー へのツイート

詳細情報

住所:京都市 下京区四条通麩屋町東入奈良物町362
電話番号:075-221-4679
営業時間:10:00~19:30
定休日:無休
関連サイト:http://www.nomura-tailor.co.jp/
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事