2017年9月5日 更新

【京都北山】蕎麦好きなら必訪の名店!香り高い3種類の利き蕎麦が楽しめる☆「蕎麦屋じん六」

もう20年近く北山エリアで営業している手打ち蕎麦の名店。石臼挽きの自家製そば粉を使用。そして、香り高い産地の違う3種類の蕎麦を楽しめる「蕎麦三昧」を求めて久々に行ってきました。

初代のお店は古民家風でしたが

 (93650)

もうかれこれ20年くらい前に何度か来てたお蕎麦屋さん。当時、私の印象に強く残ってる新進気鋭の本格蕎麦のお店が2軒あり、その1軒がここ。そして、もう1軒は古川町商店街にあった伝説の蕎麦屋「虚無蕎望 なかじん」。ご主人の体調不良で一旦店を閉め、天ぷら割烹のお店に業態チェンジされたり、そこで修行された方がオープンされたのが名店「蕎麦ろうじな」だったり。
 (93651)

こちらも一時期、あれ?お店がなくなってる!と閉店されたのかと思ってましたが、ここのすぐ近くに移転され、再び同じ場所に店を構えられて2年。ずっと北山からは離れずに営業されてたそうです(笑)

以前は古民家でお庭もあるようなお店でしたが、今ではそこにマンションが建ち、その1階に。こちらではかつて、裏寺の名店「そば酒まつもと」のご主人が修行されてたんだとか。

当時、蕎麦はもちろん本格的でしたが、私の記憶が確かなら本わさび1本あてがわれ、自分で好きなだけすりおろして食べるようなスタイルだったような。今では違ってましたが、当時としてはそのこだわり感がいいなぁ~と印象に残ってて。
 (93654)

相変わらず人気店と聞いてたので、混まないうちに、とオープン前から待機して入店。とても広々とした店内。入り口横がガラス張りになっていて、ご主人の蕎麦打ち部屋に。オープン前に蕎麦を打ってる音が通りにも聞こえてました。打ちたて。
 (93655)

で、テーブルにはこんな小さな石臼が。こちらは石臼挽きの自家製蕎麦粉を使用。
 (93657)

メニュー。もう最初から産地の違う3種類の蕎麦が楽しめる「蕎麦三昧」に決めてましたが。
 (93656)

3種類を利き蕎麦できる、蕎麦好きにとっては夢のような蕎麦。
 (93658)

さばずし、お隣の客が注文してて美味しそうでした。一切150円は破格ですよね。
 (93659)

で、本日の3種類の蕎麦は群馬、北海道、福井産の蕎麦を使用。特に福井産に関しては、ご主人が契約管理生産してる蕎麦だそうです。
 (93660)

で、待ってる間蕎麦汁と本わさび。薬味は辛味大根と本わさび、どちらかをチョイスできます。辛味大根使いが福井っぽいなぁと。

で、ちょっとここで驚き。蕎麦汁、見るからに色が薄い。蕎麦猪口の底の輪郭がわかるって、かなり透明感ある蕎麦汁。ま、あとでその理由がわかるのですが。
 (93661)

まずは1枚め。群馬産蕎麦粉のざるそば。
 (93662)

わりと不揃い。でも、私個人的に不揃いが好きなんですよね(笑)いろんな食感や舌触りが味わえるところが。まずはそのまま。

そして、2つめの驚き。蕎麦がぬるい。というか室温くらいな。衝撃的。でも、きっとこれ製氷機が潰れたとか、冷水で締め忘れたとか、そんなんじゃなく計算だろうと。すごく、蕎麦の香りが強いんです。結局3種類全てこの温度帯で出てきました。
 (93663)

で、蕎麦汁に漬けて。蕎麦汁、ほんのかすかに甘みは感じつつも、魚介系の節的クセというかそういうのをほとんど感じないというか。でも、旨味はちゃんとあるような。醤油感、塩味も色目よりしっかりとあり。美味いですよ、この時点でかなり。
 (93664)

次に北海道産。
 (93665)

ちょっと見た目、褐色の蕎麦の外側の薄皮になるんですかね。一緒に入ってます。目視確認。で、そのまま一口。なんというか、木の実とかクルミのような風味。蕎麦本来のものだと思いますが。

それも、きっとこの冷えすぎてない蕎麦だから香り立つ風味というか。冷えてない、だから締まってないというのでもなく、ちゃんとコシもあります。
 (93666)

蕎麦汁に。ようやくわかりました。私なりの解釈ですが。
とにかく、蕎麦の香りを少しでも打ち消すような要素は排除した蕎麦汁なんだろうな、と。決して味が薄い汁というわけではないです。
 (93667)

最後福井産。田舎そば。
 (93668)

ゴツゴツ感は北海道の方がありましたが、香ばしい木の実的風味はこちらが上だったかな。
 (93669)

最後また蕎麦汁へ。蕎麦の風味をそのまま食べるより引き立ててる。とにかく3種とも、蕎麦の個性がありありとわかるような。違いを楽しみました。
 (93670)

蕎麦湯はわりと濃いめ。
 (93671)

シンプルで、蕎麦の香り第一。そんな印象のどれも美味しい香り高い蕎麦。どれも絶品でした。

ヨ~イヤサ~♪

蕎麦屋じん六 への口コミ

蕎麦屋じん六 基本情報

住所:京都府京都市北区上賀茂桜井町67
電話番号:075-711-6494
営業時間:11:45~17:00(売切れ次第終了)
定休日:月曜日、第4火曜日
関連サイト:http://www.zingrock.com/
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな