2020年9月2日 更新

【京都モーニング】リニューアルオープン!自家製生食パンを選べるトースターで「からふね屋珈琲店」

おおきに~豆はなどす☆今回は山科区、国道1号線沿いに9月1日リニューアルオープンを果たした老舗喫茶。からふね屋初の自家製生食パンを提供するモーニングは選べるトースターで自分好みにトースト。

からふね屋初の自家製生食パンのモーニング

 (190003)

山科区京都東インターすぐ、国道1号線沿い。今月1日リニューアルオープンを果たした京都老舗喫茶。本店は河原町三条にあり、最近ではちょっと風変わりなパフェを提供することで知られています。でも、古くから知る京都人にとってはダッチコーヒーでお馴染みの喫茶店。ここ山科店も、支店の中ではわりと歴史が古いお店。
 (190035)

 (190036)

余談ですが、この界隈は最近リニューアルオープンラッシュ。こちらは10月オープン予定の京都スイーツ名店『マールブランシュ』の工房直売店『ロマンの森』。着々と準備が進んでいます。この他にも国道沿いにはリニューアル建設中のお店がいくつかあります。
 (190004)

もとい、からふね屋。
国道沿いということもあり、駐車場も。この時朝8時前でしたが、すでに満車に近い状態。
 (190044)

店内に入ると、すでに満席に近い状態で、その注目の高さがうかがえます。落ち着いた和モダンな雰囲気。高い天井の解放感。2~6人掛けテーブル席はゆったりとした間取りで設置。
 (190006)

国道沿い、窓側にはソファースペースと、さらに奥には大人数グループ席の個室も。明るい朝の陽ざしを感じられるスペース。今回はこちらの席に。
 (190022)

その傍らには、名物ダッチコーヒースタンドも。ダッチコーヒーとは水出しコーヒーのこと。京都の老舗コーヒー店の中には今でもダッチコーヒーを採用してるところ、けっこうあります。コーヒーの抽出方法はお店によっても推しがいろいろ違いますね。
 (190007)

 (190008)

レジ前にはテイクアウト商品もあり、冷蔵ケースにはチーズケーキが。
 (190010)

そして、メニュー。
今回のリニューアルオープンで、これまでのからふね屋とは違う試みとして、自家製生食パンを厨房で焼き、その生食パンをベースに、メニュー展開。
 (190009)

その生食パンを使ったモーニングが今回のお目当て。他、サンドイッチやフレンチトーストなど、モーニングもバリエーションあり。

すいません、ちょっとピンボケですが(汗)
 (190011)

モーニング以外のメニューもチェック。こちらも自家製の生パスタ使用の軽食メニュー。
 (190012)

カレーや手ごねハンバーグなど、洋食メニューも。
 (190013)

フレンチトーストもトッピングバリエーションでこんなにいろいろと。
 (190014)

スイーツ類。
 (190015)

 (190016)

自慢のコーヒー。自分でドリップするタイプもあるみたいです。
 (190017)

ソフトドリンクも。
 (190018)

こちらでは本店ほどパフェには重きを置いてない様子ですが、予約制であるにはあり。

あと、駐車場、電源コンセント、Wi-Fi完備。
で、今回は生食パンがセットされた贅沢モーニング750円をチョイス。
 (190020)

そして、これすごく面白いサービスですが、店内にあるこちらの各種トースターの中から自分好みのものを選んでテーブルに運び、セルフトーストできる、というもの。最初、厨房で焼いてもらうつもりでしたが、このサービスを試してみることに。
 (190023)

テーブル下にコンセントがあり、差し込んでスタンバイ。
 (190024)

で、こちらが贅沢モーニング。ドリンク類はチョイスでき、名物ダッチコーヒーに。自動的にアイスコーヒーということになりますが。
 (190025)

なんともバラエティー豊かなプレートモーニング。スキレットには目玉焼き2個、ベーコン、ラタトゥユ的温野菜添え。サラダには自家製のような野菜繊維の入ったドレッシング。ポタージュスープはこの時冷製。グレープフルーツ、そして自慢の生食パンとパンのお供のバター&ジャム。
 (190027)

まずは注目の自家製生食パンを焼く前にそのままで試食。キメの細かい生地ながら、ぎっしりと詰まった食パン。5枚切りですかね。わりと分厚いです。生クリーム、練乳、バターを使用しミルク感としっとり感、耳まで柔らかい食パン。リッチな味わいです。
 (190029)

 (190031)

さらに、選んだトースターで焼いてみました。ふんわりと美味しそうな香りが立ち上り、やはり柔らかいキメの細かさともっちりとした生地が特徴的で美味しい。バターやジャムでさらにリッチな味わいプラス。
 (190028)

スキレットの卵2個使いも贅沢。お決まりの半熟エロ卵画像も。これを食パンに浸して食べるのもアリ。
 (190033)

サラダもそうですが、こういうフレッシュなフルーツがあるのもうれしいですね。

自家製生食パンや選べるトースターなど話題性もあるサービスも加わり、さらに行く行くは自慢の自家製生食パンをテイクアウトで販売される予定。以前にも増して魅力的な店舗にリニューアル。自家製生パスタや手ごねハンバーグもまた試してみたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:からふね屋珈琲店 山科店
場所:京都市山科区東野北井ノ上町11-10
電話番号:075-502-6866
営業時間:7:30~23:00
定休日:不定休
公式サイト:http://karafuneya.jp/
32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな