2019年8月3日 更新

【京都ランチめぐり】京都駅高架下で深夜まで通し営業!伝統的スタイルのパブランチ☆「Man in the Moon(マンインザムーン)」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都駅構内にあるパブでランチ。クラシカルな雰囲気の中、フィッシュ&チップスランチをいただきました。

混雑する京都駅の穴場ランチ

 (160283)

京都駅八条口、近鉄名店街西からいったん外に出てすぐの高架下にあるお店。
京都駅でランチしようと方々歩き回わるも、どこも混雑して落ち着いて食事できる雰囲気でもなく。
 (160284)

一見夜向けのパブのような店構えですが、ランチもやってて前から通るたびに気になってました。
で、後で知りましたが、京都市内に4店舗展開する人気パブみたいです。
 (160287)

店内はやはり夜仕様な雰囲気ながら、重厚なヨーロッパのパブを思わせるような内装。
 (160288)

天井には世界の紙幣が貼られていたり。
 (160290)

アンティークなんですかね。昔の古い駅舎にでもありそうな固定椅子。
 (160291)

ペダルがついていて、もともとミシン台だったことがわかる、こちらもいい飴色に使い込まれたアンティークテーブル。
 (160329)

カウンターがこんなに画になる場所も貴重です。まるで日本じゃないみたいな。でも店員さんはじめ、店内にいるのは全員日本人でした(笑)
 (160294)

で、ランチメニューはこちらから。
飲み物はソフトドリンクなら100円、ビールなら300円増しでセットにできます。

今回はランチにレギュラーサイズのフィッシュ&チップス1100円とトマトジュース100円を注文。後々、ビールにすればよかったかな、と(笑)
 (160295)

 (160296)

ランチメニューありますが、もともと深夜1時まで通し営業するお店。時間選ばずピザやハンバーガーなどの軽食と世界のビールをはじめカクテルやウイスキーが楽しめるみたいです。

 (160297)

しばらくして登場したフィッシュ&チップスランチとトマトジュース。まあ、豪快な雰囲気です(笑)トマトジュースはガラスジャーに入っています。
 (160298)

パンやご飯といった炭水化物系がないのはおつまみ感覚でもあるランチということですかね。その代わりにフライドポテトがたっぷりと乗っています。ビストロのランチも付け合せフレンチフライどっさり、てお店は同じ理論なんでしょうね。
 (160299)

まずはもちろんフィッシュ&チップスの『フィッシュ』。大きめのタラが2切。衣カリッと香ばしくフライに。
 (160300)

レモン、ちょっと甘めの自家製タルタルソースをたっぷりつけて。卒のない、美味しさです。
 (160301)

フライドポテト。こちらも濃厚なケチャップをたっぷりつけて。
パブメニューのド定番。やっぱりトマトジュースじゃなくてビールでしたね(泣)

意外と京都駅八条口で深夜まで通し営業って貴重で穴場。駅構内のお店は閉店早めだし。ちょっと小腹が空いてもう1軒、て時に覚えておきたいお店。

ヨ~イヤサ~♪

Man in the Moon への口コミ

詳細情報

住所:京都市南区東塩小路釜殿町31-1 近鉄名店街みやこみち近鉄京都駅高架下
電話番号:050-3476-4945
営業時間:月~木・日11:00~翌2:00 金・土11:00~翌4:00
定休日:無
公式サイト:https://maninthemoonkyotoeki.gorp.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな