2018年1月29日 更新

【京都のキセキ】来春から本格乗船スタート!ふるさと納税者は乗船招待も☆琵琶湖疏水通船復活☆京都⇔大津【ニュース】

来年で明治元年から節目の150年を迎えます。そんな年を記念するプロジェクトが動き出そうとしています。京都、大津間を琵琶湖疏水を船で行き来してみよう!というもの。来春からスタート。

歴史遺産が目白押しの通船コース!

 (109113)

昭和20年代まで京都市-大津市間の琵琶湖疏水を行き交った船を観光活用で復活させる計画の下、京都市上下水局管轄事業で試験運行として2年前実施された琵琶湖疏水クルーズ。その時は、抽選でほんの一部の方のみ乗船されたようですが、ようやく一般利用可能に。
 (109109)

乗船コースは大津⇔山科⇔蹴上の上下便。こちらは山科にある四ノ宮舟溜諸羽トンネル。トンネル内を通船するというのもみどころの一つ。今の季節、疏水の水あまり流れてませんが。
 (109110)

 (109111)

そして、ここが船着き場になります。
 (109107)

さらに進んで蹴上側。第三トンネルに出てきます。
 (109108)

旧御所水道ポンプ室前が船着き場ですかね。紅葉時期にここに船が停泊してたのを見かけました。

東京遷都により衰退した京都を復興させる目的で建設された琵琶湖疏水。そんな住民たちの夢を乗せた琵琶湖疏水が明治時代に誕生してから今日まで京都の水源として活躍。乗船コースのそこここに歴史遺産を目の当たりにできる京都のキセキ。

ふるさと納税者は納税額によって先行予約できたり招待乗船も可能。そして、もちろん一般観光客も乗船できるようです。私もぜひ乗船してみたいと思います。来春が待ち遠しい!
 (112897)

そして、こちらはおまけ情報(笑)
山科疏水の最近の様子です。今春の運航に向け、疏水の清掃も行われ着々と準備中。

琵琶湖疏水通船 へのツイート

詳細情報

運航期間:平成30年3月29日から11月28日まで
予約時期:平成30年2月1日(木)から
    ※平成29年12月末までにふるさと納税者「琵琶湖疏水通船復活応援寄附金」は先行予約可
予約連絡:075-365-7768(9:30~17:30 土日祝休)
     (株)JTB西日本京都支店内・びわ湖疏水船受付事務局
乗船料金:通常期  月木金(平日) 4000円
     繁忙期  土日祝     5000円
     トップ期 桜や紅葉の時期 8,000円
関連サイト:http://www.biwako-sosui.jp/


曜日
月木金(平日) 土日祝 桜や紅葉の時期ほか
(毎日運航)

料金
4,000円 5,000円 8,000円


    
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都のキセキ】明治150年の一大事業!近代産業の礎の歴史がわかる☆入場無料「琵琶湖疏水記念館」

【京都のキセキ】明治150年の一大事業!近代産業の礎の歴史がわかる☆入場無料「琵琶湖疏水記念館」

近代産業の礎となった明治時代の一大事業・琵琶湖疏水の建設。その歴史や詳細がわかる記念館が岡崎にあり、入場無料で見学できます。
【京都朝活観光】第2・4日曜日開催の南禅寺無料座禅会!見頃間近の紅葉を借景に座禅体験☆

【京都朝活観光】第2・4日曜日開催の南禅寺無料座禅会!見頃間近の紅葉を借景に座禅体験☆

京都屈指の観光名所。紅葉シーズンは特に人気のスポット。そんな南禅寺で毎月第2・4日曜日に開催される無料で参加できる暁天座禅会。深まる紅葉を借景に座禅を組む、素晴らしい体験。
【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館が和モダンなラグジュアリー空間に進化☆「南禅寺参道 菊水」

【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館が和モダンなラグジュアリー空間に進化☆「南禅寺参道 菊水」

京都南禅寺界隈。昔から別荘エリアとして知られる界隈だが、その一角にある老舗料理旅館が6月11日にリニューアルオープン。自慢の名庭や和の雰囲気はそのままにモダンに進化。今回は客室をご紹介。
【京都季節の花】花菖蒲満開!無料で見れます!!南禅寺界隈の数寄屋造りの別邸「野村碧雲荘」

【京都季節の花】花菖蒲満開!無料で見れます!!南禅寺界隈の数寄屋造りの別邸「野村碧雲荘」

すでに満開。数寄屋造りに映える色とりどりの花菖蒲。日本の実業家である二代目野村徳七(のむらとくしち)が建てた南禅寺界隈の別荘「野村碧雲荘」
【2018京都桜情報】朝活・座禅会からの桜パトロール!見頃はもう少し先☆「南禅寺」

【2018京都桜情報】朝活・座禅会からの桜パトロール!見頃はもう少し先☆「南禅寺」

2018年直近の京都桜情報(3月25日時点)。今回は早朝から座禅会に参加し、終了後桜チェック。早朝ならでは、観光客少なく、悠々自適に撮影。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers