2020年3月28日 更新

【京都ランチ】嵐山エリアの発酵食ランチ!「発酵食堂カモシカ」

JR嵯峨嵐山駅からスグの場所にある、発酵食品づくしな料理が楽しめるお店。自家製発酵食品はもとより、全国から選りすぐりの発酵食品が盛り込まれたランチが人気。

身体にも発酵パワーの効き目大な健康ランチ

 (128167)

JR嵯峨嵐山駅からスグの場所にある発酵食品を中心とした料理を提供するお店。京都の中では、これほど種類豊富に発酵食品に特化した料理を出すお店としては、ここが代表格。
 (128168)

以前から京都発酵食品部では注目してましたが、ようやく初訪問。
京都ではもともと老舗の味噌、醤油、酒蔵など、それぞれのジャンル単体で全国的にも有名なメーカーはありますが、ジャンルを超えた発酵食品くくりで提供するお店って、案外なかったかもしれません。
 (128169)

店内にはカウンターをはじめ、棚にも今まさに発酵中の食品が入った密閉瓶がズラリ。
 (128171)

わりと馴染みのある梅干や梅酒類、らっきょうなど。
 (128170)

こちらは柚子胡椒と言われてましたかね。普段スーパーで買ってきた完成品しか知らず、こんな風に出来ていくのか、というのが日に日に観察できるのが自家製発酵食品の魅力でもありますね。
 (128172)

ビワの葉の焼酎漬など、発酵進行形のいろいろな食品を使ったランチが楽しめるという。

考えてみると、昔はよく自家製の果実酒漬ける家庭がけっこうあったなぁと思い出したりして。お酒以外でも、自家製で発酵食品を作るのがごくごく身近なことだったような。

先人の知恵が詰まった伝統製法による保存食も、時代の移り変わりとともに、まるで後進食品のような扱いになっていってしまったような。でも、現代人に不足がちな栄養や健康効果など最近見直され、東京などでは若い人を中心に注目を集めています。
 (128173)

基本、これらの発酵食品がベースになっているようです。8種類の発酵食品の料理が並ぶランチや麹納豆丼など。
 (128174)

他、発酵食品を使った自家製スイーツやドリンク類には発酵ジュースなど。お酒、クラフトビール、ビオワインもあります。
 (128176)

今回は定番とは別にこんなセレクトメニューがあり、より多くの発酵食品13種盛り込まれたランチセットということで、汁なし坦々麺セット2200円を注文。
 (128175)

卓上には自家製ラー油も。
 (128177)

 (128178)

自家製甘酒ラー油と自家製甜麺醤、トーチや花椒などのスパイスを絡めたちょっとピリ辛な汁なし坦々麺。
 (128183)

この麺が絶品でタレとよく絡み、甘酒ラー油効果か、絶妙な甘みが後を引く美味しさ。意外と濃厚な味わいはトーチ効果なんでしょうかね。パクチーや白髪ねぎとの相性もいい。
 (128179)

発酵7種のアラカルトプレート。
自家製ねり梅ソース、柚子胡椒味噌の豆腐のせ、古式製法さばへしこ、魚醤のピリ辛こんにゃく、柚子胡椒とふぐの子の糠漬け燻製煮卵のせ、地場野菜のピクルス。

とくに、燻製煮卵の味含みがよく、上に載った柚子胡椒やふぐの子の糠漬けが加わると完全にお酒のアテのような。
 (128180)

冷や汁にはゴマときゅうり。
麹の粒々感が印象的で出汁感がかなり効いててしっかり味。
 (128181)

このドレッシングが美味しかった、甘酒ドレッシングサラダ。すりおろした玉ねぎと甘酒の甘みのバランスがいい。
 (128182)

徳島の自生茶を乳酸発酵させた阿波番茶。マイルドな発酵茶。

発酵食堂カモシカ への口コミ

 (128186)

ブルーベリーの甘酒アイスで〆。

一度にこれだけの発酵食品が食べられるのも他ではちょっとないランチ。次の日からの腸内環境抜群に整い、これも発酵食品効果かな、と。そんな効果を如実に体感できるランチ。京都では貴重なお店。

詳細情報

店名:発酵食堂カモシカ
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町17-1
電話番号:075-862-0106
営業時間:11:30〜17:00
定休日:日曜日・月曜日
お店HP:http://kamoshika.kyoto.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部