2019年9月30日 更新

【京都心霊スポット】知る人ぞ知る恐怖スポット!墓場に囲まれたレンガ造りの中に観音様?「厨子奥トンネル」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は山科区にある心霊スポットとの呼び声高いトンネル。昔の処刑場にも近く、周辺は墓場で囲まれた場所。

地名からもうかがえる恐怖スポット

 (161673)

山科区にある知る人ぞ知る心霊スポット。JR線沿いに西へ行くとこんなトンネルが。
 (165085)

トンネル南口周辺には墓地があります。
 (161676)

さらにこちらはトンネル北口。こちらも墓地。
夜ともなると、街灯も少なく薄暗い細いトンネル。じつはかつて私の友人が薄暗い時間帯にここを歩いていて、通り魔に襲われた場所でもあり、そういう悪い気を呼び寄せるような場所なのか、と。

 (161677)

こちらは北口になります。レンガ造りの古いたたずまいのトンネル。この上にはJRの電車が走ります。

ここから、旧東海道に合流する道が続くんですが、その先にはかつての処刑所である粟田口刑場跡があります。1,100年ほどの間に15,000人以上の罪人が処刑された場所。さらにその先の「蹴上(けあげ)」という地名も、処刑された罪人の首がゴロゴロと転がっていて、蹴り上げるほど無数にあったことからその名がついた、という話は有名。
 (161678)

中はこんなレンガ造りになっていて、今は消されてありませんが、かつてはトンネル中ほどに、誰が描いたのか不明ですが観音様の画もあり、とても不気味な場所でした。

 (161675)

さらにこの周辺の町名には、かつての名残りを表すのか、血洗町、ホッパラ町(処刑された罪人の遺体を掘って埋めた「堀原」に由来)もあり、立地としてもいわくつき。

車も通行できない、この細いトンネルもまた、恐怖心をさらに煽られる形状。夜はとくにお気を付けください。

厨子奥トンネル へのツイート

基本情報

名称:厨子奥トンネル
住所:京都市山科区御陵岡ノ西町

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers