2017年5月30日 更新

【京都山科】古墳ファン大コーフン!京都市内で一番古い天皇陵☆天智天皇山科陵「御廟野古墳(ごびょうのこふん)」

京都・山科にある京都では一番古い天皇陵。しかも、市内でも珍しい形状の古墳なんだとか。ぶらり散策に行ってきました。

 (81865)

山科・地下鉄御陵駅を東へ。
御陵(みささぎ)という地名もここからきているんでしょうね。大化の改新を主導した人物・中大兄皇子、のちの天智天皇山科御陵。
 (81864)

天智天皇が皇太子時代に日本で最初の水時計を作ったと言われていることから、入り口の左手にはこんな日時計モニュメント。
 (81866)

いろいろ宮内庁からの注意書きが
 (81867)

広大な敷地に、まっすぐに伸びた一本道。時折野鳥の鳴き声がしますが、とても静かな空間。
 (81869)

さらに進むと鬱蒼とした緑が広がります。
 (81870)

石畳の道をさらに。ようやく門が見えてきます。ここまでずっと一本道が続きます。

古墳の中でも珍しい八角墳

 (81871)

ようやく、開けた空間に。
 (81872)

こちらが天智天皇山科稜。
他府県の友人から、京都の天皇陵の数の多さに驚き!と言われ、地元民としては特に客観視することがなく、別段不思議にも思わなかったんですが、どうも日本一天皇陵の数は多いみたいですね。宮内庁の天皇陵一覧から数えてみると。
 (81873)

市内の天皇陵の中でも、この天智天皇陵が一番古く、さらに珍しい八角形の古墳なんだそうです。これ。森林で覆われて、上空からみてもちょっとわからないんですが、最近の調査で上円下方だと思われていたものが、八角形だったんだとか。

特に山科にゆかりのないと思われる天智天皇が、なぜこの地に御陵を作ったのかは、諸説あるようです。暗殺されてその場所がここだったとか、山科で狩りをするのが気に入ってたとか。
 (81874)

一本道以外のスペースは、ほぼ原生林のような雰囲気で多少一人でここに来るのも不安を覚えるんですが(笑)
 (81875)

これも、八角墳の名残なのか、緩やかに丘陵になっています。ただの天皇陵だと思ってたら、そんな珍しい形状の古墳だったことに驚き。ちょっと京都の古墳事情を調べてみたくなりました(笑)

天智天皇山科陵 御廟野古墳 へのツイート

詳細情報

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都古墳めぐり】地下鉄駅スグの住宅街に突如あらわれる古墳!石室必見☆「天塚古墳」

【京都古墳めぐり】地下鉄駅スグの住宅街に突如あらわれる古墳!石室必見☆「天塚古墳」

地下鉄・太秦天神川駅から徒歩10分以内の住宅街に突如あらわれる古墳。一見、小高い小さな丘にも見え、古墳には稲荷の祠を祀り、参拝コースも設けられ、横穴式の石室も。
【京都古墳めぐり】古代ロマン!京都府最大級!!総計150基もある古墳群をぶらり☆「久津川古墳群」

【京都古墳めぐり】古代ロマン!京都府最大級!!総計150基もある古墳群をぶらり☆「久津川古墳群」

京都府城陽市にある古墳群。一部が国の史跡にも指定され、京都府内では最大級の古墳群。大小さまざま数えると約150基もの古墳を有する。
【京都珍名スポット】珍しい町名にも残る!大学敷地内にある牛若丸伝説の石!!「義経の腰掛石」【山科】

【京都珍名スポット】珍しい町名にも残る!大学敷地内にある牛若丸伝説の石!!「義経の腰掛石」【山科】

京都薬科大学内のグランド敷地内にある、源義経(牛若丸)にまつわる伝説の石。その伝説からこのあたりの町名にもその名が残る珍スポット。調査に行ってきました。
【京都ぶらり散策】囲碁好きの聖地!囲碁の三大タイトル戦『本因坊』の発祥地【寺町】

【京都ぶらり散策】囲碁好きの聖地!囲碁の三大タイトル戦『本因坊』の発祥地【寺町】

寺町通二条上がった辺り。ちょうど老舗茶舗・一保堂のあたりにあるモニュメント。囲碁好きの人には聖地的場所。囲碁の三大タイトル戦名『本因坊』もここから来てるんだとか。
京都市内に唯一残る道標!江戸時代の交通を支えた遺構「大宅一里塚」【京都山科】

京都市内に唯一残る道標!江戸時代の交通を支えた遺構「大宅一里塚」【京都山科】

江戸時代、奈良街道(京街道)、東海道57次の道標として交通を支えた遺構。京都市内では現在ここにしか残っておらず貴重。京都市指定・登録文化財でもあり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers