2017年12月3日 更新

京都の街を見下ろす眺望抜群のカフェバー!名物のステーキも美味い!「Sunny(サニー)」

三条大橋のたもと、眺望抜群のカフェ「Sunny (サニー)」。立地や景色もいいのですが、自慢のグリル料理も美味しく使いやすいお店です。

眺望抜群のカフェバー

 (106605)

京都市内は高いビルを建てることができないので、いわゆる「夜景を楽しみながら食事やお酒」ができるお店って他府県に比べてかなり少ないんですよね。。
とはいっても少ないながらも眺望抜群のお店はあります。今回は三条にありながら、京都の街を一望できるカフェバー「Sunny (サニー)」をご紹介します。三条大橋のたもと、タカセビルの最上階9階にあります。
 (106604)

エレベーターで9階まで上がると、すぐ目の前に店内のカウンターとその奥には見晴らしのいい景色が広がります。
店舗の入り口はなく、すぐ店内です。
 (106599)

まず店内に入って驚くのが180度以上広がるその見晴らしの良さ。
南区から、東山、左京区あたりをぐるっと見渡すことができて圧巻の景色です。
 (106602)

こちらは三条駅方面。眼下には鴨川が見えます。
 (106601)

店内は広々として、打ちっぱなしコンクリートの壁がスタイリッシュで、DJブースもあり。
席間もゆったり取られており、シートアレンジも多様。デートから食事会、大きめのパーティーなど使い勝手も良さそうです。

グリルが名物!料理も美味い!

 (106612)

今回はランチを頂きます。
チーズハンバーグ、白ワイン煮込み、チキンカレー、名物のステーキセットになっています。
すべてのセットにサラダかパン or ごはん、ドリンクがついてきます。
 (106613)

ステーキは、リブロースかサーロインどちらか選ぶことができます。
またステーキソースは3種類から選ぶことができます。
 (106609)

まずはスープとサラダ。
数種類の野菜を使ったサラダには、粉チーズもかかっていてドレッシングも美味しかったです。
この後、ご飯も運ばれてきました。パンも選べます。
 (106606)

やっぱり名物を頼まないというわけで、リブロースステーキランチセット(1500円)を。
ソースは、照り焼き、オニオンソースと大根おろし、ハーブバターとレモンから選べますが、今回はあっさりとオニオンソースと大根おろしに、
マッシュポテトが添えられており、オニオンソースは別添えになっていました。
 (106610)

オニオンソースをたっぷりとかけて頂きます。
玉ねぎの甘味と大根おろしの辛味がいいアクセントになります。
 (106615)

レア気味の火入れで、リブロースならではの濃厚な肉の旨味と脂の甘味がたまりません。
あっさりとしたソースとも相性バツグン。
立地やこの景色、クオリティを考えるとなかなかのコストパフォーマンスだと思います。
 (106611)

食後にコーヒーを頂き、最高の景色を眺めながらまったりと。
珈琲だけはなく、紅茶も選ぶことができます。
 (106617)

夜もまた雰囲気がよく人気のSunny (サニー)ですが、お昼は割とゆったりとした雰囲気で落ち着いてランチやカフェを楽しむことができます。
立地や景色だけではなく、お料理のレベルも高く満足度の高いカフェバー、デートにもオススメです。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都のまったりカフェ|革製品×コーヒー★緑豊かな眺望「カワコーヒー」【御所周辺】

京都のまったりカフェ|革製品×コーヒー★緑豊かな眺望「カワコーヒー」【御所周辺】

御所前、丸太町通りに位置する革製品と本格派コーヒーが頂ける喫茶店。2階のお席はすがすがしい緑の景色でいっぱいです。
【京都人気ブックカフェ】自家製パンと癒しのアンテーク空間*カフェ コチ(cafe kochi)【市役所前】

【京都人気ブックカフェ】自家製パンと癒しのアンテーク空間*カフェ コチ(cafe kochi)【市役所前】

安定した人気を誇るブックカフェの代名詞的カフェ。自家製パンを使った魅力的なパンメニュー、本と珈琲。 寛ぎの全てを持ち合わせた安らぎのブックカフェ。
テリヤキソースや洋食弁当 発祥の洋食店!眺望も最高!100年続く老舗「欧風料理 開陽亭(かいようてい)」

テリヤキソースや洋食弁当 発祥の洋食店!眺望も最高!100年続く老舗「欧風料理 開陽亭(かいようてい)」

先斗町にある老舗洋食店「欧風料理 開陽亭」をご紹介します。テリヤキソースや洋食弁当を考案した伝統ある、京都では欠かすことのできないお店です。
四条 京都の町屋カフェ代表 「さらさ 花遊小路」へ行ってきた!【夜カフェ】

四条 京都の町屋カフェ代表 「さらさ 花遊小路」へ行ってきた!【夜カフェ】

京都の町屋カフェ代表といえば、こちらの「さらさ」ではないでしょうか!1984 年にオープンし、24 年間営業されてきた富小路三条の店舗から花遊小路へお引っ越し、変わらぬ人気ぶりでいつ行ってもいっぱい!
京都|まさに繁華街のエアポケット☆caffe lucca(カフェルッカ)《新京極》

京都|まさに繁華街のエアポケット☆caffe lucca(カフェルッカ)《新京極》

新京極のど真ん中にありながら、スロウな時間が流れるカフェ。タイトさが心地よい、街中のエアポケット。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし