2018年3月28日 更新

【2018京都桜情報】桜並木はすでに満開!飲食ついでに街中で楽しめる夜桜スポット☆「高瀬川」

2018年直近の京都桜情報(3月27日時点)。飲食店が立ち並び、夜は一際活況の木屋町通り沿いに流れる高瀬川。歴史ある風情ただよう川沿いの桜並木はすでに満開。

歴史深い風情ただよう江戸時代の水運の要・高瀬川の桜

 (119404)

【注意】これは高瀬川ではありません(笑)

もちろん、鴨川です。黄昏時、鴨川名物の等間隔カップルを横目に。川べりで過ごすにもいい季節になりました。コンパらしい集団も。別れと出会いのドラマがここにあるんでしょうね。
 (119405)

鴨川、三条大橋から一路木屋町通りへ。高瀬川沿い。
 (119406)

すでに満開です。道行く人は皆スマホで撮影会。こんな繁華街で身近に観桜できる並木も、もしかしたら高瀬川沿いくらいかもしれません。他の河川はもっと幅広だったり、わざわざそのために行く感じだったり。
 (119407)

高瀬川に関しては夜呑みのついでに通って観桜できるというのがいいですね(笑)
中には川沿い立地で夜桜を眺めながら飲食できるレストランももちろんあります。そういう意味で観桜するにはとてもいいロケーション。

こちらは元立誠小学校前。廃校ですが、桜効果で卒業式や入学式をも思わせる光景。
 (119409)

で、帰り道。すでに夜の帳が下りて、完全に夜桜モード。
 (119410)

元立誠小学校もまだ明るい時間帯とは全くちがう様相。ちょっと心霊スポット的な(笑)
 (119411)

さらにさらにさかのぼります。
 (119412)

三条通をさらに上がる。
対岸にはイタリアンのお店があり、夜桜を眺めつつワインと料理が楽しめます。
 (119414)

そこから御池通りを越えてさらに北へ。この辺りまで来るとわりと人も少な目です。
 (119415)

桜ばかりに注目が集まりますが、桜並木の反対側の道沿いにはモクレンの並木。こちらも絶賛開花中。花が大きい分見応えがあります。
 (119416)

高瀬川は江戸時代に京都の豪商・角倉了以(すみのくらりょうい)が私財を投げ打って開いた運河。物流の要だったわけですが、その船着場だった一之船入周辺。当時の様子を再現した高瀬舟が浮かび、ちょうど桜をバックに春らしい風景に。

ここまで来るとわりと人も閑散としていて、ご近所の方なのか、川沿いにレジャー用折り畳み椅子、酒&つまみ持参でひっそりめに宴会するグループも(笑)。穴場的夜桜スポットとも言えますね。今週ピークです!

ヨ~イヤサ~♪

高瀬川 への口コミ

詳細情報

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな