2018年1月13日 更新

【京都カレーうどん紀行】銀閣寺スグの有名店!底冷えの京都で熱々ハフハフと☆京カレーうどん「お多やん」

なんだよ、その【京都カレーうどん紀行】て。とツッコミ入りそうですが(笑)底冷えの京都で食べたくなる温かいメニューといえば、あんかけ系うどん。さらにあんかけ系の一派であるカレーうどん。京都では冬のあんかけうどんニーズ集中することもあり、意外とカレーうどんの美味しいお店もいろいろあり。そんなお店をめぐるシリーズ。

銀閣寺道前の人気の京カレーうどん店

 (111148)

この日は極寒の中チャリで取材。
当初ランチを食べようと考えてたお店はまだまだ先にありましたが、あまりの寒さと空腹に耐えきれず、ちょうど目に留まったこちらへ。
 (111151)

そんなに古いお店でもないみたいです。2013年オープン。
 (111163)

とにかく、この看板にそそられたというか。一番人気のカレー鳥とじうどん。これが入店の決め手というか(笑)
 (111150)

雑誌にもたくさん掲載されてるみたいですね。期待値大。
 (111152)

まだ12時前だったんで比較的空いてました、この後外国人観光客やサラリーマン風の方も来店。カウンター席とボックス席で40席ほど。掘りごたつの席もあるようです。
 (111159)

もう一度メニューチェック。
いや、カレーうどんバリエーション多すぎてここで迷いが(笑)でも、最初に決めてたカレー鳥とじうどん830円を注文。

ランチメニューとして、好きなうどんプラス250円で鶏天、ご飯またはいなり寿司というセットも。
 (111160)

つけ麺タイプもあるんですね。
 (111161)

夜メニュー。これちょっと斬新かも。カレーとおでんのコラボ。合いそうです。お酒もすすみそうだし。あと、京カレー鍋かぁ。普段ありきたりな鍋ばかり食べてるんで、興味津々。
 (111162)

グルメの重鎮たちもオススメらしいです。味に間違いないんでしょう(笑)
 (111153)

そして、ほどなくしてカレー鳥とじうどん。
鳥肉の入ったカレーうどんはなんとなく他でもありそうですが、さらに玉子でとじてあるってかなり魅惑的。
 (111154)

あんかけ出汁のとろみもわりと濃いめで私好み。冬場は特にその方がうれしい。まずは出汁を一口。ちょっと甘味の効いた、スパイシーなカレー風味もよく効いた出汁。

なんでも、こちらのカレーうどんはご主人が修行されてた京都•下鴨の老舗うどん店「しみず」の味を受け継ぐ味。そのしみずも少し甘口の出汁だったんだとか。
 (111155)

麺は少し細めの京うどん。やわらかくてもちもちしてて。ドロンとカレー出汁がまとわりついて、熱々をハフハフしながらすする。玉子でとじてあるので、甘味に加えてマイルドさも。
 (111156)

鳥はやわらかく仕上げるためにスライスしてふんだんに。九条ネギがいいですね。この冬の時期のドロッとしたネギ。ちょうど九条ネギが今割高なんで、うれしいたっぷりかげん(笑)
 (111157)

最後、まどろっこしいレンゲを放置して丼鉢ごとずるずると出汁をすすって、完食完汁ゴチ。
食べ終わった頃には、汗ばむくらいの常夏パラダイス!!いや、ホンマに(笑)
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都駅界隈】自家製京風細うどんが人気の有名店!たぬきうどんバリエーション注目☆「大阪屋」

【京都駅界隈】自家製京風細うどんが人気の有名店!たぬきうどんバリエーション注目☆「大阪屋」

堀川七条沿いにある、わりと古いうどん屋さん。創業80年で、うどん店としては60年とわりと古いお店。名物京風細うどんが自慢。そして、たぬきうどんのバリエーションが豊富。久々に行ってきました。
【京都大衆食堂めぐり】創業明治のレトロな哀愁漂う名物食堂でポッカポカの粕汁うどん!関西人大歓喜☆生そば「常盤」

【京都大衆食堂めぐり】創業明治のレトロな哀愁漂う名物食堂でポッカポカの粕汁うどん!関西人大歓喜☆生そば「常盤」

昔からある三条、寺町商店街の大衆食堂。創業はなななんと明治11年。見るからにレトロな雰囲気漂うお店で、うどんそばを始め、定食類もあり、しかもどれも割安で庶民派。そんなお店で冬にうれしい粕汁うどんを食べてきました。
【京都大学スグ】底冷えの京都で熱々あんかけ湯葉丼!昔から関西エリアにある餅系食堂☆「大力餅」

【京都大学スグ】底冷えの京都で熱々あんかけ湯葉丼!昔から関西エリアにある餅系食堂☆「大力餅」

百万遍、京都大学近くにある、昔からある昭和風情のうどんそば一式の大衆食堂。たまたま前を通りかかってメニュー見るとあんかけ湯葉丼が。寒い日だったんですかさず入店。
そこは映画のワンシーン、微睡みのナチュラルカフェ 「スイス コーヒー アンド プランツ (SWISS coffee and plants)」【鹿ケ谷】

そこは映画のワンシーン、微睡みのナチュラルカフェ 「スイス コーヒー アンド プランツ (SWISS coffee and plants)」【鹿ケ谷】

川のせせらぎとフレンチレトロな和みが融合。植物の優しい雰囲気ついつい時間がらたつのを忘れてしまう禁断のリラックスカフェ。
下鴨の名店の流れを汲むカレーうどん!「うどん わだ」移転オープン@一乗寺の巻っす

下鴨の名店の流れを汲むカレーうどん!「うどん わだ」移転オープン@一乗寺の巻っす

下鴨の名店「しみず」の流れを汲むカレーうどんとして有名な「うどん わだ」、田中の方から一乗寺に移転しましたので早速いってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな