2016年8月14日 更新

お盆が旬!京都市内の穴場的ぶどうの名産地!!行列ができるほどの美味しさ☆「竹村農園」【山科勧修寺】

毎年このお盆の時期、ぶどうのシーズン。そして、絶品のぶどうが京都市内の直売所で手に入るとあれば、皆大フィーバー。連日行列をつくるぶどう農園をご紹介します。

連日、謎の行列

 (49915)

山科区、勧修寺界隈を車で走っていると突如現れる行列。しかも連日。
 (49765)

この勧修寺界隈、じつは市内屈指のぶどうの名産地。ちょうどこの時期収穫を迎え、贈答用やお盆の法事のお供え、自宅用に買い求める人で大賑わい。

このエリアには他にも何軒かぶどう農園あり、この辺一帯この時期はぶどうの直売で盛り上がりをみせます。そして、私も親戚への手土産として買ってみることに。
 (49916)

もうバブル状態のように大盛況。お店の人も対応にてんやわんや。
 (49768)

裏ではこんなふうに収穫したてのぶどうを手作業で包装、梱包。こちらもフル稼働。

品出しが追いつかないくらい飛ぶように売れ売れ

 (49770)

ご近所の方も多いのか、自宅用も次々と売れていき品薄状態(笑)
昼くらいに完売になってることもあるそう。
 (49771)

思ったより安め。房にはたっぷりと実がついてます。
 (49769)

いろいろこの時期ある品種をミックスしたり、贈答用の箱に入れて。
 (49772)

ちょうど直売所の裏手にぶどうの木が。意外なかんじもしますが、このあたりの傾斜を利用したぶどう園が広がり、市内でもかなり良質なぶどうが食べられます。穴場的名産地。
 (49794)

そして、一番人気のピオーネを買ってみました。かなり大粒で立派。一房1,000円程度。
 (49795)

ホントに大粒。で、旬のぶどう食べてみることに。
 (49796)

キレイな翡翠色。そして、とれたての美味しさなんですかね。甘い!そして果汁濃厚!!
これは立派なデザート。ケーキやらそんな加工品に負けない極上の美味しさ。地元ぶどうこんなの美味しいのか、と誇らしくもあり。列ぶ価値あり。シーズン終了が迫ってきてます。お早めに~

ヨ~イヤサ~♪

竹村農園 への口コミ

竹村農園 基本情報

住所:京都府京都市山科区勧修寺御所内町129
電話番号:(075)571-8943
関連サイト:https://www.facebook.com/竹村農園-1711922549085064/about/?entry_point=page_nav_about_item&tab=page_info
http://www.eonet.ne.jp/~farmt/cover.htm

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都お寺めぐり】『そうだ京都行こう』CMで一躍メジャースポットに!睡蓮満開まさに見頃☆「勧修寺」

【京都お寺めぐり】『そうだ京都行こう』CMで一躍メジャースポットに!睡蓮満開まさに見頃☆「勧修寺」

山科にあるお寺。これまでわりと穴場だったのが、今年JR東海『そうだ京都行こう』のCMで桜の名所として一躍有名に。そして、現在は花菖蒲や睡蓮が見頃。行ってきました。
【まとめ】京都オススメの知る人ぞ知る激渋喫茶店!地元民御用達のレトロ和み空間【厳選9店】

【まとめ】京都オススメの知る人ぞ知る激渋喫茶店!地元民御用達のレトロ和み空間【厳選9店】

おおきに~豆はなどす☆今回は地元民御用達の知る人ぞ知る激渋喫茶店を集めました。気取らない地元民御用達の古めかしい雰囲気が和む空間。
【京都和菓子めぐり】知る人ぞ知る幻の絶品わらび餅名店!プルンプルンの薄皮が醍醐味☆「喜仙堂(きせんどう)」

【京都和菓子めぐり】知る人ぞ知る幻の絶品わらび餅名店!プルンプルンの薄皮が醍醐味☆「喜仙堂(きせんどう)」

おおきに~豆はなどす☆今回は山科区の住宅街にある、知る人ぞ知るわらび餅の名店。ちょうど季節菓子として買ってみました。
【京都墓所めぐり】立ったまま埋葬された伝説の武将!人気観光スポット・清水寺も創建「坂上田村麻呂の墓(将軍塚)」

【京都墓所めぐり】立ったまま埋葬された伝説の武将!人気観光スポット・清水寺も創建「坂上田村麻呂の墓(将軍塚)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は山科区にある平安時代の伝説の武将の墓所。公園も併設され、その偉業をたたえる墓所。
【2019京都桜情報】桜スポットとしても知名度急上昇!JR東海CMにも登場☆「勧修寺」

【2019京都桜情報】桜スポットとしても知名度急上昇!JR東海CMにも登場☆「勧修寺」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は山科区にある穴場的桜スポット。昨年春のJR東海CM『そうだ京都、行こう。』で一躍有名になったお寺。4月11日時点の様子。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな