2019年3月24日 更新

【2019京都桜情報】一部早咲き!洛東の名所をパトロール☆南禅寺~蹴上インクライン~哲学の道

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は2019年3月24日時点の桜の様子をパトロール。主に洛東の有名スポットをめぐってきました。

一部早咲きの三門前の桜「南禅寺」

 (148140)

 (148139)

早朝の南禅寺三門。
歌舞伎狂言「桜門五三桐」で、大盗賊石川五右衛門が満開の桜を眺めながらの放った「絶景かな絶景かな~」の名台詞でも知られる、京都三大門の一つ。

そんな三門脇の早咲き桜がこちら。三分咲きといったところでしょうか。他、ソメイヨシノはまだの様子。八重桜も法堂南側にありますが、南禅寺では一番遅い開花。
 (148138)

 (148137)

最近水路閣周辺ではサルが出没するみたいですね。要注意です。

満開になると桜のトンネルを楽しめる「蹴上インクライン」

 (148141)

 (148143)

 (148142)

ブラタモリでもおなじみ。桜並木が続く蹴上インクライン。現存する日本最古の線路で実際触って身近に感じることができる博物館的スポットでもあり。満開時には桜のトンネルを形成し、多くの観光客が線路上を歩く光景がお馴染みですが、まだつぼみ状態。

そぞろ歩きが楽しい桜並木「哲学の道」

 (148144)

 (148145)

琵琶湖疏水分線に沿った遊歩道で、多くの作家、文人に愛される憩いのスポット「哲学の道」。こちらも桜並木が続き、春には多くの見物客でにぎわう場所。つぼみもかなり膨らんではいますが、まだ開花には至らない状態。
 (148146)

そんな中でも黄色い花が一際目立つミツマタ。こちらは絶賛開花中。


今回散策したスポットはいづれもソメイヨシノ中心の桜スポット。なので、もう少し開花は先の様子。また随時開花状況をレポートする予定です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers