2023年1月10日 更新

京都の朝食を満喫!行列もできる、朝ごはんの人気店から穴場まで厳選8店【まとめ】

朝早くから名所を回る観光客が多いためか、朝から手の込んだ食事を出されるお食事処も多い京都。今回は、その中でも特にオススメの8店をご紹介します。

京都散策の始めは、美味しい朝ごはんを食べるところから!

 (127818)

宿泊先の朝ごはんももちろん美味しいですが、特別な京ご飯を食べたいならココ!という7店です。朝から予約必須の店もありますが、その分、満足度の高い、特別な1日を味わえます。

土鍋ご飯と旬の食材を使ったおばんざい「旬菜いまり」

 (127368)

地下鉄烏丸御池から徒歩5分ほど、土鍋ごはんを中心とした美味しい朝食が頂けると評判の「旬菜いまり」。
7時半~10時までの限定で「京の朝ごはん(1500円)」がいただけます。予約時間にあわせて土鍋ごはんを炊くため要予約。

土鍋ごはんをメインに、京風だしまき、おばんざい、鮭の西京焼き、サラダ、味噌汁、自家製ぬか漬け、自家製のこんぶつ佃煮とかつおふりかけといった構成になっています。おばんざいは、日によって変わります。
 (127370)

土鍋のフタをあけると湯気が広がり、ふっくらと炊き上げられたごはんの白さが眩しい!土鍋ごはんならでは、お米の甘味を十分に感じることがでます。
 (127372)

京町屋をリノベーションしたシックで落ち着いたお店です。夜のお食事もとても魅力的で、豊富なお酒とおばんざいが揃っています。
時間があるなら、夜・朝と通うのもオススメ。

店名:旬菜 いまり
住所:京都市中京区西六角町108
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/2wT3S

東山の穴場 ”ちりめんカフェ” で限定お茶漬け膳「カフェレストランやよい」

 (127374)

ちりめん山椒で有名な東山にある「やよい」、実は店舗の奥にカフェがありちりめんパスタ、スイーツなどが頂けます。今回は限定のお茶漬けご膳をご紹介。
土鍋ご飯、汁もの、おばんざい、おじゃこと佃煮の盛り合わせ、玄米茶、デザートがセットになった充実した内容です。
平日は10食、土日祝は20食の限定メニューなので、売切れ必至。
 (127375)

土鍋で炊いたふっくらつやつやのご飯に、自慢のちりめん山椒をのせていただきます。もうこれだけで大満足の逸品。
おばんざいは、ほんのりとお出汁が効いた上品な味付け。
 (127377)

店舗は観光地 東山にあり、八坂神社の南楼門から50メートルほどという好立地。
営業時間は10時からなので、八坂神社や高台寺、清水寺などを観光してから朝食を食べるのもオススメです。

店名:やよいのカフェ
住所:京都市東山区祇園下河原清井町481
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/Kj8XX

名店・草喰なかひがし流の京都の朝食「喜心(きしん)」

 (144713)

あの京料理の名店・草喰なかひがしの三男さんが朝食のお店をオープン。ながひがし流の京都の朝食がいただけると話題。
場所は、祇園・花見小路から、あの九条ねぎうどんで行列のできる萬屋のある通りの並び。建仁寺のすぐ近く。花とうろホテル祇園、その1階部分に。
 (144714)

草喰なかひがしの定番・おくどさんご飯方式をこちらでも。
なかひがしのような「煮え花(にえばな)」よりもさらに少し加熱が進んだ頃合い。
 (144715)

一飯一汁の朝食の全体像としてはこんなかんじで。
おなじみのうるめいわしの丸干しや、日替わりの汁物なども。

日本の上質なものを集めてこしらえられた朝ごはん。源流となる草喰なかひがしの血はたしかに脈々と流れてましたよ。

店名:喜心(きしん)
住所:京都市東山区小松町555 花とうろホテル祗園1階
電話番号:075-525-8500
営業時間:7:30~14:00
定休日:木曜日

京の台所・錦市場のお惣菜店の彩り朝食「錦平野」

 (127383)

観光客にも人気スポットの京の台所・錦市場商店街。こちらにある「錦平野」で、自慢のお惣菜と絶品の出汁巻玉子付のリーズナブルな朝ごはんをいただきます。
メインは魚と鶏肉の2種類から選べます。8種類のお惣菜とご飯、味噌汁、それと出汁巻玉子、味付け海苔がついて780円!
 (127385)

8種のおまかせ惣菜は、煮物あり、酢の物あり、揚げ浸しあり、しば漬けありとバリエーション豊か。
そして、出汁巻玉子はひとつひとつを職人さんが丁寧に焼いたものです。具材の種類がちがう玉子焼きを5本同時進行で一気に焼きあげる職人芸は、店先でも見られます。
 (127386)

昼間は観光客がいっぱいで歩くのも困難な錦市場ですが、朝食の時間帯は営業してるお店も少なく、もちろん観光客も少ないので穴場です。
朝食を始めてまだ1年足らずと、知らない人も多い「錦平野」の朝食。ゆっくりいただけるのは、今がチャンスかも!?

店名:錦平野
住所:京都市中京区錦堺町東入
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/fAoBA

朝から発酵食品を食べて元気に!「Haccomachi」

 (234782)

西京漬の老舗「京都一の傳」が手掛ける、発酵をコンセプトにしたカフェ『Haccomachi (ハッコマチ)』
以前は三条柳馬場に店舗を構えていたのですが、2022年11月、錦市場近くの錦小路柳馬場に移転リニューアル。
モーニングから夕方のカフェタイムまでの営業です。
 (234783)

モーニングとランチ限定の「Haccomachi特製 発酵ごぜん 1820円(税込)」が、定番メニューです。
ほんと品数も多く、色鮮やかで食欲をそそられますし、頂く前から人気なのもわかります。
まるで八寸のような華やかさ。それぞれのお料理に趣向をこらされていて、見るからに美味しそう。一品ずつ丁寧に盛り付けてられている上に、しっかりとボリュームもあるところがうれしいですね。
 (234784)

移転リニューアルしパワーアップした「Haccomachi」。混みあうことも多いので、事前に予約されることをおすすめします。

意外と日常にあふれる発酵食品を手軽に美味しくl発酵に興味ある人もない人にも、おすすめしたいお店です。

店名:Haccomachi
住所:京都市中京区十文字町458-1
電話番号:075-256-8883
定休日:水曜日(祝日の場合、翌木曜日)
営業時間:8:00~10:00 、11:00~17:00 

朝食 8:00-10:00(L.O.9:15)
ランチ 11:00-15:00(L.O.14:15)
カフェ 15:00-17:00(L.O.16:15)
テイクアウト 11:00-16:30

公式:https://haccomachi.jp/

好評の "一汁三菜" モーニング「Sentido(センティード)」

 (127392)

スペシャリティーのコーヒーが飲めるカフェとして人気の「Sentido(センティード)」。モーニングは7:30(土曜日は8:00)からで6種類用意されています。1種類のみ和食になっていて、その名も「一汁三菜」。ザ・日本の朝食。
名前通りの内容で具だくさんのみそ汁に、だし巻き・小松菜のおかか和え・温奴のおかずに、ちりめん山椒が乗ったごはんが付きます。
 (127393)

それぞれ少しずつでがっつり派には物足りないかもしれませんが、軽く食べたい時にちょうどいいです。
もちろんドリンクもセットで、コーヒーやエスプレッソ、プラス料金で紅茶やカプチーノにすることもできます。カプチーノはラテアートも。
 (127394)

町家や旅館で食べる和食もいいですが、カフェで和食もほっとする何とも味わい深いもの。ちりめん山椒や佃煮はスタッフの手作りで、おもてなしの心が伝わる朝ごはんです。

店名:「Sentido(センティード)」
住所:京都市中京区笹屋町445 日宝烏丸ビル1F
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/ewzEI

京都老舗料亭・和久傳の味をビュッフェスタイルで気軽に!「丹 tan」

 (127396)

京都有名老舗料理店和久傳の味を楽しめる和食処「丹 tan」。カジュアルに友人の家で楽しむような食事がコンセプトです。朝食は、各々で取り分けるビュッフェスタイル。
自慢のおばんざいや温野菜がたくさん並んでいます。
卓上には温野菜の味付け用に、もろみ味噌、オリーブオイル、塩、醤油などが。
 (127397)

ご飯は、土鍋で炊いたホッカホカ!TKG用の新鮮な卵もちゃんと用意してあります!
他、土鍋に入った茶わん蒸しや具を自由に選べる粕汁など、朝食にしておくにはもったいない程のバラエティ豊かな和食が楽しめます。
 (127398)

食後は、コーヒーが楽しめる2階へ上がります。
場所は、東山三条下がる、柳の並木が絵になる白川沿い。この立地も、朝食後に観光へ繰り出すにはちょうどいいですね。

店名:丹 tan
住所:京都府京都市東山区東山区五軒町(三条通)106−13
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/p9r4n

老舗おばんざい店が手掛けるお粥専門店「富小路粥店」

 (234785)

河原町からもほど近い四条富小路に佇む、少し珍しいお粥専門店の「富小路粥店」
老舗のおばんざい・居酒屋さんのめなみが手掛けるとだけあって、オープン当初から、その味は評判に。
 (234786)

朝7時から限定数で提供される、中華とり粥が人気。
中華とり粥、小皿、薬味3種、ほうじ茶がセットにんって、なんと550円(税込)
 (234787)

滋味深い味付け、朝からポカポカと身体の芯から温めるお粥は、朝からほっこりすること間違いなし。
ありそうでなかった朝食かもしれませんね。

立地もいいので、京都観光の朝食としても重宝しますね。おすすめです。
いかがでしたか?朝からどこで食べようか迷ってしまう名店の数々。その日の予定に合わせて、朝ごはんも楽しんでください。
36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

キョウトピ編集部 キョウトピ編集部