2016年9月25日 更新

【お土産】日本唯一の金平糖専門店!創業1847年一子相伝のワザ!!季節の味覚も目白押し☆「緑寿庵清水」【京都百万遍】

今まで取り上げてこなかったのか!てくらい京都のド定番店。歴史教科書にも登場する織田信長献上品菓子で、ポルトガル伝来のお菓子・金平糖の日本でただ1軒の専門店。

創業1847年から百万遍の地に脈々と

 (56095)

百万遍。今出川通りから東大路通り一筋西の通りを南へ。この通りを北上すると、阿闍梨餅で有名な阿闍梨餅本舗。
創業1847年。この百万遍に地で五代に渡って脈々と金平糖をつくり続ける老舗。そして、日本ただ1つの金平糖専門店。

もう超有名すぎるお店。

織田信長の献上品菓子・金平糖

 (56097)

こちらは店内撮影禁止。なので、外観しか画像ありませんが(汗)

とにかく、日本で唯一の金平糖専門店と名乗るだけあって、種類豊富。
昔は無煙炭で火を起こし、一種類二ヶ月ほどかけて手づくりしていたんだとか。現在では砂糖に他の素材を加えると結晶しないというお菓子作りの常識をくつがえし、さらに短縮16~20日間で完成可能に。

その種類はなんと50種。職人が丹精込めて手づくりし、伝統と独自の製法を守り続けつつ、新商品開発に2年以上かけてきた成果の蓄積。驚きの素材もいろいろ。
 (56096)

今の季節限定品・焼栗。試食させていただきましたが、香ばしい栗の風味があの小さな一粒に詰まった驚きの逸品。この次の限定品はカボチャだそうです。ハロウィンシーズンも兼ねて、ということですかね。

新感覚!驚きの金平糖ワールド

 (56158)

ホンの一部ですが。生姜、肉桂、林檎、メロンなどいろんな色、味が。
 (56159)

そして、伏見のお酒を使ったもの。
 (56160)

さらには、究極の金平糖。フランス・貴腐ワインのシャトー・ヴァンブラン入りの金平糖。どんな味わいなんですしょうか。ドキドキ
 (56098)

そして、こちらは以前友人からもらった、コーヒーと紅茶の金平糖。それぞれ、風味強く、色もコーヒー、紅茶色の金平糖。

昔とほぼ変わらないあの独特の形状。で、色とりどり、味もいろいろで神秘的。まるで、ジュエリーのような。なんともロマンティックなお菓子。贈り物として最適。お試しあれ。

ヨ~イヤサ~♪

緑寿庵清水 への口コミ

緑寿庵清水 基本情報

住所:京都府京都市左京区吉田泉殿町38番地2
電話番号:075-771-0755
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜・第4火曜
関連サイト:http://www.konpeito.co.jp/
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】下鴨神社スグの朝から客が殺到する老舗!作りたてイートインも☆「阿闍梨餅本舗 満月」

【京都和菓子めぐり】下鴨神社スグの朝から客が殺到する老舗!作りたてイートインも☆「阿闍梨餅本舗 満月」

出町柳にある、百貨店でどこも取り扱う和菓子老舗。名物『阿闍梨餅』は朝の開店と同時に客が絶え間なく買い求める人気菓子。本店ではイートインスペースもあり、作りたての温かい阿闍梨餅をいただける。
愛されて半世紀!京大近くのリラックス喫茶店*アルペン【百万遍】

愛されて半世紀!京大近くのリラックス喫茶店*アルペン【百万遍】

京大近くの一見硬派な珈琲専門店。インテリな空気感と拘りの香り高いコーヒーは質素ながらも、京都カルチェ・ラタンの香りがいっぱいです。高齢者にも優しいお店としても登録されています。
【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

縄文土器調は私の勝手な印象(笑)独特のビジュアルの和菓子。え!和菓子カテゴリーでいいの?と一瞬躊躇するほど。奈良時代から伝わり、1100年前から変わらないデザインの唐菓子(からくだもの)と呼ばれる独特の和菓子。
【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。
【京都和菓子めぐり】怪談にも登場する魔界エリアの幽霊も買い求めた飴!創業450年の日本最古の飴屋「みなとや幽霊子育飴本舗」

【京都和菓子めぐり】怪談にも登場する魔界エリアの幽霊も買い求めた飴!創業450年の日本最古の飴屋「みなとや幽霊子育飴本舗」

京都魔界スポットとしても知られる六波羅蜜寺、六道珍皇寺にもほど近い場所にある、創業450年以上の超老舗の飴屋さん。京都の怪談にも登場する幽霊子育飴。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな