2017年1月30日 更新

鶏を味わい尽くす濃厚でアッサリなラーメン!「鶏がら らーめん 門扇 木屋町店」

四条木屋町にある「鶏がら らーめん 門扇 木屋町店」です。夜から早朝まで美味しい鶏がららーめんを食べさせてくれるお店です。

夜の木屋町を支える人気ラーメン店

 (70481)

四条木屋町、深夜から朝まで営業している「鶏がら らーめん 門扇 木屋町店」です。この界隈で働く方や飲みに出られる方にはお馴染みのラーメン店ですね、〆ラーメンや遅めのご飯に最適です。

ちなみに祇園の花見会館と伏水酒蔵店にも店舗がありますよ。
 (70482)

L字のカウンター席とテーブル席が2卓。始発前の時間にお邪魔しましたが、結構お客さんがおられてビックリしました笑
 (70483)

大きくオススメは、鶏らーめん、つくねらーめん、野菜らーめんの3種類です。その他、担々麺や京都らしい酒粕らーめんもあります。

ごはんものも豊富でチキンカレー、そぼろ丼、たまごかけごはん(TKG)もあります。
 (70487)

卓上調味料はこんな感じです。
紅しょうがと生ニンニクが最高です~

鶏をあじわい尽くすラーメン!

 (70484)

ここはやっぱり定番の鶏らーめんを!せっかくなので鶏チャーシューをトッピングで追加で(計900円)に。

定番のチャーシューにネギに、千切り大根と人参という珍しい陣容です。
 (70485)

鶏チャーシュートッピングなので、お肉もたっぷりでうれしいですね。厚みもあり食べ応えあり!トロッと柔らかく、鶏へのこだわりをめっちゃ感じる仕上がりです。ぜひチャーシューを追加されるのをオススメします。
 (70488)

鶏がらを長時間煮込んだコラーゲンたっぷりの濃厚スープです。ここまで濃厚なスープを作るのは本当に大変なんですよね~。
スープを口に含んだ瞬間は濃厚ですが、喉を通る頃にはアッサリな喉越しに変化しています。
 (70486)

麺は中太麺で、濃厚なスープによく絡みます。また千切り大根と人参の食感がよく、よりあっさりと仕上げてくれていて、この組み合わせはいいですね~。

鶏の旨味を120%味わえるラーメンです。夕食か深夜の〆らーめん、なんなら朝食にもいけます。
夜営業のみですが、ある意味使い勝手もいいので、ぜひ寄ってみてください!

鶏がら らーめん 門扇 木屋町店 店舗情報

鶏がら らーめん 門扇 木屋町店 店舗情報

店名:鶏がら らーめん 門扇 木屋町店
住所:京都市中京区木屋町四条上ル二筋目西入ル 四条KGビル1F
電話番号:075-255-712
営業時間:19:00~7:00
定休日:無休
店舗HP: http://monsen-taisyo.com/tenpo/kiyamachi/kiyamachi_shop.html
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の深夜〆ご飯はココで決まり!早朝まで営業の高コスパ海鮮食堂「深夜めし 雑小屋」

京都の深夜〆ご飯はココで決まり!早朝まで営業の高コスパ海鮮食堂「深夜めし 雑小屋」

木屋町界隈での深夜の〆ご飯にオススメなのが「深夜めし 雑小屋」。人気の海鮮居酒屋雑魚やグループということもあり、そのコスパはお墨付きです!
京都 木屋町|超人気ホルモン千葉の系列店「Teppan JB」美味しいホルモン焼きと笑顔の店長

京都 木屋町|超人気ホルモン千葉の系列店「Teppan JB」美味しいホルモン焼きと笑顔の店長

木屋町エリアでホルモンと言えば千葉が有名ですが、その系列店「Teppan JB」。美味しいホルモン焼きはもちろんのこと、店長がまた素敵なんです。
湯葉を使った京風ラーメン!京都木屋町で朝まで営業「麺屋かがり」

湯葉を使った京風ラーメン!京都木屋町で朝まで営業「麺屋かがり」

木屋町の路地裏にあるラーメン店「麺屋かがり」、京都らしく湯葉を使ったラーメンが評判、湯葉がまたスープによく合うんです。営業時間は21時~翌朝と〆や朝ラーメンにもオススメ。
京都・木屋町に貴重な深夜寿司店「にぎり五右衛門」がオープン!〆は鮨でキマリ!

京都・木屋町に貴重な深夜寿司店「にぎり五右衛門」がオープン!〆は鮨でキマリ!

木屋町、三条よりの場所に寿司屋さんがオープン!お店の名前は「にぎり五右衛門」、深夜まで営業時間している貴重なお店です。早速行ってきました。
【京都酒場めぐり】出汁に始まり出汁に終わる!人には教えたくない隠れ家名割烹☆「よこやまろうそく」

【京都酒場めぐり】出汁に始まり出汁に終わる!人には教えたくない隠れ家名割烹☆「よこやまろうそく」

四条西木屋町上がった、ディープな風情ただよう夜の飲食店が入居する雑居ビルの一角にある超隠れ家店。外観とは裏腹に銘酒と本気のアテがそろう驚きの割烹店。予約して行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン