2016年2月24日 更新

京都水族館へのおでかけで「BOSSCHE(ボッシェ)」のパンケーキも食べよ♪【スイーツ】

京都水族館前(大宮通り沿い)にある、赤い看板が目印の「梅小路カフェ BOSSCHE(ボッシェ)」をご存知でしょうか?

パンケーキやフレンチトースト、パスタなどがいただけるカフェがあるんですよ~!水族館を訪れたことがある方でも、意外と知らないのでは?ひそかに行列ができていることもありますよ。
 (17874)

4段重ねのパンケーキ!

 (17876)

・プレミアムパンケーキ(ドリンクセット1080円 写真はマンゴージュースです)

1枚ずつの厚みはそんなにありませんが、大きさの違うパンケーキが4枚重なっています。これはこれで食べやすくていいんですよ♪ 写真撮るためにぐずぐずしていたら、バターが溶けちゃいました(^_^;)あらら。 生クリームとアイスが添えられていて、シロップをかけていただきまーす♪

生地はしっとり系で、もっちり~。生地自体が割と甘いので、シロップをたくさんかけなくても美味しかったです(*^_^*)
 (17878)

季節期間限定メニューもあるので要チェック!

 (17880)

・春限定メニュー『さくらと苺のパンケーキ』甘酸っぱいイチゴと、ほのかに香る桜のハーモニー♪

春を感じられるとっても可愛い1品に仕上がってますね(*^_^*)あぁなんて素敵なビジュアル!
 (17882)

こちらは、現在試作中だという抹茶パンケーキです。

京都老舗の宇治抹茶が生地に練り込まれていて、きな粉や白玉トッピングも検討中だそうです~♪京都らしい一品ですね。



京都水族館や梅小路公園へお越しの際に、ぜひ食べに行ってみてくださいね♪

男性のみなさま。こういうスイーツ店にお出かけついでにさっと連れて行ってもらえると、かなり株あがりますよ~(^_-)-☆

梅小路カフェ BOSSCHE(ボッシェ)への口コミ

梅小路カフェ BOSSCHE(ボッシェ)基本情報

名称
梅小路カフェ BOSSCHE(ボッシェ)
住所
京都市下京区大宮通木津屋橋下る上中之町10 ドーリア七条大宮 1F
営業時間
11:00~18:00(L.O17:45)
定休日
なし
関連URL
https://www.facebook.com/umekoujicafe
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

安定した美味しさの京都を代表するベーカリー「志津屋」終日使えるベーカリーカフェ【梅小路】

安定した美味しさの京都を代表するベーカリー「志津屋」終日使えるベーカリーカフェ【梅小路】

言わずと知れた京都を代表するパン屋さん「志津屋」各店特色がありますが、終日お得なセットメニュー、肩肘張らないカジュアルラフな居心地は志津屋ならでは。モーニングセットはホッとするブレない美味しさです。
京都パフェ|300年続く老舗和菓子店の抹茶パフェ「笹屋伊織(ささやいおり)」【七条大宮】

京都パフェ|300年続く老舗和菓子店の抹茶パフェ「笹屋伊織(ささやいおり)」【七条大宮】

京都駅からほど近い七条大宮という立地にありながらしっとりくつろげる言わずと知れた老舗和菓子店「笹屋伊織(ささやいおり)」。カフェ限定のプレミアムパフェは悶絶級の美味しさです。
メディアでも話題!もっちりジューシー老舗の出色ハンバーグナポリタン『ブルボン』【七条新千本】

メディアでも話題!もっちりジューシー老舗の出色ハンバーグナポリタン『ブルボン』【七条新千本】

昨年冬関西の人気情報番組でテレビ画面を賑わせたのは記憶に新しい市場の老舗喫茶店。レトロフューチャーな店内で頂くハンバーグナポリタンは懐かしさと技あり、これぞ熟練の非凡なる絶品ナポリタン。
肉汁じわっ!さすが肉カフェ★モーニングは¥100でこのクオリティ★「NICK STOCK(ニックストック)京都リサーチパーク店」

肉汁じわっ!さすが肉カフェ★モーニングは¥100でこのクオリティ★「NICK STOCK(ニックストック)京都リサーチパーク店」

じわじわ店舗数をふやしている京都発祥の肉カフェ【NICK STOCK】朝から頂けるスタミナメニュー、100円でつけられるハンバーガーのクオリティーに脱帽です。
ライトアップ「京都・冬の光宴2018 ~星屑のアクセサリー~」が2月14日まで梅小路公園で開催中☆【最先端星人の京都探索】

ライトアップ「京都・冬の光宴2018 ~星屑のアクセサリー~」が2月14日まで梅小路公園で開催中☆【最先端星人の京都探索】

2016年より毎年この季節に開催するライトアップイベント【京都・冬の光宴 ~星屑のアクセサリー】が、梅小路公園にて2月14日まで開催中。梅小路公園が昼の雰囲気とはまた違う、ロマンティックムード溢れるスポットになります。 この煌めくイベントに筆ペン画家の「最先端星人」が行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー