2017年9月24日 更新

京都人の普段づかいの食料品が手に入る!「京都祇園 藤村屋」

京都祇園にたたずむ藤村屋さんは150年以上続く食料品店。取り扱うのは小さなお店が京都の民衆のために真心こめて作った商品ばかり。ここを訪れれば京都の庶民の味が分かるかも。

祇園で一番昔からある食料品店

 (95588)

京都祇園にたたずむ「京都祇園藤村屋」さん。
150年続く京都の食料品店です。ホームページによると、祇園で一番昔から営業している食料品店とのこと。お店のお母さんいわく、元々は乾物屋さんだったんですって。

取り扱うのは京都の人の普段づかいの食料品

藤村屋さんが扱うのは、小さなお店が京都市民のために真心こめて作ったもの。高価でなく素朴で、京都の庶民の味を支えている食料品です。
 (95599)

こちらは京都生まれの地元のソース「ツバメソース」。
いろんな種類のソースがずらり。ラベルがどれもレトロでかわいいですね。東寺近くにある小さなメーカー「ツバメ食品株式会社」が生産しているものです。創業は大正末期、80年近く続いているのだとか。
 (95600)

こちらは季節によって種類が変わるお菓子「花水木」。
この頃は6月末だったのでアジサイやうちわをかたどったものになっています。なんとも可愛らしい!
 (95601)

そのほか雑然と並べられた食料品たち。
ああ~地元の商店でこんなの売ってたなあ~と懐かしい気持ちになるラインナップです。スーパーにも売っているかもしれないけれど、このお店に並んでいるとなんともレトロな雰囲気が漂うから不思議です。
 (95603)

瓶入りのクリームソーダとひやしあめ。こんな商品があるんですね!

初めて訪れるのに懐かしい

 (95605)

夏には内には金魚が吊るしてあり、角には神棚が。
お店の隅っこでは地元のお母さんたちが会話を交わしています。スーパーができる前のお店在り方というのはこんな風だったのかなと想像が膨らみます。地元の商店を思い出させてくれて、初めて訪れるのに懐かしい気持ちになりました。

藤村屋 店舗情報

店名:京都祇園 藤村屋
住所:京都府京都市東山区廿一軒町231
電話番号:075-561-0617
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:日曜日
店舗HP: https://fujimuraya.com/
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

祇園での〆ラーメンと言えばココ!背脂たっぷり「ミヤタヌードル」【花見小路】

祇園での〆ラーメンと言えばココ!背脂たっぷり「ミヤタヌードル」【花見小路】

多くの飲食店がひしめく激戦区、祇園エリア。美味しいご飯やお酒を楽しんだあとは、〆がほしくなりますよね。今回ご紹介するのは、お昼から深夜4時まで営業しているミヤタヌードルさんです。
【京都バーめぐり】祇園の隠れ家人気店!有名バー出身の女性バーテンダーの和み空間☆バー「フクロウ」

【京都バーめぐり】祇園の隠れ家人気店!有名バー出身の女性バーテンダーの和み空間☆バー「フクロウ」

オープン当初から何度かご紹介している、京都祇園屈指の人気バー「コモンワンバー京都」出身の女性バーテンダーが営むお店。最近では雑誌にもよく登場し、人気店に。
京の辛味処で甘〜いクリームソーダ★上質な喫茶空間もあり「祇園味幸」★【祇園カフェ】

京の辛味処で甘〜いクリームソーダ★上質な喫茶空間もあり「祇園味幸」★【祇園カフェ】

人、人、人の週末の祇園四条。ふと見上げた先に、寛ぎの喫茶空間。京の辛味処「祇園味幸」で甘〜いひと時はいかがでしょうか?
【花見小路】「cafe富月(カフェフウゲツ)」で花街情緒と抹茶スイーツ

【花見小路】「cafe富月(カフェフウゲツ)」で花街情緒と抹茶スイーツ

祇園にある建仁寺から徒歩3分、花街緒満載の町屋空間で頂く、イタリアンな抹茶スイーツ。
祇園 路地奥にある鰻の名店!150年以上続く老舗「かね正(かねしょう)」【予約必須】

祇園 路地奥にある鰻の名店!150年以上続く老舗「かね正(かねしょう)」【予約必須】

祇園四条、大和大路通り北側にある鰻料理の名店「かね正(かねしょう)」をご紹介します。鰻の旨味を存分に味わうことのできる創業150年を超える老舗です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子