2021年11月24日 更新

京の紅葉巡りは自転車で行こう。国宝指定第1号の仏像の寺は「紅葉狩り」の穴場!【昭和男子の京都時空紀行】

 京都市右京区太秦(うずまさ)にある広隆寺は、渡来人系の氏族である秦氏の氏寺で、平安京遷都以前から存在した京都最古の寺院です。聖徳太子信仰の寺で、思案するようなポーズで、曲線美の美しい仏像、国宝第一号「木造弥勒菩薩半跏思惟像」が有名ですね。

「紅葉狩り」の穴場

太秦広隆寺境内 紅葉と黄葉のコントラスト(2021年1...

太秦広隆寺境内 紅葉と黄葉のコントラスト(2021年11月24日現在)

 さて、あまり知られていませんが、その広隆寺もまた、紅葉のちょっとした穴場です。この時期でも訪れる人は比較的少なめですので、ゆっくり鑑賞できますよ!
桜門入って直ぐの庭園(2021年11月24日現在)

桜門入って直ぐの庭園(2021年11月24日現在)

綺麗に色づいていました。
「キネマのまち・太秦」

「キネマのまち・太秦」

 太秦(うずまさ)は近くに、東映や松竹の撮影所もあることから、「キネマのまち・太秦」と言われます。広隆寺前の大映通り商店街では、時々有名俳優さんが歩いていたりします。
大魔神

大魔神

 かつて太秦にあった大映京都撮影所で1966年に制作された元祖特撮映画のヒーロー大魔神がスーパーにっさんクオレ太秦店の前に設置されています。
 大魔神像は高さ約5メートル。映画イベント用に地元の美術会社(創造社)により製作され、1999年以来、倉庫に眠っていたこの像を「キネマのまち太秦のシンボルに」と修復して飾ってあります。
 大魔神さんも今はマスク着用しています!
太秦広隆寺

太秦広隆寺

 太秦(うずまさ)の地名は、諸説ありますが、かつて大陸時代の秦一族の族長の呼び名ではなかったかとも云われますが、わかっていません。近くにある木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)、通称・蚕ノ社(かいこのやしろ)の三柱鳥居など、太古の神秘に溢れている地域でもあります。

基本情報

名称:広隆寺
住所:京都市右京区太秦蜂岡町32
電話番号:075-861-1461
拝観時間:9:00~17:00
関連ページ:https://ja.kyoto.travel/tourism/single01.php?category_id=7&tourism_id=284
10 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Sinosino Sinosino

オススメの記事