2016年7月4日 更新

シンプルに近江牛の赤身がうまい!四条大宮から徒歩圏内「和風肉料理 藤むら」

近江牛の赤身がうまい!と評判の四条大宮「和風肉料理 藤むら」にやってきたのだ。

昭和風情が漂う肉料理店

 (42397)

京都の焼肉店はニンニクをしっかり使うコリアン系と、そこから派生したと思われる和風系に分かれるよねぇという話をしていて、その和風+昭和系最右翼が四条大宮のこの「藤むら」だのこと。超!楽しみにしつつ店内に。
 (42398)

店内は相当すすけた感じでいい感じに古びていて、旨い焼肉を食うぞオーラ満載状態。詰めれば8人ぐらい座れるカウンター風テーブルが1つ、4人テーブルが1、それに詰めれば6人ぐらい座れそうな小上りテーブルが2、というこじんまりしたお店。

最高価格メニューが特選ロース¥1500というお手軽系な焼肉店だが、お肉は近江牛を使っておられるようだ。メニューはそれほど多くなく、今日は基本肉づくしで攻めるよ!ということに。

お肉をしっかりと堪能

 (42399)

角ハイボールをスターターにしつつ、つまむキムチはしっかり量で¥500なり。本場系なお店から仕入れているそうでなかなか美味しい。

ヒレ肉はメニューには載っておらず、ありますよ!とサービス担当のおかあさんが教えてくれるので、速攻注文。値段不明だが¥2000ぐらい? ごらんのように肉厚10mm確実の存在感抜群な一品。

下記のイチボとは別のお肉ですので、そこのところよろしく。
 (42400)

焼肉はガスコンロなのだが、火をつける前にこれまたメニューに記載のないイチボのたたきを頂く。これは奥のキッチンで事前に調理したものだ。イチボはお尻の部位で本来赤身だが、近江牛なのでかなりサシが入っていますな。。さっと表面を炙っただけで中心はほんのり温かいぐらいの火入れ。

歯が要らない、ではなくちゃんと程よい食感があり、旨み満載。ポン酢ではなく土佐酢のような漬けタレにおろしにんにく、ネギを利かせていただくのだが、なんとも激ウマですな。。。これだけ3人前で帰ってきても良いくらいに汗。
 (42401)

焼きしゃぶしゃぶのお肉はこちら。ロースでしょうな。想像よりもサシが十分入っている。薄切りのおにくをさっと炙って、大根おろし⁺ポン酢で頂こうという、ま、鉄板的に美味しい一品で¥1500なり。
 (42402)

火入れはほんとうにさっと!というくらいの軽い炙り加減で・・。
 (42403)

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

誰もが知る京都の老舗焼肉店!昭和すぎて入りづらい名店「 三吉」

誰もが知る京都の老舗焼肉店!昭和すぎて入りづらい名店「 三吉」

京都にお住まいの方なら誰もが知っているであろうOPA裏にある「焼肉 三吉」。ただ昭和すぎて、その扉をあけるには少し勇気がいります。そんな三吉をご紹介します。
昭和に身をゆだねたくなる梅小路のレトロ洋食屋「とんかつ一番」

昭和に身をゆだねたくなる梅小路のレトロ洋食屋「とんかつ一番」

梅小路エリア、力いっぱい昭和感溢れる洋食店「とんかつ一番」なり。
近江牛ステーキがはみ出しすぎ!京都の老舗精肉店が満を持して肉バルをオープン!「山村牛兵衛 四条大宮店」

近江牛ステーキがはみ出しすぎ!京都の老舗精肉店が満を持して肉バルをオープン!「山村牛兵衛 四条大宮店」

BBQ・焼肉に特化した老舗精肉店の「やまむらや」が満を持して肉バルの「「山村牛兵衛 四条大宮店」」をオープン!目玉は近江牛ステーキがはみ出したスペシャルバーガー!美味しいお肉をお手頃価格で堪能できる新店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。