2017年2月19日 更新

誰もが知る京都の老舗焼肉店!昭和すぎて入りづらい名店「 三吉」

京都にお住まいの方なら誰もが知っているであろうOPA裏にある「焼肉 三吉」。ただ昭和すぎて、その扉をあけるには少し勇気がいります。そんな三吉をご紹介します。

昭和すぎて入りづらい(笑)

 (72254)

四条河原町からスグ、個性的なお店の多いOPA裏の裏寺町エリア。そのエリアの象徴的な焼肉店「三吉」です。このレトロな外観が目印で、ご存知の方も多いと思います。
ただレトロ過ぎて入店するには少し勇気がいりますよね(笑)
 (72255)

店内ももちろんレトロすぎます。カウンター席とお座敷のテーブル席になっていて、そして特筆すべきは煙で店内が真っ白なことです(笑)

「無煙ロースターって何?」って感じるほどのこの潔さが好き。

昔なばらの大衆ホルモン・焼肉店のまんま。においがつくので、気にならない格好でお越しくださいね!
 (72256)

天井や壁や、日本酒の樽も真っ黒で味がありすぎます!
こういう雰囲気を楽しめる人と一緒にきてくださいね(笑)

間違っても最初のデートで何も言わずに来てはいけません。。

リーズナブルなお肉とトロッとした特製タレ

 (72257)

気になるメニューはこちら!この立地にしてはなかなかリーズナブルな価格設定になっていて、ホルモン系が豊富です。
魅力的なサイドメニューもいいですね。
 (72258)

三吉では生ビールではなく瓶ビール!!こっちの方がこの雰囲気にあっていますしね。
三吉と言えば、このねぎが入ったトロッとしたタレですね。ねぎの食感がまたいいんです。
 (72261)

箸休みに頼んだきゅうり。ゴマあぶらたっぷりのタレが染み込んでいますが、食感は残っていてポリポリと美味しい。
 (72262)

ビールとバツグンの相性のホルモン煮込み。煮込まれてトロトロのホルモンが堪りません!多めのネギも最高です。
 (72260)

名物の上タン塩。味は薄めのなのでお好みで塩をしてください。
 (72263)

さて、焼いていきます。タンの表面からじわっと脂が浮いてきて食欲をかきたてられます。
タンはこの脂と食感が美味しいんですよね、厚みもあり最高です。
 (72259)

焼野菜、豚ロース、ホルモンミックス、カルビがをオーダーしました。
ホルモンミックスの内訳は、シンゾウ、レバー、テッチャン、ツラミになっていていろん部位が楽しめます。
 (72264)

最近見なくなったような気もする骨付きカルビ!
しっかりと焼いていきます。この骨にしゃぶりつくように食べるのが美味しいんですよね。
 (72271)

トロっとしたタレとお肉がベストマッチング!
タレがお肉の余計な脂を中和してくれます。
 (72265)

テッチャンは余計な脂を落とすため、ファイヤーします(笑)
このファイヤーがまた盛り上がるんですよね~

レトロな雰囲気が楽しく、立地もよく、安くて美味しい、最高の焼肉店だと思います。少し使い辛い面もありますが、それも三吉も良さです。
なかなか三吉の扉を開ける勇気がなかった方、ぜひ行ってみてください。

焼肉 三吉 クチコミ情報

焼肉 三吉 店舗情報

店名:焼肉 三吉 
住所:京都市中京区新京極四条上ル中之町573
電話番号:075-221-6764
営業時間:17:00~23:30(LO 23:00)
定休日:水曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン