2016年12月22日 更新

話題のジビエ料理が人気のビストロ!四条御幸町の好立地「ビストロ プティラパン」

お手頃でジビエが頂けるお店を聞かれたら、我々はこちらのお店を推薦します。四条御幸町の「ビストロ プティラパン」なり。

好立地のビストロでジビエランチ

 (64257)

お店の名前は、ビストロ プティラパン 。ジビエ料理が人気のビストロですな。
場所は非常に便利なところで、御幸町通を四条通から50mほど下った位置。もう散々前は通っているのですがタイミングはあるわけで。
 (64258)

店内雰囲気写真。当日はシェフが1人で回しておられたのだが、大変勉強熱心なシェフで、定期的に仏蘭西に勉強に行かれるようですな。
こういう雰囲気なら間違いないよねぇとワクワクとメニュー選定。
 (64259)

ランチメニューは¥2300(税別)で前菜、メインの皿ともごらんのリストからチョイスできるプリフィックス。加算なしで京北で採れた鹿のハンバーグがあるのが偉大ですなぁ。
ブータンノアールを即決したので、それを軸に肉系ばかりを注文。
 (64260)

ランチ時はたっぷり量のコップワイン¥600(カベソー)が気分。グラスの赤は¥800から。
 (64261)

私チョイスの田舎風お肉のパテは+¥500の加算メニュー。これが他のお店と比較するとレバー感が非常~に強い滑らか~なもので、パン劇消化!的な一皿。いや、これはうまいです。
 (64262)

自分で皮を剥ぐところから鹿をさばいちゃうシェフなので、現在は鹿メニューが一押しな模様。
こちらは嫁チョイスの加算なし!の京北鹿のリエットなり。グラスにかりかりに焼いたバゲットが10枚以上入っている大判振る舞いメニュー。脂分控えめで癖もなく美味しいのだ。いやー、やりますなぁ。初めに出てくるパンも、このリエットでほぼ消化してしまいました。
 (64263)

メインの皿はブータンノアール。豚の血ソーセージですが、ぶりぶりんとした皮を破ると限りなく柔らかく。定番ですがリンゴソテーが超合う!一品。嫁、にっこにこ。
 (64264)

私は超~悩んでチョイスした加算無しメニューのアバ煮込み。アバは普通牛モツですが,レバーとかいろんな部位が入っていて、非常にまろやか。これも寒い季節は鉄板ですなあ。
お隣のテーブルに運ばれていた巨大な鹿ハンバーグを見て、これは近日中に再訪しないと!ということに。
 (64265)

甘いものも抜かりなし。タルトタタンは+¥200の加算メニュー。お願いしてから泡だて器でがががががががっと生クリームがホイップされるある種、作り立ての一品。しっかり煮含められたリンゴが超!ウマ。これとブータンノアールを合わせると超うまいでしょうなぁ、とちょっと妄想。
 (64266)

私はアプリコットのソルベを注文。で、しっかり珈琲で〆。いやー、大満足なりですな。最近「お手頃でジビエのいただけるお店がありませんか~」と質問されることが多いのですが、その際は確実に推薦したくなるお店ですな。 近日、鹿のハンバーグ制覇予定です!

ビストロ プティラパン クチコミ情報

ビストロ プティラパン 店舗情報

店名:ビストロ プティラパン (Petit Lapin)
住所:京都市下京区御幸町通綾小路上ル大寿町396
営業時間:11:30~14:30(LO)/ 18:00~23:30(Close)
定休日:水曜日
TEL:075-351-3809

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。