2016年9月11日 更新

行楽シーズン到来!日本の“弁当”文化をフランス人オーナーが発信!!京都発弁当箱専門店「Bento&co(ベントアンドコー)」【寺町六角】

日本文化「弁当」の素晴らしさを世界に発信するフランス人オーナーの大注目の弁当箱専門店。今までになかった新しい発想やお弁当の可能性を逆に教わるお店。

寺町商店街からすぐのおしゃれなお店

 (53905)

寺町商店街。六角通りを西へ。するとショーウインドーからカラフルなディスプレイが目に飛び込む。
 (53906)

こちらはフランス人オーナーが、日本の弁当文化に魅せられてオープンした弁当箱専門店。今では全国的にも、いや世界的にも知られるようになった有名店。
 (53907)

ここ数年、パリやロンドンで弁当が大ブーム。そのブームの火付け役になったのが、ここのオーナー。
 (53909)

代表作のこけし弁当から、こんなおむすび弁当も。ちびっ子が喜びそうな可愛らしさ。
 (53908)

こちらは色合いやデザインがスタイリッシュ。そして、保冷効果もあったり、弁当箱とマグボトルを組み合わせたコンパクト設計のものなど、機能性も重視。
 (53910)

かと思えば、現代風なんだけど和のテイストを加えたあじろ弁当。
 (53911)

一見辞書のようだが、これもお弁当箱。
あれですかね。授業中勉強してるフリして早弁するのに最適!みたいな(笑)
 (53912)

とにかく、いろんなニーズに対応。スタンダードな型から行楽弁当箱、曲げわっぱなど実に多彩。

周辺グッズもかわいらしいものぞろい

 (53913)

そして、お弁当箱以外の周辺グッズもいろいろと充実。お弁当を包む布類やらバッグなども。
 (53914)

何気にこれ、いいなぁ~と。さすがに自作弁当でにぎり寿司はありえないので、こんなピンチョスで寿司気分~♪

これからの行楽シーズン、こんな楽しいお弁当箱を携えてお出かけするのもいいですよね。そして、普段とはちがう弁当の活用方法まで、このお店からヒントをもらえそう。ぜひ、のぞいてみてください。

ヨ~イヤサ~♪

Bento&co(ベントアンドコー) への口コミ

Bento&co(ベントアンドコー) 基本情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イマドキ千社札ならコレ!チームラボも注目のアーティスト・キーヤン柄☆「ゼスト御池」【京都市役所前】

イマドキ千社札ならコレ!チームラボも注目のアーティスト・キーヤン柄☆「ゼスト御池」【京都市役所前】

もう3年前から設置されてるみたいです。つい最近気づきました(笑)地下鉄駅・京都市役所前にあるショッピング街「ゼスト御池」内のちょっと珍しいイマドキ千社札シール。
京都 二条城スグの緑のオアシス!多肉植物・サボテンの癒され空間☆観葉植物・アンティーク雑貨店「コトハ」

京都 二条城スグの緑のオアシス!多肉植物・サボテンの癒され空間☆観葉植物・アンティーク雑貨店「コトハ」

二条城南にある路地奥の観葉植物とアンティーク雑貨のお店。隠れ家的店内は癒され空間。マニアックで珍しい植物で満たされる。
知る人ぞ知る昭和レトロな器が並ぶ京陶器店!掘り出し物も数多くあり〼陶器店「ハセガワ」【京都食器めぐり】

知る人ぞ知る昭和レトロな器が並ぶ京陶器店!掘り出し物も数多くあり〼陶器店「ハセガワ」【京都食器めぐり】

よく通う陶器屋さんです。夷川通り沿いにある京陶器店。所狭しと並ぶ陶器類はどれもが温かみあるリアル昭和レトロな雰囲気。急須を求めて行ってきました。
東京老舗荒物問屋が京都にショップ3月オープン!日々の暮らしを彩る日用品☆「暮らしの道具 松野屋」

東京老舗荒物問屋が京都にショップ3月オープン!日々の暮らしを彩る日用品☆「暮らしの道具 松野屋」

三条御幸町下がる。飲食店、雑貨店他、ホールや教室など多目的なスペースもあるmumokutekiに入居。今年3月にオープンした日用雑貨店。東京の有名老舗荒物問屋が手掛ける、暮らしを豊かにする道具たち。
【おとなの京都土産】創業300年余の老舗が夏季限定で贈る蚊よけシリーズ!ちょっとレアな匂袋☆「鳩居堂」【京都市役所前】

【おとなの京都土産】創業300年余の老舗が夏季限定で贈る蚊よけシリーズ!ちょっとレアな匂袋☆「鳩居堂」【京都市役所前】

創業1663年で350年以上経つ老舗中の老舗。日本の伝統文化を大切に守り育てる実用品のお店。そろそろ蚊も発生するこの時期限定のお香を絶賛販売中。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな