2018年4月12日 更新

【京都御所南】初夏が待ち遠しい!行列してでも食べたくなる絶品すだちそば☆「手打ちそば 花もも」

人気店。行列必至の手打ちそばのお店「花もも」。こちらはファンが多いです。場所も御所に面していてアクセスバッチリ。

スグ目の前には京都御所が見える立地

 (120574)

こちらのお店の目の前には京都御所。街中の手打ちそばのお店。
 (27288)

そして、メニューはこちら。天ぷら系はありません。鴨、にしんそばはありますが。どちらかというとそば一筋なお店。お酒のアテも鴨、板わさ、そばがきなどシンプル。それだけ、そばにはこだわってます、ということですね。

2階席からは御所を臨みながら

 (120575)

 (120576)

1階はシンプルな大テーブル席。2階はこんな窓際席とグループ用座敷席。シンプルな内装ながら、和モダンでセンスの良さを感じる心地よい空間。

数量限定の田舎そばは太麺で食べ応えアリアリ!

 (27282)

そして、こちらは田舎そば。こちらのそばは北海道、茨城、長野産使用とのこと。太いです。甘皮入りで、その風味も存分に味わってもらおうとこの太さ。なので、コシ強く、顎疲れるほど(笑)
ツルッ食べるというよりモグモグと噛み締めるかんじ。ほのかに甘みのするそば感ハンパないお蕎麦。塩で食べるとさらにひと際。出汁も甘み少なくキリリとした印象。
比較にフツーのざるそば画像貼っておきました。その太さがわかると思いますが。

それにしても、こちらは器や備品もとてもセンスのよさを感じるものばかり。
 (120577)

季節限定の名物メニュー・すだちそば必食!

 (27284)

そして、こちら。季節限定品になりますが、すだちが出始めるころからメニューにのぼる名物すだちそば。早い時期だと5月くらいですかね。もうビジュアルからただよう清涼感にうっとり。
夏場だとさっぱりとアミノ酸ドリンク感覚で 出汁完汁(笑)さらにすだちスライスを噛んで、チューチューと果汁まで味わう。美味いんですよね~これが。ちゃんと種は除かれてて、プロの仕事だなぁ、と。最近、このタイプのすだちそば出すお店、全国的に増えてますが、種そのままとかあったり。プロはちゃんとここまでやりますよ!そして、ちゃんと見てますよ(笑)

これを求めて行列できるんですが、まあ満足度が上回るんでつい食べたくなるわけですが(笑)御所散策ついでにでも、ぜひ足を運んでいただきたいステキなお店。

ヨ~イヤサ~♪

手打ちそば 花もも への口コミ

手打ちそば 花もも 基本情報

■店舗名
手打ちそば 花もも
■住所
京都府京都市、中京区丸太町麩屋町西入ル昆布屋町398
■電話番号
075-212-7787
■営業時間
11:00~18:30
■定休日
月曜日(祝日の場合は営業)
■禁煙・喫煙
完全禁煙
■駐車場
無(近隣にコインパーキングあり)
■詳細ページ
http://www.adc-net.jp/hanamomo/
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都・御所南に佇む蕎麦の名店「手打ちそば 花もも」ミシュラン掲載店

京都・御所南に佇む蕎麦の名店「手打ちそば 花もも」ミシュラン掲載店

京都の中心地、御所南に店舗を構える蕎麦の名店「手打ちそば 花もも」、ミシュランビグルマンをはじめ、これまで数々のメディアや雑誌でも紹介されている人気店です。
白味噌を使ったおでんでミシュランビブグルマンに「嘗 〜miso〜 (しょう)」

白味噌を使ったおでんでミシュランビブグルマンに「嘗 〜miso〜 (しょう)」

山利商店系列の和食店で、山利商店の白味噌を使ったおでんでミシュランビブグルマンに選ばれている「嘗(しょう)」に行ってきましたのでご報告。 
いつも満席の人気店!季節のお蕎麦も好評!「手打ちそば 花もも」@御所南の巻っす

いつも満席の人気店!季節のお蕎麦も好評!「手打ちそば 花もも」@御所南の巻っす

御所南にある「手打ちそば 花もも」でランチっす。季節限定そばや定番の鴨ざるを頂いてきました。
市役所近く 蕎麦激戦区のビブグルマン獲得店「石臼挽き十割蕎麦 ろうじな」【麺類】

市役所近く 蕎麦激戦区のビブグルマン獲得店「石臼挽き十割蕎麦 ろうじな」【麺類】

京都市役所からほど近く、寺町通りにあるカウンター中心のお蕎麦屋さんです。京都好きの方が歩きたがる通なエリアですね(笑) 
知る人ぞ知る昭和レトロな器が並ぶ京陶器店!掘り出し物も数多くあり〼陶器店「ハセガワ」【京都食器めぐり】

知る人ぞ知る昭和レトロな器が並ぶ京陶器店!掘り出し物も数多くあり〼陶器店「ハセガワ」【京都食器めぐり】

よく通う陶器屋さんです。夷川通り沿いにある京陶器店。所狭しと並ぶ陶器類はどれもが温かみあるリアル昭和レトロな雰囲気。急須を求めて行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな