2017年11月2日 更新

創業45年!京都を代表する老舗ラーメン店!シンプルにウマイ!「ラーメン藤 本店」

関西を中心に展開する人気ラーメン店「ラーメン藤」の本店に行ってきました。元祖京都ラーメンとも呼んで過言ではない名店です。

創業40年以上の老舗ラーメン店

 (41419)

久世橋通烏丸通からすぐのラーメン藤本店です。
京都では4店舗、関西全体で20店舗ほど展開されています。

なんとも懐かしい外観です。創業45年、ラーメン界では老舗と呼んでも過言ではない歴史を持つ京都を代表するラーメン店です。
 (41406)

こちらが玄関。赤、青、白のトリコロールな配色です(笑) 
 (41407)

店内はオープンキッチンのカウンター24席のみです。ちょうど夕食前のタイミングで、ちょうどほかのお客さんが帰られたタイミングでパシャリ。
ラーメンの種類、は、並・特製・味噌・メンマ入りの4種類。サイドには豚めしや餃子があります。
 (41409)

ラーメンをオーダーしてしばし待ちます。
職人さんが目の前で豪快に麺の湯切り!カッコイイっす!

シンプルに美味しい

 (41410)

ラーメン並(700円)、ねぎ多めなのがまたうれしいですね。古き良き京都のラーメンです。このビジュアルは懐かしくてほっこりしますね。
シンプルに美味しいラーメンとは、まさにこのこと。
 (41412)

ラーメン藤のねぎは抜群に美味しい!
少しスープに浸して食べると、ねぎの甘みにスープのコクがプラスされて最高です!
少しだけ浸して、シャキシャキ感が残っているぐらいが食べ頃です(笑)
 (41411)

麺は独自配合の近藤製麺製。中太ストレート麺がスープとよく絡んでいていい感じです。

醤油味のスープ、麺、チャーシュー、お野菜、とてもバランスがとれている安心するラーメンです。
 (41413)

味変アイテムには辛し味噌を。ちょっといれるとウマ辛ラーメンに。

京都駅からもほど近く、通し営業で、駐車場完備と使い勝手も抜群にいいです。
懐かしくて安心するラーメンです。シンプルで美味しいラーメンです、ぜひ寄ってみてください。

ラーメン藤 本店への口コミ

ラーメン藤 本店 店舗情報

店名:ラーメン藤 本店
住所:京都市南区東九条南石田町111-1(久世橋通り烏丸東入ル)
電話番号:075-661-3839
営業時間:11:00~22:00
定休日:木曜日
店舗HP: http://www.ramen-fuji.jp/honten.html
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ラーメンめぐり】ネギたっぷりがうれしい!豚骨醤油味の元祖京都ラーメンは懐かしの味!「ラーメン藤 本店」

【京都ラーメンめぐり】ネギたっぷりがうれしい!豚骨醤油味の元祖京都ラーメンは懐かしの味!「ラーメン藤 本店」

地下鉄十条駅のほど近く。かなり久々に懐かしい感じの元祖豚骨醤油味のいわゆる京都ラーメンが食べたくなって、ラーメン藤へ。初訪の本店に行ってきました。
老舗からニューカマーまで名店ぞろい!南区の美味しいラーメン店6選!

老舗からニューカマーまで名店ぞろい!南区の美味しいラーメン店6選!

京都駅の南側、南区の美味しいラーメン店をまとめました。粒ぞろいのラーメン店がそろっています。
突然の閉店にファンら深い悲しみに*映画「タンポポ」のモデルにもなった四条大宮の名店「珍元」

突然の閉店にファンら深い悲しみに*映画「タンポポ」のモデルにもなった四条大宮の名店「珍元」

長年にわたり親しまれ愛された大宮・壬生のラーメン店「珍元」さんが閉店されました*突然のお知らせにファンはみんなびっくり!*あまりにも突然で悲しすぎる!
京都南区|豚骨醬油の京都ラーメン「麺処 丸昌(まるしょう)」

京都南区|豚骨醬油の京都ラーメン「麺処 丸昌(まるしょう)」

南区の上鳥羽、十条エリアに豚骨醬油の京都ラーメンのお店「麺処 丸昌(まるしょう)」に行ってきました。
伊丹十三監督作品 映画「タンポポ」のモデルになったお店☆確かに雰囲気満点「珍元」【四条壬生川】

伊丹十三監督作品 映画「タンポポ」のモデルになったお店☆確かに雰囲気満点「珍元」【四条壬生川】

ラーメン店を舞台にした伊丹十三監督の映画「タンポポ」☆このモデルになったというお店が京都四条壬生川にあります☆意識しなかったら気がつかないほど街に溶け込んだお店はなるほど、雰囲気満点☆そしてしっかり人気店です☆

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン