2022年4月21日 更新

【京都イタリアン】2021年オープンの注目店☆名店仕込の絶品ぞろい「キアッケレ」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区三条京阪にある2021年9月にオープンしたイタリアン。名店出身のご主人繰り出す料理はすでに注目で人気。

2021年オープンの注目イタリアン

 (222314)

東山区三条京阪から少し北東の住宅街。ここに2021年9月にオープンしたイタリアン『キアッケレ』。こちらのご主人は兵庫県赤穂の名店『SAKURAGUMI』やイタリア、シンガポールなどでもシェフの経験のある方で、オープン当初から注目していました。ですが、コロナ禍で休業されてる時期などもありなかなかタイミングあわず、ようやく今回初来店。この日は休日の夜。早い時間帯は満席だったので、2回転めの8時スタートで予約をしてやってきました。すでに人気店のようです。
 (222315)

店内は鰻の寝床スタイルに奥行ある空間で、手前に厨房カウンター席、さらに奥にテーブル席と坪庭が。今回はテーブル席で。

とてもカジュアルな雰囲気で、テーブルや椅子、照明もシンプルな造り。天井も鉄骨部分がそのまま見えるような。なので、普段着で訪れても全然気後れしないような安心感もあります。
 (222316)

そして、メニュー。
こちらは本日のメニュー。今が旬のホタルイカのパスタがあります。あと肉料理諸々。
 (222318)

 (222319)

さらに定番メニュー。料理は昼夜問わずアラカルト形式。
この日は遅い時間帯だったこともあり、メインの魚料理は完売とのこと。ちなみにこの日は黒鯛のグリルだったそうです。
 (222317)

あとはドリンク類。ワインリストもあります、とのこと。
 (222320)

まずは、イタリアのビール、モレッティでスタート。
 (222321)

ここからアラカルトで注文した料理が登場。まずは前菜盛り合わせ6品。

豚肉と鶏レバーのパテにはピスタチオやドライイチジク入り、針イカ、人参マリネ、万願寺マリネ、白いんげん豆サラダなど。
 (222322)

パテも程よく濃厚でお酒が進みます。
 (222323)

ちょっと名前を失念ですが、硬めのポレンタに具材、ベーコンや玉ねぎなどを入れて焼いたような、そんなお料理。こちらもちょうどビールに合います。
 (222324)

 (222325)

ホタルイカのパスタ。ゴロゴロとぷりぷりホタルイカがイン。菜の花も入っています。表面のザラザラしたパスタとホタルイカの旨味がよく絡んでシンプルながら美味。
 (222326)

パンは『喫茶とパンdo』のもの。料理に合わせるにふさわしい、素朴でシンプルな味わい。
 (222327)

 (222328)

ちょっと面白い、焼きリゾットルチアーノ。カリッと焼いたタコのリゾットに、魚介スープをテーブルでご主人が注いでくれました。うっすらタコのピンク色もご飯に染まり旨味もたっぷり。いろんな食感が楽しめる一皿。
 (222329)

途中、グラスのプロセッコ(スパークリング)にチェンジ。
 (222330)

さらにタリアテッレ、猪の黒胡椒煮込み。噛むほどに猪の濃厚で野趣あふれる旨味がパスタと絡み、深みを増す味わい。
 (222331)

 (222332)

そして、メイン。
自家製サルシッチャ。少し中和剤にスープや香味野菜も添えられていますが、いいセミドライ感のサルシッチャは旨味が濃縮されていて、表面の香ばしさもあり、珍味的美味しさ。お酒が進む進む。
 (222333)

グラスの赤ワイン。
 (222334)

 (222335)

最後、〆のお肉は高知産竹崎さんの赤牛内モモのグリル。
 (222336)

味はシンプルに岩塩で。これ、絶品でした。火入れはもちろんですが、お肉自体がキメ細かい肉質でこの上なく柔らかくジューシー。無限に食べられる美味しさでした(笑)

今回は3人でこれだけ食べて1万6000円ちょっと。まあ納得価格。昼も夜もアラカルトスタイルで、一人ふらっと気軽に立ち寄れる雰囲気。またほかのお料理も試してみたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:キアッケレ
場所:京都市左京区讃州寺町218
電話:075-752-1150
営業時間:12:00〜14:00 L.O.13:30 17:30〜22:00 L.O.21:00
定休日:水曜日+2〜3回の不定休
関連サイト:https://www.instagram.com/chiacchiere_kyoto/
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事