2016年4月4日 更新

【二条城近く】伊&仏テイストを和の情緒あふれる一軒屋で「京都 Animo(アニモ)」

地下鉄二条駅と西大路御池駅のちょうど中間、御前通にある一軒屋レストラン「京都 Animo(アニモ)」

まったりの一軒屋レストラン

 (26692)

地下鉄二条駅の3番出口からずんずん御池通を西に。御前通を北に上がり、1つ目の路地を右手に首を向けるとフランスの旗が見えてくる。京町家ではないが立派な一軒家。もともと芸術家のお住まいだった模様。
 (26693)

エントランスは、なんとも普通にお金持ちな住宅的な。入り口で12:30で予約しているものだと伝えると、入り口わきのこちらのお部屋に案内してもらう。
 (26694)

一軒屋なので、大きなお庭に面したお部屋と、二階にも席があるようだ。こちらの部屋はMAX8席ですな。
日本家屋だが、すべてテーブル席。ハレの日に、フレンチとイタリアンの良いとこどりメニューを、個室で頂くという趣向のお店だ。

伊と仏のいいとこどり

 (26695)

テーブルセッティング雰囲気こみの前菜写真から。左手から鶏のスパイス風味(鶏ハム的な)、鱈?のエスカベッシュ(南蛮漬的な)、生ハムとサラミ、という布陣。お箸があるのが京都風。
 (26696)

当然昼酒モードなので。ブルゴーニュのシャルドネをボトルでお願いした。アルデッシュ・シャルドネ2013フローラルで適度なコク系。ちなみに、コースもドリンクも全部税込み表示、サービス料込み(無し?)なので、計算は非常に簡単。
 (26697)

パンは、バターしっかりなブリオッシュ、それにバゲット。かなりシッカリ量。オリーブオイルとともに。

シェフの技が光ります

 (26698)

前菜は、フォアグラステーキとフォンドボーのソース。奥に赤米のリゾット、上に乗っているのがフキノトウのフリットという布陣。火入れもばっちりで、いうことありませんです、はい。パンに合うものがチョイスされているのかも。
 (26699)

魚の皿。イサキのパートフィロー包み。上に乗っているのはつぼみ菜(アスパラ的な)ですな。揚げ春巻きの皮のようなぱりっぱりな食感のパートフィローに、ふっくらと軽く火が入ったイサキが包まれていて、こりゃ、美味しい。ソースは香草、サフランのバター系なものでとても軽やか。
 (26700)

肉の皿の前の口直しは、梅干しのジェラート。いや~、梅干しと赤紫蘇のみじん切りが入っていますが、かなりいい感じ。確かに口直しですな、これは。
 (26701)

メインは仔牛のクリーム煮。これまた、非常に軽い味付け。量は想像以上にしっかり。付け合わせの野菜類も美味しいのだ。旨い旨いとパンまですべて平らげてしまう。

個室で差し向かいランチもたまには良いよねぇ、と格子窓の向こうに見える細い青空を眺めながら、激しくまったり気分が盛り上がるのだ。。
 (26717)

デザートもしっかり。フランボアーズムースに、ヌガーグラッセ(というよりナッツ入りセミフレッド)、コーヒークリームのロールケーキ、それにフルーツという鉄板な布陣。最後まで、ばっちりでした。
 (26702)

珈琲を頂いて充実ランチ完了。

料理に冒険心を求める人には、手堅すぎなお料理で物足りないかも?ですが、個室なので子連れ大家族でも大丈夫(MAX20名まで)ですし、お願いすれば各種サプライズやらバースデイケーキもOKな模様。個室なので気兼ねなく楽しめるのがよろしいですな。この¥3500は、OK!

御馳走さまでした、また、まったりしたくなったら来ます~。

Animo(アニモ)への声

京都 Animo(アニモ) 店舗情報

店名:イタリア料理・フランス料理 京都 Animo(アニモ)
住所:京都市中京区中京区西ノ京銅駝町67
営業時間:11:30~LO13:30 17:30~LO20:00
定休日:水曜日、・第1・3火休
TEL:075-432-8387
店舗HP: http://www.animo-kyoto.com/
32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事