2017年7月7日 更新

あの京料理の有名料理人も仕事について熱く語る!若者の就活にエールを贈る!!フリーペーパー「おっちゃんとおばちゃん」【京都求人誌】

たまたま観ていたテレビで紹介してて、存在を知って。日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016新創刊部門・優秀賞受賞した若者向けの求人誌。そして、表紙を飾るのは、あの予約のとれない京料理の名店のご主人(笑)

シューカツに悩む若い君のための本。

 (85626)

たまたま観ていたテレビ番組。なにやらサイケカラーの雑誌紹介。と思ってよくよく観たら、あの予約の取れないお店として有名な京料理『草喰なかひがし』のご主人やん(笑)

なんでも、就活に悩む若者に向けた雑誌。しかもフリーペーパー。で、ハローワークや大学で配布してるらしいと聞いて。
 (85622)

で、問い合わせをすると東九条にある京都テルサ・京都府民総合交流プラザ内にある、京都ジョブパークにあるとのこと。
 (85623)

府が管理する総合複合施設。
フィットネスジムあり、レンタル会議室やホール、レストランなど入居。
 (85625)

ボーイスカウトの事務所もあり。
 (85624)

そんな施設にあるジョブパーク。
京都府の運営。労働者団体や経営者団体をはじめ多くの関係機関や団体と一緒になって就活支援する総合拠点。

こちらで雑誌だけをもらい、とくに求人情報漁るでもなく、そそくさと退場する。もしかしたら不審者に思われたかも(笑)

一線で活躍する「おっちゃんとおばちゃん」の仕事観

 (85660)

で、雑誌ですが。こちらはフリーペーパー。日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016で新創刊部門優秀賞を受賞。京都の株式会社union.a (ユニオン・エー)という会社が発行。

「年齢を重ねても、毎日仕事が楽しくてたまらない」そんな職業に出会うためのヒントがつまったフリーペーパー。そして、そこに「おっちゃん」であるなかひがしのご主人が登場して、就活に悩む若者に向けて仕事について語っている、というもの。

就活してなくても、読み物としてもとても興味深く面白い内容。
 (85662)

現在働いている若者にも仕事についていろんな苦労話や仕事の喜びやら。
 (85663)

京都ならではな業種も。
 (85664)

求人募集もここに掲載。
そこそこの経験を積んだ「おっちゃんとおばちゃん」が語る仕事観や本音の就職情報。おばちゃんの私が読んでもためになる雑誌(笑)いろんな仕事観から、今の自分の仕事を見直すきっかけにもなる雑誌です。無料で配布してますから、興味のある方はぜひ!

おっちゃんとおばちゃん へのツイート

基本情報

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」公開間近!京都を舞台に展開する大注目の森見登美彦ワールド!!

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」公開間近!京都を舞台に展開する大注目の森見登美彦ワールド!!

今年はもしかしたら、作家・森見登美彦イヤーと言えるかもしれません。京都を舞台にストーリーが展開する森見さん原作のアニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」が4月7日公開。それにともない事前予習開始!
京阪電車が2駅の駅名変更を発表!地域連携&観光強化のために

京阪電車が2駅の駅名変更を発表!地域連携&観光強化のために

京阪電車の八幡市駅と深草駅の駅名を変更すると発表されました!
【京都御苑めぐり】GWは森の図書館で新緑浴読書!野鳥ウォッチングもできる☆「母と子の森文庫」

【京都御苑めぐり】GWは森の図書館で新緑浴読書!野鳥ウォッチングもできる☆「母と子の森文庫」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回はアウトドアが気持ちいい季節にピッタリの森の図書館。晴れの日だけ開館し、新緑浴や野鳥ウォッチングもでき自然たっぷり。
【京都図書館めぐり】京都御苑『森の博物館』でアウトドア読書!バードウォッチングや森林浴も☆「母と子の森文庫」

【京都図書館めぐり】京都御苑『森の博物館』でアウトドア読書!バードウォッチングや森林浴も☆「母と子の森文庫」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回はちょっと珍しい図書館。というより文庫。京都御苑の森の中にあり、野鳥のさえずりや森林浴を楽しみながら読書できる場所。
【京都居酒屋めぐり】のんべえ大歓喜のお得本!全95店のお酒&アテを1000円でお試し☆「ちょい飲み手帖」

【京都居酒屋めぐり】のんべえ大歓喜のお得本!全95店のお酒&アテを1000円でお試し☆「ちょい飲み手帖」

おおきに、豆はなどす~☆今回はのんべえとってはうれしいお得本紹介。京都の中でも飲食店が集中するエリア、全95店のお酒&アテのセットを1000円でお試しできる企画本。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers