2019年2月12日 更新

【京都モーニングめぐり】超穴場☆老舗ベーカリー併設の喫茶モーニング!うれしい地元ファースト価格「ベーカリーヤマダ」

おおきに~豆はなどす☆法然院や真如堂にもほど近い場所、浄土寺にある老舗ベーカリー。店内には喫茶スペースも併設し、イートインも可能で喫茶フードメニューもあるという充実ぶり。モーニングをいただきました。

昭和レトロな雰囲気の和むモーニング

 (144204)

早朝から雪景色観光。そろそろどこかで朝食でも、と通りかかったこちら。
そういえば、SNSつながりの知り合いからここのお店をオススメされていたのを思い出して。

白壁のちょっとレトロな洋館風。ポストの上の小さな雪だるま、今頃気づいてエモがってますが(笑)
 (144206)

このすぐ近く、白川通りを挟んだ場所に同じく老舗の「ヤマダベーカリー」があります。後で聞くと親戚筋だそうです。こちらも創業70年余の古いお店。まあ、店構えからもその感じが伝わります。
 (144207)

店内も多少クラシカルな雰囲気漂い、ノスタルジックな感じすらします。
 (144208)

陳列棚にもパンが並んでいるわけですが。
 (144209)

それにしても最近のパンの価格を考えると、どれも驚くほどの破格ぶり。クロワッサン、下手すると倍ぐらいする値段つけるところもあります。
 (144210)

ハード系もあり。なんというか、このフランスパンたちの丸みに和み感(笑)
 (144211)

中央の冷蔵ケースにはロールサンドやサンドイッチ、ピザトーストなどのおかずパン、さらにシュークリーム、フルーツサンド、チョコエクレアなど菓子パンも。どれも素朴で美味しそう。
 (144212)

こちらでは店内奥に喫茶スペースが設けられ、店内で販売しているパンをイートインできるのはもちろんですが、喫茶用のフードメニューもあります。

喫茶スペースはL字カウンターになっていて、この時は他常連さんで埋まってました。
 (144213)

こちらがその喫茶メニューですが、パンと同様割安。
 (144215)

 (144216)

 (144217)

ドリンクとセットになった、さらに割安なメニューも。

最近、市内ではインバウンド見込みの強気価格設定する店が乱立し、地元民としては驚きを隠せないことしばしばなんですが、こちらは地元ファーストの安心価格。

で、今回はハムサンドセット530円を注文。
 (144214)

カウンター上のアメニティーもレトロ感を後押し。このおてふきが素敵です。
 (144218)

ちょうどハムサンドを調理中。丸見えなわけですが。
その途中、パンを買いに来られるお客の対応もされ、なかなか忙しそうでしたが、それも和む雰囲気。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

気になる京都のマイナー喫茶店|扉の向こうは癒しのムーディー空間*しみずコーヒー店【出町柳】

気になる京都のマイナー喫茶店|扉の向こうは癒しのムーディー空間*しみずコーヒー店【出町柳】

飾り気のないな白壁の向こうに広がる琥珀色のヨーロピアン空間。サイフォン一杯だての極上のコーヒーとともに微睡みのコーヒードリップへ来客を誘います。
あの人気アニメのワンシーンにも★☆ウッディタウン【下鴨エリア】

あの人気アニメのワンシーンにも★☆ウッディタウン【下鴨エリア】

有頂天家族のワンシーンにも描写された通なファンも訪れるアットホームな純喫茶。フレッシュなサラダにしっとりトースト、日常の生活に花を添えるモーニングタイムを過ごせます。
【京都モーニングめぐり】コスパ最強のたっぷり丼スタイル朝食健在!銀閣寺スグの老舗喫茶「ワールドコーヒーショップ白川本店」

【京都モーニングめぐり】コスパ最強のたっぷり丼スタイル朝食健在!銀閣寺スグの老舗喫茶「ワールドコーヒーショップ白川本店」

全国的にコーヒーにおける消費量・消費額ともにトップクラスの京都。石を投げればカフェに当たる、と言っても過言でないほど。そんな京都人のコーヒー好きをけん引してきた老舗コーヒー専門店。
【京都パンめぐり】北白川の創業70年余の老舗ベーカリー!先駆けフランスパンは不変の人気☆「ヤマダベーカリー」

【京都パンめぐり】北白川の創業70年余の老舗ベーカリー!先駆けフランスパンは不変の人気☆「ヤマダベーカリー」

左京区、北白川にある創業70年余の地元ではよく知られた老舗ベーカリー。戦後珍しかったフランスパンを軸に食パンなど老舗らしい素朴な味わいのパンが今も人気。
きっと誰もがファンになる、京都の老舗喫茶。さすがの貫禄!ゴゴ【出町柳】

きっと誰もがファンになる、京都の老舗喫茶。さすがの貫禄!ゴゴ【出町柳】

出町柳にて常連客のみならず若者のこここをキャッチして離さないない自家焙煎珈琲店。左京区カルチェラタンの象徴的名喫茶店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな