2017年12月8日 更新

【京都穴場カフェ】ありそうでなかった日本酒カフェ!おひとり様女子でも和み空間☆「おさけカフェプチプチ」

寺町商店街、六角通りから一筋西、御幸町通り沿い。私の呑兵衛師匠から面白いお店がある!それもまだあまり知られない穴場!!とお誘いあり。ありそうでなかった女子でも気兼ねなく一人呑みできそうな日本酒カフェ。行ってきました。

今年1月にオープンした新感覚の日本酒カフェ

 (107363)

寺町商店街、六角通りから西へ。さらに御幸町下がったあたり。
呑兵衛の師匠から、ちょっと穴場の日本酒カフェがあるとお誘いあって。この奥。
 (107364)

ありそうでなかった日本酒カフェ。なんか、「バー」とか「酒場」と銘打つと途端女子は気分的にひるんだりするんですが(笑)それを「カフェ」と言われると、まったく気おくれ感なくなるというか。
 (107365)

ビルの1階一番奥にあります。
 (107366)

店内は逆L字カウンター7席ほどでしたか。わりとシンプル。すごくゴージャスに内装にお金かけました!みたいな感じでもなく(笑)まあ、その方が気張らずに過ごせるというか。

こちらは女性店主さんのお店。男性の方でももちろん楽しめると思いますが、女性ひとりでも気軽にハードル高くなく日本酒を楽しめる!がコンセプト。
 (107367)

居酒屋的雰囲気に圧倒されることもなく、バーみたいに緊張強いられることもなく。ひとりでもひとり時間を、大切な人となら素敵な時間を、と。

日本酒カフェにふさわしく、いろいろなラベルが壁に。
 (107370)

滋賀のお酒いろいろ。滋賀酒好きとしてはうれしい。
 (107372)

とてもレアな通好きするやつも。
 (107373)

もちろん京都も。伏見だけじゃなく。京丹後とか。
 (107374)

それ以外の地域のも。
 (107375)

フードも日本酒好きするやつ。
 (107376)

 (107377)

寒い時期うれしい、具が大き目のこんなスープメニューも。
 (107378)

〆メニュー、他にも麺類もあり。
 (107379)

 (107380)

こういうところ、カフェらしい。
コーヒーチケットならぬ、日本酒チケットが壁に。つい、常連になってしまいそうな(笑)
 (107369)

こういうの女子大好きな仕掛け。定番イベントとして、お酒と占いがセットになった月イチイベント。今度はこの時に来たい!
 (107382)

そうこうしてる間に、師匠チョイス。滋賀のお酒。飲み比べセットではないけど、一年前の新酒と今年の新酒を飲み比べ、その違いに唸る師匠。さすが(笑)

そして、日本酒豆知識。最初にしぼられた新酒をひしゃくですくって瓶詰されたレアな「一番ひしゃく」と言われるもの。
 (107381)

いろんなシーンに合わせた飲み比べセット。こういうプロデュース、他ではないですよね。女性店主ならではな面白い発想。
 (107384)

で、最近ぱっとしない日々を過ごす私自身に発破をかけようと開運セット1000円をチョイス。いかにも縁起物な銘柄ぞろい。
 (107385)

アテもついてます。ドライトマト、もろみ味噌には柚子が効いててグッド。お酒もフルーティーなものから三年熟成酒と、その味わいの違いに驚き。意外と熟成酒のまろやかさにハマりそう。
 (107386)

こちらキクイモの醤油漬け。店主さんご自身が農園で栽培されたものを漬けられた、自家製中の自家製アテ。イモで生食できるって、ちょっと目からウロコ。コリコリとした食感がいい。
 (107387)

師匠チョイス。
滋賀、中澤酒造の「一博(かずひろ)」。杜氏中澤一洋さんが同じ東近江市にある畑酒造(大治郎)に蔵人として入り、修行のかたわら畑酒造のタンクを借りて、仕込み始めたお酒が「一博」なんですが、このお酒は完全に自分の蔵で造られたもの。それまでは「博」にチョボ点がなかったという。

さすが。勉強になるわ~
 (107388)

大人になると、どうしてセロリがこんなに美味しいと思えるようになるんでしょう。で、セロリ漬け。
 (107389)

こんなのも。佐賀の人気のお酒らしいです。珍しいリンゴ酵母由来。日本酒界では最近の試みとしていろんな酵母を使ったもの登場。
 (107391)

肉だんごと春雨スープ。春雨がスープの旨味吸っててアテにいい。
 (107392)

師匠チョイス。
滋賀の人気銘柄、萩の露「雨垂れ石を穿つ 」。初めて出会います。こんなネーミングあるんですね。なんともロマンティック。ラベルもセンスよくて。

小さな努力でも根気よく続けてやれば、最後には成功する、ということわざ。
 (107394)

燗酒コンテストってあるんですね。そこで最高金賞受賞。これからの季節にピッタリですね。
 (107393)

少し味見させてもらいましたが、これも美味しかったです。
 (107395)

で、さらに甘辛いとりそぼろ乗った鶏そぼろをアテに。
 (107396)

それに合わせて京都・伏見が誇る英勲。英勲でこんな版画調のラベル初めて見ました。こちらは燗酒で。日本酒って、いいですね。温度帯によって、さらに無限の広がりがあるし、これからの季節にはピッタリだし。

日本酒それほど詳しくない私でも、ソフトにいろいろ指南してくれる女性店主さん。誠実で、なんというか接客ずれしていないところに安心感もあるというか。お人柄でしょうね。とくに女子にオススメです!

ヨ~イヤサ~♪

おさけカフェプチプチ  への口コミ

詳細情報

住所:京都府京都市中京区伊勢屋町354-1 伽羅ビル 1F
電話番号:050-5593-6412
営業時間:18:00~23:30(23:00 L.O)
定休日:日・祝
関連サイト:https://twitter.com/osakecafe

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都女子呑み】裏寺エリアの隠れ家的カフェ!夜は日本酒とアテも楽しめる☆「つなぐ食堂」【四条河原町】

【京都女子呑み】裏寺エリアの隠れ家的カフェ!夜は日本酒とアテも楽しめる☆「つなぐ食堂」【四条河原町】

四条河原町の北西界隈の裏寺エリア。夜はディープなお店も立ち並ぶ界隈。人気洋食サラダの店・サンチョの2階にあるちょっと隠れ家的女性店主さんの営むカフェ。夜はお酒中心にアテを楽しめる。
【京都酒場めぐり】京都市役所北の隠れ家日本酒バー!美人女将のくつろぎ空間☆「和酒美ずき」

【京都酒場めぐり】京都市役所北の隠れ家日本酒バー!美人女将のくつろぎ空間☆「和酒美ずき」

京都市役所北にあるビル奥にある隠れ家的日本酒バー。外観とは裏腹に坪庭を望む落ち着いた空間。ステキな有名美人女将がくつろいだ雰囲気を演出。
京都名店コロナの玉子サンド必食!夜はステキなアングラカフェバー「喫茶ガボール」【三条木屋町】

京都名店コロナの玉子サンド必食!夜はステキなアングラカフェバー「喫茶ガボール」【三条木屋町】

おおきに~豆はなどす☆三条木屋町にある、京都洋食の名店コロナの玉子サンドを受け継いだ地下階の隠れ家的カフェバー。はしご酒の〆にコロナの玉子サンドが食べたくなって行ってきました。
全国区で大評判!美味しいアテとカジュアルに飲み比べできる日本酒専門店「益や酒店」【四条寺町】

全国区で大評判!美味しいアテとカジュアルに飲み比べできる日本酒専門店「益や酒店」【四条寺町】

雑誌でもかなり取り上げられ、日本酒通からも注目を集めるお店。カジュアルに飲み比べが楽しめる日本酒専門バーでフードも充実で満足度高し。
【京都カフェめぐり】松盆栽を眺めながら夏仕様なかき氷!フードやお酒も充実☆「丁の字カフェ」【二条木屋町】

【京都カフェめぐり】松盆栽を眺めながら夏仕様なかき氷!フードやお酒も充実☆「丁の字カフェ」【二条木屋町】

二条木屋町、ザ・リッツ・カールトン京都にほど近い場所にあるカフェ。炎天下、氷を求めてたまたま通りかかり、かつてから気になっていた盆栽のあるカフェはここか!と発見して入店。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな