2019年5月29日 更新

【京都ランチめぐり】オフィス街にあるレモン料理専門店!暑い季節にこそさっぱり☆「カプリ食堂」

おおきに~豆はなどす☆今回は五条烏丸、オフィス街にあるレモン料理専門店のランチ。国産レモンを使用し、店内もレモン色で明るい雰囲気。暑い季節にこそ食べたいランチ。

オフィス街にあるレモン料理専門店

 (154128)

烏丸五条を上がる。前々から気になっていて、暑い時期になったら来ようと思っていたレモン料理専門店。一つの食材で料理バリエーション展開するお店、いろいろありますが、レモンっておそらくここだけじゃないですかね。
 (154129)

夜もお酒とレモン料理を楽しめますが、お手軽に食べられるランチが人気と聞いてやってきました。
好きなメイン料理にスープ、サラダ、前菜2品がついて1000円前後。

チキン南蛮、キーマカレー、から揚げ、カキフライ、ピッツァやラーメンもありますが、どれもレモンが味の決め手になっている様子。
 (154130)

国産レモンの名産地である広島県尾道の瀬戸田で採れたレモン使用。

ランチ以外にもドリンク類、デザートも。
 (154131)

お手軽ではなく、さらにガッツリレモン尽くしなランチを食べたい人にはこんなのも。レモン好きにはたまりません。
 (154132)

開店時間を待って一番乗りで入店。店内はレモンの黄色と白を基調とした明るい雰囲気。
 (154133)

椅子のクッションも輪切りレモン(笑)
 (154134)

カウンター席もあり、レモンの飾り物がぶら下がっています。
 (154135)

ランプシェードにもレモンが。さらに、なぜか苔玉(笑)

今回はレモンクリームチーズパスタのランチセット1000円を注文。
 (154136)

まずはスープ。コンソメ系のかき玉汁タイプのさっぱりスープ。スプーンやフォーク、さらにお箸もテーブルにあります。
 (154137)

サラダと前菜2品は一緒に盛り付け。
グリーンサラダにツナ味のフリッジ、キャロットラぺ。どれもさわやかなレモンの酸味が効いています。さっぱり。
 (154138)

さらに、こちらのお冷がまたレモン果汁たっぷり入っていて、ビタミンC補給にも最適。風味だけじゃなく、しっかりとレモンが入っていることがわかるほど効いてます。
 (154139)

レモンクリームチーズパスタ。1.5mmサイズですかね。
 (154140)

レモンの輪切りが天盛になっていて、ブラックペッパー、パルメザンチーズがかかっています。
 (154141)

まずは一口。さっぱりとしたレモンの酸味の中にクリームチーズの旨みとコク。レモンってクリームやチーズの味を引き立てますね。なんだかこれ食べたら、今度からカルボナーラやらクリーム系食べる時に一律レモン入れたくなるような(笑)
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都四条烏丸】名物黒胡椒カルボナーラは必食!さらに替え玉も絶対食べるべき!!予約必須の人気店「スケッチ」

【京都四条烏丸】名物黒胡椒カルボナーラは必食!さらに替え玉も絶対食べるべき!!予約必須の人気店「スケッチ」

オフィス街・四条烏丸エリアにある人気のイタリアン。客のほぼ全員が注文するこちらのスペシャリテでもある黒胡椒たっぷりのカルボナーラはもちろん必食だが、さらに替え玉も絶対食べるべき!行ってきました。
【保存版】京都オススメのレモンメニューまとめ!夏本番にさっぱりと暑さ乗り切る☆【厳選5店】

【保存版】京都オススメのレモンメニューまとめ!夏本番にさっぱりと暑さ乗り切る☆【厳選5店】

おおきに~豆はなどす☆今回は暑い夏こそ食べたいレモンメニューが評判のお店を集めました。レモン料理専門店からレモンてんこもりドリンクまで☆
【京都ランチめぐり】3月オープン!京都経済センター内のカジュアルイタリアン☆「魚とお野菜のイタリアンアルバータ」

【京都ランチめぐり】3月オープン!京都経済センター内のカジュアルイタリアン☆「魚とお野菜のイタリアンアルバータ」

おおきに~豆はなどす☆今回は今年3月オープンの京都経済センター地下1階レストラン街のイタリアン。開放的でカジュアルなランチが人気。オフィス街立地ということでサクッとランチできるのが魅力。
京都に注目のスリランカカレー専門店「スパイスアップ」【開店】

京都に注目のスリランカカレー専門店「スパイスアップ」【開店】

七条と五条の間、西洞院旧花屋町にスリランカカレーの専門店「スパイスアップ」。スパイスカレー好きにもぜひともオススメしたいお店なり。
京都駅近く|丁寧で美味しいイタリア料理「ジェルモーリオ」

京都駅近く|丁寧で美味しいイタリア料理「ジェルモーリオ」

京都駅から徒歩10分、七条通り沿いにイタリアンのニューカマー「ジェルモーリオ」なり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな