2016年1月13日 更新

伏見 人工芝でサッカーするなら「下鳥羽公園球技場」【公園】

下鳥羽団地の裏手、国道一号線と新堀川通りの間に「下鳥羽公園球技場」はあります。

地元では「下鳥羽グランド」と呼ばれていていましたが、2006年に人工芝化、スタンドも整備されたの機に名称が変更しました。京都府サッカー協会の公式戦も行われている球技場になり、小学生から社会人まで多くの方がここでサッカーを楽しんでいます。天然芝は非常にデリケートなため制限が多いのですが、人工芝は丈夫でメンテナンスも容易なためガシガシ使っても問題ありません。府内に人工芝が整備されている球技場は「下鳥羽公園球技場」以外に「宝ヶ池公園運動施設球技場」の2カ所しかないため重宝されています。公園も駐車場もあり活気のある公園です。
最寄り駅の丹波橋、竹田までは約2キロあるのでバスまたはタクシーを使った方がいいと思います。また付近の道路は交通量が多いので気をつけてください。

府内有数のサッカー場

 (1840)

センターライン付近からです。この日も試合が行われていました。私が小中学生の頃は土のグランドだったのでうらやましいです。
 (1842)

コーナーからです。コーナーキック蹴りたいです(笑) 2回ほどここでサッカーしましたが、やっぱり土と違って人工でも芝でのサッカーはいいです!
 (1844)

メインスタンドもできました。少々の雨ならこちらで濡れずに観戦できます。また施設にはトイレやロッカールームも用意されていますよ。

公園や駐車場も便利!

 (1847)

子供たちも遊べる遊具や広場もあります。ご家族でサッカー観戦もできますね。
 (1849)

屋根付きのベンチもあります。徒歩圏内にレマンの工場直売もあるので、アイスを食べながら休憩っていうのもありですね。
 (1851)

駅には近くない分、しっかりと駐車場は完備されていますが、公園利用割引みたいなものは残念ながらありません。
公園やグランドの芝生化が進んでいますが、やっぱり土のグランドはケガをしやすいので、どんどん芝生化が進んでいき、子供たちには思いっきりスポーツを楽しんでほしいと思います。小学生から社会人まで多くの試合が「下鳥羽公園球技場」で行われているのでフラっとサッカー観戦するのもオススメです。サッカーをする場合は、もちろん予約が必要なので施設にご連絡ください。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地域スポーツのメッカ!子供から大人まで楽しめる地元民の”憩いの場”「横大路運動公園」

地域スポーツのメッカ!子供から大人まで楽しめる地元民の”憩いの場”「横大路運動公園」

伏見区横大路にある横大路運動公園のご紹介です。様々なスポーツが楽しめる、地元の憩いの場として親しまれている運動公園です。
ミニリュウやゼニガメも出現!新撰組ゆかりの地は穴場ポケモンスポット!「鳥羽離宮跡公園」

ミニリュウやゼニガメも出現!新撰組ゆかりの地は穴場ポケモンスポット!「鳥羽離宮跡公園」

伏見区と南区の境、城南宮からスグ近く、歴史のある公園「鳥羽離宮跡公園」です。新撰組ゆかりの地とも知られています。
【まとめ】 こどもたちがワクワクする京都の「お財布に優しい公園・施設」

【まとめ】 こどもたちがワクワクする京都の「お財布に優しい公園・施設」

10歳くらいまでの子供たちがいっぱい楽しめて、さらに利用料は無料の公園や施設をまとめました。
桃山 大きなすべり台のある桃山城裏の「北堀公園」で体を動かそう♪【まち】

桃山 大きなすべり台のある桃山城裏の「北堀公園」で体を動かそう♪【まち】

桃山城のちょうど裏側に「北堀公園」があるのをご存知ですか?実は中で繋がっていて、行き来することができます。
伏見桃山 サッカーや野球ができる「伏見桃山城運動公園」【スポーツの秋】

伏見桃山 サッカーや野球ができる「伏見桃山城運動公園」【スポーツの秋】

2003年に伏見桃山城キャッスルランドが閉園となり、跡地は運動公園になりました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン