2016年4月29日 更新

【京都大徳寺】新緑スポットなら絶対ココは押さえるべき!緑と一体になれる異次元空間「高桐院」【観光】

新緑といえば、ここです。私も毎年ここだけは必ず足を運んで新緑チェックをします。ミドリスキーには必須スポット。

大本山大徳寺の塔頭のひとつ「高桐院」

 (31051)

大徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山で、京都の五山の一つ。その中の塔頭のひとつ「高桐院」。
 (31052)

高桐院は戦国大名で有名な細川忠興(三斎)が、父や弟を開祖として建立した寺院。細川氏の菩提寺でもあります。
忠興は茶人としても有名で、千利休の七哲の一人とされ、高桐院には千利休ゆかりの品も多くあります。書院は利休の邸宅を移築したもので、書院に続く茶室「松向軒」は秀吉(1587年)北野神社で開いた大茶会で使われた茶室と伝えられます。
境内には細川忠興や夫人の細川ガラシャの墓もあり、書院の庭は楓をうまく配し、紅葉スポットとしても有名。

中に入ると、目にもやさしいグリーンベルベット

 (31054)

中に入ってみます。
 (31055)

いいですね~苔のベルベット感が。ちょうど木陰の部分は濃いグリーン。いろんなバリエーションのグリーンが心地よい。

これを見に来たんです!緑の宇宙

 (31053)

紅葉シーズン、あまりにも有名でこの参道も行列だったりするんですが。
意外と新緑は狙い目。まったくの一人じめ空間。どっぷりと緑の宇宙に浸れます。居ながらにして、瞑想できそうな。
 (31056)

中を改修工事してる様子。
 (31057)

そして、さらに参道を奥へ。
 (31059)

ここからは有料。絹本墨画山水図(国宝)や 絹本著色稲葉良籌像・絹本著色牡丹図(国・重要文化財)もあり、有名すぎる楓の庭園もあり。今回は中には入りませんでしたが、ここからでも、建物の額縁に収まった緑を鑑賞できます(笑)
 (31058)

ちょっとピンボケですが、参道の苔にきのこが。心地よい潤いも感じる空間。
市内でありながら、わりと小さい敷地でここまで緑一色を味わえる空間も珍しいかも。正直、あまり教えたくないスポットではありますが、ミドリスキーの方には必ず行ってもらいたい場所です。

ヨ~イヤサ~♪

高桐院 への口コミ

高桐院 基本情報

名称
高桐院
住所京都府京都市北区紫野大徳寺町73
電話番号
075-492-0068
関連URL
kanko.city.kyoto.lg.jp
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事