2016年2月1日 更新

祇園祭り限定の“しみだれ豚饅”で有名な「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」の北京料理はやっぱりすごかった!【中華料理】

毎年祇園祭の時期だけ販売される“しみだれ豚饅”はご存知ですよね?期間限定とあってものすごい行列ができるこの「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」。今回、友人の結婚パーティーに招待されたので、念願の初潜入を果たしてきました(*´▽`*)

レトロな建物は抜群の存在感

 (6092)

地下鉄四条駅から徒歩10分。室町通から錦小路を西に入ってしばらく歩くと、ひときわ目立つこの建物、建てられたのは昭和初期で、昔は呉服屋兼住居だったそうです。雰囲気を壊さず見事にリノベーションされています(*’ω’*)「ぜぜ」は宮廷の厨房を意味する言葉だそうですよ♪
 (6093)

 (6094)

 (6095)

 (6096)

モダンな洋風の店舗の中は木造で、まるで大正時代にタイムスリップしたかのような錯覚がします(笑)薄暗い店内にはいたるところに中国の調度品が飾られています♪
 (6098)

 (6099)

こちらのお店、「膳處漢(ぜぜかん)」では本格的な北京料理を、「ぽっちり」は蔵バーでお酒を楽しめるようになっているそうで、平日でも結構なお客さんがいるそうです。趣のある佇まいなので、接待やデートにもいい感じです♪「ぽっちり」は舞妓さんの帯留めのことです♪可愛いひびきですよね(^^♪

料理にも期待が高まりますよね( *´艸`)

今回は会費制のパーティーだったので、おそらく元からあるコースではなく、新郎新婦がセレクトしたお料理でコースを組み立てたのだろうと思いますが、すべてにおいてため息が出るほどのクオリティだったので思い出しよだれを抑えながらご紹介します♪
 (6103)

まずは前菜の盛り合わせ。蓮芋の炒め物、豆苗と氷豆腐の和え物、有頭海老など、色とりどりでそれぞれ味が違うので楽しめました(*^^*)お肉と無花果を一緒に食べたのは初めてだったのですが、なんとまあ合うんですよこれが!生ハムメロン的な感じでしょうか☆
 (6104)

続きまして、大きな海老ニラ饅頭です。海老がプリップリで、ニラもふんだんに入っており、熱々でジューシーでした!あと6つはいけましたね(笑)
 (6105)

 (6106)

 (6107)

そして、でました北京ダック!!!(笑)友人たちとワーキャー言いながら包みます。争いが起こらないよう均等に具を分配し、心を込めて包むのです(*´▽`*)そしてすかさずペロリですよ!皮だけ食べる贅沢なお料理(^^♪なんなら身の方もいただきたいところです。(笑)
 (6109)

鶏とお野菜の炒め物に関していえば、美味しすぎてこれだけでご飯2杯はいけそうな勢いでした。
 (6110)

スズキの煮付けなんて、豆腐の上に乗ってるんですよ?魚が!!!豆腐に!!!辛すぎず甘すぎずのお味で、魚のうまみと豆腐の甘みもしっかり味わうことができました(*´Д`)これも、ご飯が進みそうな一品☆

本日の主役、堂々登場!!

 (6112)

ふかひれあんかけご飯のおでましでございます!!ほんとにね、生きててよかったと思いました( ;∀;)
さっきまでの数々の料理にライスを注文しなくてよかったです(笑)これでもかとふんだんに盛られたふかひれに、ふかひれのだしと旨みが凝縮されたあんが惜しげもなくかけられています(*´ω`)少し硬めに炊かれたご飯があんとからみ、お米とふかひれの食感を最後まで楽しめる逸品。これは人生で一番おいしいご飯でした(*´з`)これもけんかにならないように寸分の狂いもなく3人で分けたのですが、美味しすぎてテーブルは会話が止まるという不思議な空気に。(笑)最後の一口なんてちょっと涙目でした(._.)これは、またぜひ食べたい忘れられない味ですね~♪
 (6114)

デザートは杏仁豆腐です☆とっても濃厚で口に入れた瞬間ふわっと溶けていきました(*^^*)上品な甘さで少しお酒の風味がしました♪♪
雰囲気もさることながら、スタッフさんのサービスも気配りを感じ、気持ちよく過ごすことが出来ました(^^♪
わたしは4か月の子供連れでの来店でしたが、段差が多い建物だったので、移動の際は常に一人スタッフさんがついてきてくださり、足元を注意しながら案内してくれました。

「絶対にまた来たい!!!」
そう思えるお店です♪

店舗情報

名称
膳處漢ぽっちり
住所
〒604-8221京都市中央区天神山町283-2
電話番号
075-257-5766
営業時間
11:00~17:30 / 18:00~23:00※バー17:00~3:00
定休日
無休
関連URL
http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/130/
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

きなこ きなこ

オススメの記事