2016年4月11日 更新

【アート展覧会】今年の京都全力推しは「禅」!「禅 心をかたちに」展覧会始まる!!【京都国立博物館】

昨年の京都全力推しテーマが「琳派」だとしたら、今年は「禅」。そして、いろんなイベントが予定されています。そんな中、禅をアート的観点から紐解こうとする展覧会が開催!

京都と東京の2会場限定開催の展覧会!

 (28073)

会期:2016年4月12日(火)– 5月22日(日) 
   *会期中展示替えあり
   主な展示替え: 前期展示=4月12日(火)-5月1日(日)
          後期展示=5月3日(火・祝)-5月22日(日)
休館日:月曜日
開館時間:午前9時30分〜午後6時 金曜日は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
会場:京都国立博物館 平成知新館
    〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
     TEL:075-525-2473(テレフォンサービス)
   http://www.kyohaku.go.jp/
主催:京都国立博物館、臨済宗黄檗宗連合各派合議所、日本経済新聞社、テレビ大阪、京都新   聞
協賛:損保ジャパン日本興亜、東レ、トヨタ自動車、日本写真印刷、みずほ銀行
協力:岩谷産業、松栄堂

アクセス
JRをご利用の場合
●JR京都駅下車、市バス京都駅前D1のりばから100号、D2のりばから206・208号系統にて博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ
●JR京都駅下車、JR奈良線にて東福寺駅下車、京阪電車にて七条駅下車、徒歩7分

近鉄をご利用の場合
●丹波橋駅下車、京阪電車丹波橋駅から出町柳方面行にて七条駅下車、徒歩7分

京阪電車をご利用の場合
●七条駅下車、東へ徒歩7分

阪急電車をご利用の場合
●河原町駅下車、京阪電車祇園四条駅から大阪方面行きにて七条駅下車、東へ徒歩7分
●河原町駅下車、四条河原町から市バス207号系統にて東山七条下車、徒歩3分

市バスをご利用の場合
●京都駅前市バスD1のりばから100号、D2のりばから206・208号系統にて博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ

プリンセスラインバスをご利用の場合
●京都駅八条口のりばから11・12号系統にて東山七条下車、徒歩1分
●四条河原町から16・18号系統にて国立博物館前下車、徒歩1分

詳細ページ
http://zen.exhn.jp/

過去最大規模の禅宗美術展覧会!

 (28106)

イメージ画像
臨済宗(りんざいしゅう)・黄檗宗(おうばくしゅう)の源流に位置する高僧、臨済義玄(りんざいぎげん)禅師の1150年遠諱と、日本臨済宗中興の祖、白隠慧鶴(はくいんえかく)禅師の250年遠諱を記念する展覧会。

禅宗美術に関する展覧会としては過去最大規模。臨済宗・黄檗宗15派本山をはじめ、末寺・塔頭(たっちゅう)などから、国宝24件、重要文化財134件を含む、約300件の名品が一堂に集められる貴重な展覧会。

さらに禅を身近に感じるイベントも目白押し!

 (28105)

イメージ画像
会期中は、禅のエキスパートや現職僧侶による講習会や座禅会、茶会や狂言などのイベントも予定され、禅を体感するきっかけになりそう。

何よりも、禅宗大本山のお寺が数多くあるここ京都。展覧会だけにとどまらず、より禅に対する意識も深まる環境バッチリ。

「禅」というと、なにやら堅苦しいイメージもありますが、まずは体感してください。そんな趣向の展覧会のようです。ぜひ、この機会をお見逃しなく!!

ヨ~イヤサ~♪
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都国立近代美術館】美の巨匠ゴッホがいよいよ降臨!日本と縁深いゴッホワールド開幕☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

【京都国立近代美術館】美の巨匠ゴッホがいよいよ降臨!日本と縁深いゴッホワールド開幕☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

1月20日から京都国立近代美術館で始まるゴッホ展。すでに北海道、東京を巡回し、人気を博した展覧会。日本を愛し、日本に愛されたゴッホを探る展覧会がいよいよ開幕。
【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

すでに絶賛開催中の京都国立近代美術館「横山大観」展。平日でもかなりの混雑で、その注目度、人気度の高さがうかがえる展覧会。前後期と展示内容も変わる中、前期に行ってきました。
【博物館めぐり】京都を支える教育の歴史がここに!昭和懐かしのジオラマ展も☆「京都市学校歴史博物館」

【博物館めぐり】京都を支える教育の歴史がここに!昭和懐かしのジオラマ展も☆「京都市学校歴史博物館」

御幸町仏光寺にある京都独自の教育の歴史がわかる博物館。幕末から今日まで、時代とともに移り変わる学校の様子が垣間見れるスポット。昭和懐かしい風景を再現したジオラマ展も同時開催。
【京都春イベント】水玉カボチャ再び!京料理の特製弁当や芸舞妓の舞も!都をどり特別展☆「祇園花の宴」「草間彌生花の間展」

【京都春イベント】水玉カボチャ再び!京料理の特製弁当や芸舞妓の舞も!都をどり特別展☆「祇園花の宴」「草間彌生花の間展」

春を彩る祇園の風物詩『都をどり』と同時開催として、祇園甲部歌舞練会では、祇園甲部の京舞、都をどりと祇園町の歴史写真展、庭園を眺めながらの食事が楽しめる「祇園・花の宴」と花をモチーフにした作品展「草間彌生・花の間展」を実施。内覧会に行ってきました。
開館20周年記念展!京都が生んだ天才画家☆「はじまりは、伊藤若冲」展【細見美術館】

開館20周年記念展!京都が生んだ天才画家☆「はじまりは、伊藤若冲」展【細見美術館】

会期終了間近。岡崎にある開館20周年を迎える細見美術館へ。江戸時代中期、京都が生んだ天才画家・伊藤若冲の作品を中心に、館蔵の江戸絵画もずらり。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな