2017年10月1日 更新

毎月1日は自慢の釜揚げうどんが半額!職人の手打ちうどんが美味い「丸亀製麺 」

国内約900店舗を展開する国内最大のうどんチェーン店「丸亀製麺」。各店舗で職人さんがうつうどんが美味しく、揚げたての天ぷらとの相性もバツグンです。毎月1日は釜揚げうどんが半額になるので、今回は「丸亀製麺吉祥院店」に行ってきました。

国内外で1000店舗を超える丸亀製麺

 (96784)

すっかり人気も定着したさぬきうどん、京都には美味しい個人店も多いんですが、席数も多くて営業時間も長く、駐車場もある使い勝手のいいチェーン店も便利ですよね。
今回は国内最大のさぬきうどんチェーンの丸亀製麺をご紹介します。運営はトリドール、国内には800店舗弱、海外には200店舗も展開しています。
最近では天ぷらまきのや、豚屋とん一などもバリエーションも増えています。

今回は171号線葛野大路通沿いにある「丸亀製麺吉祥院店」に行ってきました。
 (96789)

毎月1日は、釜揚げうどんの日と銘打ってあり、この日は丸亀製麺 自慢の釜揚げうどんが半額になるんです。釜から直接盛られる釜揚げうどんは、うどん本来の美味しさが楽しめるとあって、丸亀製麺の中で根強い人気メニューです。

・並 290円 → 140円
・大 390円 → 190円
・得 490円 → 240円

端数の5円もさらにお得になっています。
 (96785)

吉祥院店はロードサイド店ということもあり、駐車場は備、店内は広々、シートレイアウトも豊富で使いやすい店舗です。
お座敷席、テーブル席、カウンター席と、一人でもグループでもゆっくりと食事ができます。
 (96801)

丸亀製麺の最大の特徴と言えば、チェーン店にありがちなセントラルキッチン方式ではなく、各店舗ごとにうどんを手打ちして製麺しているところです。
国産小麦100%にこだわり、職人が毎日丁寧に製麺し提供してくれます。打ちたてのうどんは、小麦の風味が強くて食感もいいのが特徴です。

丸亀製麺では、最初にうどんをオーダーして天ぷらなど選び、おぼんにのせいくセルフ方式です。
 (96787)

目の前で揚げられる充実の天ぷらは、取らずにはいられません。
野菜、海老、いか、かしわ天などなど、どれも美味しそうでつい取り過ぎてしまいます。
価格帯は100~150円とお手軽な価格設定になっています。

おにぎりやいなり、白ご飯もあるので、お好みでどうぞ。
ご飯に上に天ぷらをのせて、オリジナル天丼もオススメです。(天丼のタレもあります)
 (96788)

おろししょうがや天かす、ねぎ、白ごまなど薬味は無料で取り放題!とくにねぎがうれしいですよね~。
お好みの量をとってください。

毎月1日は釜揚げうどんが半額!

 (96790)

もちろん1日なので、釜揚げうどん(並)を頼みました!
野菜かきあげ天ぷらと半熟玉子天ぷら、しめて390円とかなりお得です。
 (96797)

さきほどまで大きな釜で茹でられていたうどんは、ほのかに残る小麦の香りがたまりません!
湯気もあがってアツアツの釜揚げはうどんは、うどん本来を美味しさを味わると根強い人気メニューです。
冷水で締めたうどんとは、また違う美味しさです。
 (96792)

釜揚げうどん専用のダシにつけて、ツルツルと頂きます。
冷水で締めていないので、茹でたてのうどんはもちもちした食感です。
ますはうどんのみ、、つぎはタレを少しつけて、うどんそのものの味を楽しでください。
シンプルに美味しいうどんを堪能できます。
 (96793)

シンプルなうどんなので、ねぎやしょうがといった薬味をアクセントにたすと、また美味しく頂けます。
 (96794)

うどんの相棒とも言える天ぷらも目の前で揚げられていてアツアツ。
定番から少し変わったネタまで種類豊富ではありますが、人気の野菜かき揚げと半熟玉子天ぷらを。
 (96795)

野菜かき揚げはこのボリューム!高さ推定7センチ!
サクサクした衣、野菜の甘さが引き出されていて、うどんの相性もバツグンです。
 (96796)

本場讃岐では定番の半熟玉子天ぷら。箸をいれると黄身がくずれて溢れてきます。
これは絵面的にもたまりません!

ぶっかけうどんやかけうどん、トッピングや期間限定メニューも豊富でいつも結構迷ってしまうのですが、やっぱり1日は半額なので釜揚げうどんで決定です。
毎月1日はお近くの丸亀製麺まで足を運んでくださいね。

丸亀製麺 釜揚げうどんの日 クチコミ情報

丸亀製麺吉祥院店 店舗情報

店名:丸亀製麺吉祥院店
住所:京都市南区吉祥院池ノ内町24-1-3
電話番号:075-662-5713
営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
関連ページ: https://www.marugame-seimen.com

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン