2016年11月1日 更新

早めの紅葉見物!優美な三重塔が見物!無料で見学できる穴場の名所「金戒光明寺」と「真正極楽寺(真如堂)」

京阪神宮丸太町駅から徒歩20分、穴場の紅葉スポット「金戒光明寺」と「真正極楽寺(真如堂)」なり。

丸太町から徒歩20分の穴場

 (60834)

朝夕めっきり冷え込んで秋らしくなってきた京都。となると、紅葉が気になるわけで。
京都市民なら1つや2つは好きな紅葉スポットがあると思うのだが、我々が特にお気に入りなのが真如堂。
こういう京都の紅葉の名所の中で数少ない無料見学ができて、ちょっと市内でも公共交通機関では行きにくい場所にあるので午前中ならまず空いているのが好きな理由。

やってきました金戒光明寺。京阪丸太町駅から徒歩20分ほど掛かるので、ほとんど観光客がいない。
 (60835)

山門をくぐると、とても早くから色づくモミジの木が2本。あらかたまっかっかになる直前、という感じ。
 (60836)

本堂に向かう坂道にも色づくと非常にきれいなモミジの木があるので、どうかな~と見に来る。そろそろ紅葉が始まりますよ!的な色合い。真っ赤なときも綺麗ですが、だんだん色づくグラデーションが好きなのだ。
 (60837)

黒谷さんから北に向かうと真如堂。途中にある栄摂院も大きなモミジの木がある。見ごろの際は普段は入れないお庭に無料で入れていただける秘密スポット。

優美な三重塔がある真如堂

 (60839)

やってきました真如堂。10:30ごろで紅葉を見学する人、10名ほど。まだまだ盛りには早いですが、曇り空の中、しっとりと気分が落ち着くのだ。
 (60840)

山門からのいつもの定点観測写真を。早い木数本がすでに結構見ごろ。
 (60841)

駐車場横の木も色づきが早いですな。
 (60842)

境内のイロハモミジはまだまだこれから!というところ。今年も11月3週目ぐらいでしょうかね、綺麗な紅葉が楽しめるのは。
 (60843)

これも定点観測スポットで三重塔前の一番目立つモミジの木。すでに結構色づいております。が、あれだけ秋に雨が降ったのにちょっと例年よりコンディションはあまり良くないかも。
 (60844)

引き絵がこちら。忍び足でゆっくりやってくる秋、みたいな感じですな。
 (60845)

三重塔周辺のモミジアップ写真。単一種ではなくて、いろいろな種類のモミジが植えてあるので、長い期間楽しめるのがまた良い。
 (60846)

こういう葉のエッジから色が変わり始めている面白い種類のものもあります。
 (60847)

途中で、どういうわけだか私しか境内にいない状態になって、超!まったりできました。また2週間ほどで定点観測に来ます~。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

紅葉特集③ 観光客少なく狙い目!鹿ケ谷の浄土寺・真如堂 【穴場】

紅葉特集③ 観光客少なく狙い目!鹿ケ谷の浄土寺・真如堂 【穴場】

今回は前回ご紹介した南禅寺からも比較的近く、紅葉の名所としてもよく知られ、高い満足度も得られる真如堂を過去の画像とともにご紹介します。
【京都洋食めぐり】京都大学の登録有形文化財指定の大正レトロな洋館レストラン「近衛 Latin(ラタン)」

【京都洋食めぐり】京都大学の登録有形文化財指定の大正レトロな洋館レストラン「近衛 Latin(ラタン)」

京都大学・吉田キャンパスにある超穴場。国の登録有形文化財にも指定されている大正建築の洋館内にあるレストラン。この日は大文字山送り火前の夕食で利用し、レトロなメニューを堪能。
【2017京都紅葉最新】紅葉真っ盛り!JR東海『そうだ京都、行こう。』のポスターにもなった名所「真如堂」

【2017京都紅葉最新】紅葉真っ盛り!JR東海『そうだ京都、行こう。』のポスターにもなった名所「真如堂」

こちらは毎年早めです。標高105mの吉田山の南に位置する開放的な境内が魅力の紅葉スポット。11月15日時点の様子。この日はたまたま十夜結願法要と重なり、その様子もご紹介します。
【2017京都紅葉最新】静かに紅葉を愛でるならココ!谷崎潤一郎ゆかりのお寺☆「法然院」【鹿ケ谷】

【2017京都紅葉最新】静かに紅葉を愛でるならココ!谷崎潤一郎ゆかりのお寺☆「法然院」【鹿ケ谷】

東山連山の裾野にある、一際ひっそりとしたお寺。文豪・谷崎潤一郎のお墓があることでも有名。紅葉パトロールに行ってきました。11月12日時点の様子です。
【2017最新】リアルな京都直近紅葉情報!市内でも進行早めスポット☆「真如堂」

【2017最新】リアルな京都直近紅葉情報!市内でも進行早めスポット☆「真如堂」

こちらも京都紅葉名所として有名なお寺。もちろんJR東海「そうだ京都、行こう。」のポスターにもなった場所。10月11日時点の紅葉をパトロールしてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。