2016年2月11日 更新

岡崎 京都岡崎ハレ舞台に行ってみた!【イベント】

2015年9月19・20日に開催された、京都岡崎ハレ舞台へ行ってきました!

お天気にも恵まれ、最高のシルバウイークの始まりでしたね♪

京都・岡崎では、お昼から夜まで、グルメもアートも全部楽しめちゃうこのイベントが開催されていました。

毎年開催されますので、行けなかった!という方はぜひ来年覗いてみてください!

岡崎ハレ舞台は京都アートフェスティバル2015の一環で、平安神宮前とみやこメッセを中心に開催され、いくつかのイベントが同時開催されています。

【イベント1】京都岡崎レッドカーペット

 (10168)

平安神宮の鳥居から、神宮道を貫くレッドカーペットがひかれ

メインステージやカーペットに沿って、音楽やダンスのパフォーマンスが行われています。

私が伺った時は、ちょうど京都発ご当地アイドル、Purpureのステージ。

ファンだけでなく、歩く人が次々足を止めるパワフルなパフォーマンスを披露していました。
 (10170)

他にもパフォーマンスエリアでは大道芸など、子どもたちを釘付けにする様々なパフォーマンスが繰り出されています。

【イベント2】京都特B級ご当地グルメフェスティバル

レッドカーペット横の広場では、屋台が立ち並んでご当地グルメフェスティバルが開催!

富士宮焼きそばや広島焼など超有名どころからあんこかつなどチャレンジャーなものまでバラエティに富んだラインナップ。

ただ、フェス目当ての方から観光の方まで大勢いらっしゃるのでこのとおりの混雑です。。!笑
 (10174)

私は津山ホルモンうどんをいただきました。

脂がからんで美味しい♪
 (10176)

他、気になったのは鮎の塩焼き、2本600円。

炭火の焼きたてを販売されていたので、あれはおいしいに違いない。

お腹と相談して諦めましたが、来年参加される方はぜひ!!

【イベント3】京都マンガ・アニメフェスティバル

 (10179)

京まふのキャラクターにコスプレした方もいらっしゃいましたよ。

京まふは京都国際マンガミュージアムでも同時開催していて、こちらの特別展「琳派オマージュ展」は11月9日まで開催しています。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

2016年に京都で開催するや8万人もの観客を動員し、会場となった細見美術館の動員記録を塗り替えた春画展。その細見美術館での春画展が2018年に超パワーアップ! 春画と妖怪画という一見相反するテーマをタッグ展示することで、通常の美術展では見えてこない大衆文化のすみずみまで知ることができる展示となっています。 ※なお今展示では展示内容を考慮し、18歳未満の方は入館不可となっています。
今年も大興奮!新作情報目白押し!!京都国際マンガ・アニメフェア『京まふ2018』行ってきました☆

今年も大興奮!新作情報目白押し!!京都国際マンガ・アニメフェア『京まふ2018』行ってきました☆

今年は2日目に行ってきました!さすがフットワークが軽い地元サイト・キョウトピ!!(自画自賛笑)京都国際マンガ・アニメフェア『京まふ2018』、みやこめっせ会場の様子を早速ご紹介します。
【京都一大イベント】来る9月15日から開幕!京都国際マンガ・アニメフェア「京まふ2018」【みやこめっせ】

【京都一大イベント】来る9月15日から開幕!京都国際マンガ・アニメフェア「京まふ2018」【みやこめっせ】

毎年恒例の西日本最大級となるマンガ・アニメイベント。会場の岡崎界隈は大勢のマンガアニメファンで賑わう。そして、その開催日9月15日(土)、16日(日)が迫ってきました。過去の様子と共にご紹介します。
【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

すでに絶賛開催中の京都国立近代美術館「横山大観」展。平日でもかなりの混雑で、その注目度、人気度の高さがうかがえる展覧会。前後期と展示内容も変わる中、前期に行ってきました。
【京都春イベント】水玉カボチャ再び!京料理の特製弁当や芸舞妓の舞も!都をどり特別展☆「祇園花の宴」「草間彌生花の間展」

【京都春イベント】水玉カボチャ再び!京料理の特製弁当や芸舞妓の舞も!都をどり特別展☆「祇園花の宴」「草間彌生花の間展」

春を彩る祇園の風物詩『都をどり』と同時開催として、祇園甲部歌舞練会では、祇園甲部の京舞、都をどりと祇園町の歴史写真展、庭園を眺めながらの食事が楽しめる「祇園・花の宴」と花をモチーフにした作品展「草間彌生・花の間展」を実施。内覧会に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

little-maya little-maya