2018年3月11日 更新

【博物館めぐり】京都を支える教育の歴史がここに!昭和懐かしのジオラマ展も☆「京都市学校歴史博物館」

御幸町仏光寺にある京都独自の教育の歴史がわかる博物館。幕末から今日まで、時代とともに移り変わる学校の様子が垣間見れるスポット。昭和懐かしい風景を再現したジオラマ展も同時開催。

日本で最初の学区制「番組小学校」誕生がここ京都で

 (117850)

御幸町仏光寺下る。前々から来てみたかった京都市学校歴史博物館。
 (117851)

個人的な話ですが、うちの父の母校だった開智小学校が廃校になり、その校舎を利用して開館。幼稚園もつい最近まではあったんですね。129年の歴史って。
 (117852)

常設展はもとより、企画展もあり。 『近代日本の道徳教育』は4月15日(日)まで。『昭和の懐かしいジオラマと写真展』は3月16日 (金)まで。
 (117853)

現在残っている校舎は昭和11年以降の建物ですが、開智小学校自体は明治2年(1869年)創設。
 (117854)

ところどころ古い建造物がありますが。
 (117855)

明治8(1875)年に建設された京都市現存最古の学校建築物である、元成徳小学校の玄関車寄せ。平成19(2007)年に学校歴史博物館玄関への移築。
 (117856)

 (117857)

まあこちらは現物ではありませんが、かつて市内の主要な交通機関として活躍していた京都市電の木製レプリカ。子供なら乗車も可能。
 (117858)

で、中の常設展は撮影不可なんですが。

映像ホール,幕末の学校,小学校と市民の情熱,町組会所兼小学校,明治時代の教育,教科書の部屋,文明開化と学校教育,伝統産業と学校教育,幼稚園の魁,大正・昭和初期の教育,戦時中の教育,戦後の教育,学校給食のあゆみ,近代京都の木造校舎の15のコーナーがあり。

明治維新の東京遷都に伴い、京都の衰退の危機を打破、復興すべく力点を置いたのが『教育』。明治5(1872)年の学制公布に先立ち,明治2年に日本で最初の学区制小学校である64校もの「番組小学校」を開校。

印象に残った歴史として、日本で最初に理化学学校「京都舎密局」が創設。その理科教育の振興に現在の島津製作所の創始者が関わっていたり。

明治20年代には、図画の時間に日本画の指導に力を入れ、のちの西陣織や友禅染・清水焼など伝統工芸産業の担い手輩出につなげたり。

あと、学校給食では意外と昭和の頃の方が今よりカロリー高そうな給食だったり(笑)
 (117860)

そして、廊下に展示してあるジオラマ展。こちらは撮影可能。
 (117861)

昭和の京都らしい風景をジオラマで再現。
 (117862)

寄り気味で撮影すると、市電が走りホントに昭和にタイムスリップしたような(笑)

京都独特の教育や学校の歴史が詰まった博物館。自分の母校の成り立ちや歴史もここで発見できる面白い博物館。のぞいてみてはいかがですか?

京都市学校歴史博物館 へのツイート

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都国立博物館】京博初の刀剣特別展絶賛開催中!刀剣乱舞コラボ展で刀剣男士パネル大人気☆「京のかたな」

【京都国立博物館】京博初の刀剣特別展絶賛開催中!刀剣乱舞コラボ展で刀剣男士パネル大人気☆「京のかたな」

京都国立博物館で絶賛開催中の刀剣特別展。連日盛況で、とくに若い層に人気なのが特徴の展覧会。比較的空いている夕方を狙って行ってきました。
【京都国立博物館】長蛇の列は覚悟の上!超絶人気の「開館120週年記念特別展覧会 国宝展」行ってきました☆

【京都国立博物館】長蛇の列は覚悟の上!超絶人気の「開館120週年記念特別展覧会 国宝展」行ってきました☆

ここまで人気とは思いませんでした。テレビや雑誌でも盛んに取り上げられている、話題の国宝展。会場となる京都国立博物館へ行ってきました。
古都の歴史を埋蔵品から紐解く!見学無料の文化遺産の宝庫☆「京都市考古資料館」【西陣】

古都の歴史を埋蔵品から紐解く!見学無料の文化遺産の宝庫☆「京都市考古資料館」【西陣】

夏休みの自由研究に京都の歴史を埋蔵品からたどるというのはいかがですか?西陣にある無料で見学できる公共施設。考古資料専門の博物館。行ってきました。
【京都大学総合博物館】今注目の特別展!眠りについて考える「ねむり展 眠れるものの文化誌」に行ってきました!

【京都大学総合博物館】今注目の特別展!眠りについて考える「ねむり展 眠れるものの文化誌」に行ってきました!

こんなテーマの展示会、いまだかつてあったでしょうか?人間の三大欲のひとつ、睡眠についていろいろな角度からアプローチ。そんな展示会に行ってきました。
【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

河原町、万寿寺通を西へ。京町家リノベーションで12月13日オープンのお店。現在、プレオープン中。九州に根付く発酵、醸造食品を中心に、選りすぐりのローカルフードを販売。カフェスペースや外国人向け料理教室もあり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers