2021年3月20日 更新

【京都肉】創業50年の鶏肉卸☆2階ビアガーデンの地鶏BBQは穴場「鳥忠」

おおきに~豆はなどす☆今回は山科区川田にある老舗鶏肉卸。店内では地鶏、鶏肉の販売はもちろん、お惣菜や弁当も販売し、さらに店舗の2階ではBBQもできるビアガーデンも。

京都人は鶏肉好き!?京都老舗の鶏肉卸店

 (203275)

山科区川田。国道1号線、新幹線高架下スグの場所。知る人ぞ知る創業50年を誇る鶏肉卸の老舗。
 (203276)

京都人というと、最近では牛肉好きとして全国的にも知られつつありますが、実は鶏肉好きでもあります。

というのも1世帯当たりの鶏肉の消費支出額の都道府県の県庁所在都市によるランキング(2016~2020年)では、トップテン入りするほど。ちなみに関西では大津市がトップ。その次が京都市。

そう言われてみると、鶏肉を食べる機会多いと自覚。昔から牛肉店とは別に、かしわ屋さん(鶏肉店)が独立して数多く存在していました。最近ではスーパーマーケットが増え、かしわ屋さんも数少なくなりましたが。
 (203277)

そんな中、こちらでは京都の地鶏「京赤地鶏」を中心に、朝引きにて新鮮な鶏肉を販売。

考えてみると、鶏肉消費の多い大津市にも近い立地。そういったことも何か関係あるのかもしれません。
 (203286)

店内では朝引きの新鮮な国産鶏、若鳥、京赤地鶏などを量り売り対面販売。希少部位も各種あります。他鴨肉も。
 (203285)

加工品も。
 (203288)

お惣菜類がけっこう充実しています。
 (203284)

 (203279)

 (203281)

 (203282)

さらには唐揚げや焼鳥、鶏肉のハンバーグやおかずなど、全体的にスーパーより割安。若干鬼滅色強めで、お店の方も鬼滅の刃のイヤリングされてました(笑)
 (203278)

さらに、鶏料理がいろいろと盛り込まれたお弁当も。これも割安でした。
 (203336)

 (203289)

さらに、2階のベランダスペースを利用し、ビアガーデンも。メニューはもちろん鶏肉料理全般あり、お酒のすすみそうなものばかり。夏場には地鶏BBQもされていて、結構穴場。BBQって、牛肉ばかり考えがちですが、鶏肉のBBQもヘルシーでいいかもしれませんね。

何気に地鶏のすき焼きを提供するお店も京都には多め。そういえば、子供の頃松茸狩りのあとに食べるすき焼きは地鶏でした(笑)
 (203290)

で、今回はこんなお惣菜を購入。
松葉、鶏皮の唐揚げ、ずり皮塩焼き。けっこうたっぷり入ってトータル750円。安ッ!
 (203291)

すぐさま、ビールのアテに(笑)松葉は「胸骨」周辺から取れるお肉で、なかなかスーパーなどでお目にかかれない希少部位。骨まわりのお肉って美味しいですよね。味はシンプルでさっぱりめな唐揚げ。

それに対して鶏皮は少し甘めのタレに漬けてからカリッと揚げてあり、無限に食べたくなる美味しさ。

さらにずり皮は少しニンニクも入った塩だれベース。これもビールがすすみまくる美味しさ。
 (203292)

さらに、店頭には置いてなかったんですが、白肝を扱ってないかと尋ねると、この日はあるとか。日によってあったりなかったりの幻の品。じつは白肝が大好物で、以前今ほど白肝が珍重されてない頃、しょっちゅう生食し、夏場それが当たって翌日会社を休んだこともあるほど(笑)自分の中ではフォアグラ以上の美味しさだと思う品。100g240円の量り売り。
 (203293)

で、白肝は自宅BBQ感覚で焼鳥に。シンプルに焼くだけ。
 (203294)

鮮度いいので、あまり硬くならないくらいに焼いて。
 (203295)

ごま油&塩で。もうとろける美味しさ。白肝も最近では焼鳥店や専門店でしか食べられないようになりましたから、これはかなりうれしいです。

美味しい鶏肉がわりと割安で手に入り、しかもお惣菜も種類豊富。そして、ビアガーデンもあり。意外と知られていない穴場店。かしわ好きの人には超オススメです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:鳥忠
場所:京都市山科区川田前畑町1-5
電話:075-583-5556
営業時間:10:00~18:30
定休日:木曜日
公式サイト:https://www.torichu.kyoto/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事