2018年6月15日 更新

創作鉄板焼料理をアテにお酒を呑んでお好み焼きで〆!西院の「鉄板食堂 BARREL」

阪急西院駅から徒歩5分、「鉄板食堂 BARREL」なり。創作鉄板焼料理をアテにお酒を呑んで、お好み焼きや焼そばで〆!な、気軽且つちょこっとオシャレなお店なのだ。

西院で創作鉄板焼料理をアテにお酒を

 (126599)

お店の名前は鉄板食堂BARREL、創作鉄板焼料理をアテにお酒を呑んで、お好み焼きや焼そばで〆!な、気軽且つちょこっとオシャレなお店なのだ。
場所は阪急西院駅からなら徒歩5分以内、西大路四条交差点の北西方向、佐井東通を四条通から上がって100mちょい、という位置。久々の西院、ワクワクとお店前に。お好み焼き屋さんには見えないカフェ的というか、なかなか垢抜けた感じなのだ。お店前の看板に予約で満席だとの表示が。
 (126600)

店内に。鉄板完備!の如何にもな四人テーブルが2つ、オープンキッチンを囲むカウンター席が6人分というこじんまり物件。お若いご夫婦2人で回しておられるのだ。既にテーブル席は満席。予約をしたものですが、と声を掛けて、カウンター席に入れてもらう。
 (126601)

本日のメニュー。マスターは西院の人気お好み焼き店、カントリーブーのご出身らしく、このお店を出すためにイタリアン、フレンチでも修業されている。あまりお好み焼き屋さんでは見かけないようなものが並ぶのが楽しい。ま、お好み焼き屋さん価格帯ではありませんが、鉄板焼き屋とすると相当安価な部類。これ以外にもアテは豊富でざっと20種類近くありそうな感じで、当然、〆の焼きそばにお好み焼も完備!なのだ。
 (126602)

名前から予想できないメニューが並ぶので、ついつい長考モードに突入。先に泡グラス¥680でほっこりしつつ、メニューを選ぶのですが、あれもこれも食ってみたい!。
目の前の鉄板で、マスターの見事なコテさばきを見学しつつ呑めるのが楽しいお店ですな。
 (126603)

まずは軽いアテを2つ注文したら、茹でた大きなジャガイモを丸のまま鉄板に乗せるマスター。あれあれ?と思ったらコテで素早く押し切りながら潰していく。焼き上げたらカリカリベーコンと生クリーム、塩胡椒で味を整える(いや、モチョット何か入っているかも汗汗)
 (126604)

焼いたパイ生地に乗せて、仕上げに温玉、それにバルサミコソースと青海苔パッパで出来上がり、鉄板ポテサラは¥550なり。コレはいいですなあ~、鉄板焼き店でないと出せないメニューなのだ。 焼いたアツアツのジャガイモに冷たい生クリームと温玉を合わせるので、ちょっとぬるめなところと熱いところが混ざっているのも面白いですな。
 (126605)

更に捻り&芸有りなメニューが続く。ロメインレタスをダイナミックに縦1/4に切ったものを鉄板で火を入れ、焼いたものに卵黄で作ったオランデーズソースに卸したてパルメジャーノ、皿の横に添えてある黒っぽいソースは、茸の風味たっぷりなピュレソース!という、これまた過去食べたことが無いお味。ロメインレタスの焼きシーザーサラダは¥780なり。 焼き野菜でしっかり系のワインが飲めますな。旨いです!
 (126606)

で、日本酒は4種類スタンバイ。冷蔵庫を見ると浦霞の別誂大吟醸!が¥850/合だったので、ええ!と速攻で注文。多分お祝いのお酒かな?。取りあえず解る人は超お急ぎを!。 スッキリ旨口系で。
 (126607)

高知産金目鯛のローストは半身丸々で¥1500なり。確かにこれも鉄板焼きメニューなのだ。
トマトとケッパー、それにほぼバター!な香草ソース掛けという、お好み焼き屋さんで遭遇するとは思えないメニュー。ちゃんと美味しい~&パンが欲しくなる逸品。私の本日一がこちら
 (126608)

で、お肉も行っとこう!と、100gから注文可の京都産黒毛和牛のサーロインステーキは、200gで¥2900なり。おろしソース的なモノが掛かっているのですが、優しいお味ですな。サシが結構入っているので、ま、火入れはこんな感じかな。。
初めに注文したのがここまで。〆メニューも魅惑的なものか並ぶのですが、我々の注文したのはこれ。
 (126609)

こちらはその製作風景、現在進行中。眺めているだけで和めますな。
 (126610)

で、まずは週末及びランチ限定のハンバーグで¥1000なり。自家製のサラッとした、かなりビターな大人向けデミグラスソースが特徴。甘味極少なので、好みが分かれるかな。
 (126611)

割ってみましたの図。ふんわりソフト且つ肉肉しい!我々はツボにはまる感じ!しかし、これもパンが欲しくなりますなあ~。お勧めいたします。
 (126612)

で、〆はこちら。ノーマルに豚玉¥600に目玉トッピングで+¥100なり。焼き方が面白くて、先の写真のように成形する前に、柔らかめの生地を、鉄板上で大きなコテでリズミカルに混ぜながら焼いて、生地の水分をかなり飛ばした後に丸く成形するという、見たことが無い焼き方。
 (126613)

切った図。(切り方、ちょっと失敗汗汗汗)鉄板に当たっているところはパリッと、中はかなりソフト且つウエットな食感。コレは好みが有りそうですが、我々は好きな傾向ですな。美味しいです。

で、途中でお酒の写真を完全に忘れて(汗)、結局、泡グラス2、日本酒1合、白グラス2、赤グラス3とチャンポンまっしぐら!で呑んで、〆て¥13000ほど。 確かにお好み焼き屋価格帯ではありませんが、いやあ、このお料理の質でコレは使いやすいですな。非常にテンションの上がるお料理でした。
取りあえず、まだまだ挑戦してみたいメニューが多数ありましたので、予約して、ベストポジションの鉄板前カウンター席を目指してやってくる所存です! 

鉄板食堂 BARREL クチコミでの評判

鉄板食堂 BARREL 店舗情報

店名:鉄板食堂 BARREL
住所:京都市右京区西院西淳和院町10
営業時間:
[月~金]11:30~14:30(L.O 14:00)17:30~23:00(L.O 22:00) 
[土]17:30~23:00(L.O 22:00) 
定休日:日曜日・祝日
TEL:075-950-3021

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。